読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

大阪から青森まで、盗んだ自転車で900キロ

2016年12月中旬頃の出来事である

大阪府守口市内の飲食店駐輪場に駐輪してあった大阪市東淀川区の男子高校生所有のロードバイク(時価1万円相当)が盗まれた

盗んだのは2016年9月頃から家出中だった横浜市在住の無職の少年である

この無職の少年が大阪にてロードバイクを盗み青森までの900キロを走破した

しかし2月17日午後6時頃に青森県鶴田町の「道の駅つるた」の従業員から五所川原署に連絡があり、警察官が職務質問したところ無職の少年は容疑を認めて逮捕となった

盗んでから約2ヶ月の逃走劇

距離だけ考えればロードバイクでの900キロは大した距離では無い

ブルベなどと呼ばれる長距離レースをやってる連中なら2日〜3日もあれば走破出来るであろう

そしておっさんの俺でも腰痛などが出ない限りは10日もあれば余裕で走破出来る

しかし盗んだのが12月中旬

ここから何故北を目指した?

昔から犯罪者は北へ逃げるというが

冬場に北上は自殺行為である

積雪に路面凍結でまともに走れないことも多かっただろうに

おそらく太平洋側の海岸線を北上したんだと思うが

それでも寒いし風強いし腹減るし大変だったであろう

いったい何がそこまで彼を逃走に駆り立てたのか?その理由は本人にしか分からないのだろうが

ロードバイクの空気は抜けやすい

チェーンへの注油も必要だ

最近では道の駅などに空気入れは常備されてる所もあるとはいえ町の自転車屋などで空気入れながら逃走したんだろうな

2ヶ月かかってるから全く空気を入れないでの走破は無理だ

いったい所持金はいくらあったのか?

夜なんか室内じゃないと凍死する可能性もあるだろうし

どうやって寝泊まりしながら2ヶ月もかかって青森まで行ったのか?

18歳で身元不明ではバイトも出来ないだろうし

考えれば考えるほど凄いな

2ヶ月かかって900キロを移動したということが

15日ぐらいで走りきった方が楽だろうに

そしていったい彼はどこを目指していたのか?

北海道?ロシア?

そしてこの事件での問題点は他にもある

俺も高校生の時に1度だけママチャリの盗難にあった

歯医者での治療を終えて帰ろうとしたら「俺の愛車が無い!」となったのである

まだ携帯など無い時代である

しかし幸運にも俺が通っていた歯医者の隣は交番なのだ

交番のすぐ隣で自転車泥棒にあうという非常に貴重な経験をした俺は交番から電話して親に迎えに来てもらったのである

その数ヶ月後

盗難場所から車で45分ほど離れた場所で俺の自転車は発見された

ボロボロの無惨な姿で

しかし問題はここからである

俺は既に新しい自転車を親から買い与えられて既に新ママチャリにも名前が付けてある

「K.I.T.T.」(キット)と

これはアメリカの大人気TVドラマ「ナイトライダー」から拝借した名前である

キットは主役のデビット・ハッセルホフ演じるマイケルナイトと共に悪に立ち向かうトランザムに搭載されたコンピュータの名前である

このイカす車を乗りこなすマイケルナイトは常にモテモテである

しかも相手は美女ばかりである

俺はそんなマイケルナイトに憧れて自らの自転車に名前もつけて

日々自転車と会話しながら愛着を持って過ごしていたのに今更、元彼女を引き取りにこいと言われても・・・・困るのである

盗まれた自転車はいくら本人が「いらない」と言っても保管場所まで引き取りに行かなければならないのだ

俺の場合はまだ比較的近場だったからよかったものの

流石に大阪から青森は・・・・

交通費も結構かかるし車や電車だと日帰りでは厳しいだろうし

帰りもどうするんだ?

自転車を持ち帰るなら輪行袋も買わなくてはならないし

まぁたぶん現地で廃棄になるんだろうけど

ロードバイクの弁償代と現地まで行く経費を犯人の親に出してもらわないと納得できないだろうな

まぁどうせ青森まで行くなら温泉にでも浸かって太宰治の生家でも見て来た方が良いと思うな

 

俺も一生に一度は夏に太宰治の「津軽」巡りを自転車でしたいもんである

 

津軽 (新潮文庫)

津軽 (新潮文庫)

 

 

ナイトライダー シーズン 1 バリューパック [DVD]

ナイトライダー シーズン 1 バリューパック [DVD]

 

 

 

 

 


「ナイトライダー コンプリート ブルーレイBOX」プロモーショントレーラー