読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

突然壊れる自爆自転車

走行中の自転車が突然壊れる

そんな事故が続発しているという

主な原因は粗悪な輸入自転車が増えたこと

輸入自転車の9割は中国製

今の時代高級ロードバイクでさえほとんどが台湾か中国製の時代

安い自転車の9割が中国製なのは当然のことだろう

しかし走行中の自爆事故は日本のメーカーの自転車でも起きているそうだ

ニュースの記事では国産製品と表記されてるがパーツ単位でみれば国産はほぼ皆無であろう

国内メーカー製の自転車とはいえ使用されているパーツは

国内メーカーが海外生産しているものや見えない部分なんかは台湾、中国メーカーのパーツを使っていたりする

ただ国内メーカーの自転車は品質管理が行き届いているので安全な場合がほとんど

中国製の粗悪な自転車など突然ハンドルが抜けたりフレームが折れたりするそうだ

走行中にこんな事故が起こればたとえ自転車とはいえ一生を台無しするような大怪我に繋がる

本当に恐ろしい

最近は自転車屋だけでなく雑貨屋なんかでも某自動車メーカーの名前を借りた自転車が売られているが

売る方もよくあんな自転車売れるもんだなと思う

ほとんどの人は普通に売られている者は安全だと思って購入してしまうのであろうが

実際にそれらの粗悪自転車を乗り回している人は良く見かけるのである

今はママチャリでも1万円で買える時代

しかしまともなママチャリなら最低3万はする

しかしそんな自転車はほとんど売れない

俺が子供の頃の自転車は5万円はした

そのかわり6段変速にウインカーやスーパーカーライトなど付いていたが

学生の頃に乗っていたママチャリも3万円はしていたはず

それがいつのまにか1万円の自転車ばかりになってしまい

世間では3万円のママチャリなんてぼったくりという認識になってしまった

俺が持っている自転車の中に折り畳みの自転車があるが

これは18万円した

芸能人にも愛用者の多い小さな国内メーカーの自転車である

18万円とはいえ使用しているパーツはほとんどが台湾製

自転車屋さんにはほとんど完成した状態で入荷するが俺が購入した自転車屋さんは自分の店で全てバラして注油し直して粗悪な消耗パーツを使用しているところは交換して引き渡してくれるのだ

そのため1万キロ走行するまではトラブル無しに走れたが流石に台湾の安物コンポメーカーのSTIは壊れてしまった

やはりこの辺りはシマノでないと信用出来ない

今は壊れたまま放置してある

18万もする自転車でも折り畳みになるとかなり安物のパーツを使用してある

それが5万円とかの折り畳み自転車だとどうなるか?

3万円代のロードバイクは?

俺はそんな自転車は怖くて乗れない

全く信用出来ない

実際にフレームが折れたりしているみたいだし

自転車はやはり信用できる店で買うのが良い

ママチャリなんかは雨ざらしノーメンテでもなんとか動いてしまうが

最近は手軽に乗れるスポーツバイクとしてクロスバイクが人気である

クロスバイクは街乗りにも遠出なサイクリングにも使える

スピードだって40キロぐらいは軽く出てしまう

しかしキチンとメンテナンスしてやらないと本当に危険

安い完成車に使用されているワイヤー類なんか一番安いスチールで雨ざらしで保管していると直ぐに錆びてしまうことも多い

そして錆びたブレーキワイヤーは切れる

走行中にブレーキが利かなくなればどうなるか?

タイヤの空気も抜けるのが早いのでこまめな空気入れが必要だし

チェーンなどの注油もそうだ

そして各ボルトのゆるみも起こる

たとえちゃんとした自転車屋さんが組んだ自転車でも走行中の振動でボルトが緩むのは起こりえることなのだ

そのために走行前には各種点検はしておいたほうがいい

軽く自転車を持ち上げて下に落とした時の異音でボルトのゆるみはチェック出来るからだ

クロスバイクは気軽に買えて気軽に乗れてしまうだけにこういったメンテが必要なことを知らない人も多いであろう

そしてチェーンの注油には556なんてのも吹いてしまうであろう

コレは間違っている

マイナス効果でしかないのだ

ロードバイクならある程度気合いを入れないと買えないし乗れないのでその辺りの下調べはする人が多いのだが

クロスバイクの場合は買ってからママチャリのように乗りっぱなし

そう言う場合も事故は起こるのだ

自転車は小さな消耗パーツの塊だ

なので定期的な点検整備が必要

その辺りの自覚が無いと非常に危険な乗り物になる

まぁ昔のほとんど壊れない丈夫な国産自転車のせいで自転車は整備が必要だと思われなくなってしまったんだと俺は思う

俺の高校時代の自転車も雨ざらしで乗りっぱなしでも壊れなかった

しかし今は粗悪な中国製ばかりの時代

やはりこれからも自爆事故は減らないだろうな

説明してもほとんどの人は俺の話を信じないし

やはりどこかで「たかが自転車」と舐めているのだ

 

俺が今乗っているロードバイクパナソニックのオーダーシステム

いわゆるPOSと言う奴だ

この自転車は日本で日本人が作っている数少ない自転車

コンポは105なんでシマノだがたぶん海外生産品になる

しかしそこは世界一のシマノだけに十分信頼出来る品質と性能である

あと国産では競輪でもおなじみの三ヶ島のペダルを使用している

本当の国産と言えるのはフレームとペダルぐらい

今の時代は完全国内生産の自転車というのは競輪用ピストぐらいしかないのかもしれないな

競輪のピストは認定を受けた会社のパーツしか使用できない

これにはおそらく国内メーカーの技術の継承保護の意味合いもあると思う

タイヤは海外生産になるのかな?

やはり難しいか

完全国産の自転車は