読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

週刊少年マガジンの袋とじ

週刊少年マガジン

昔は毎週のように読んでいた漫画雑誌であるがいつからか全く読まなくなった

実際にジャンプもマガジンもサンデーもみんな売上がかなり落ちてるみたいである

そんなこともあっての起死回生を狙った一か八か作戦なのか

11月16日発売の号にてある漫画が袋とじにされていたのである

どうやら連載中の漫画みたいではあるが雑誌のみの特別規格としての袋とじだそうだ

その袋とじがネット上に公開されていた

袋とじが嫌いな男は存在しないので当然俺はその中身を見てみたのだ

「これ大丈夫なのか?」

俺の素直な感想である

これはおっさんになった今だからこそ出てくる感想でもある

すっかり俺は大人の反応ができるおっさんになっていたのである

若い頃ならもう夢中になり読みふけったであろう

その秘密の袋とじの中身は

なんと!!

完全なエロ漫画だった

18禁漫画雑誌に掲載されていてもおかしく無いような普通のエロ漫画

少年紙でありながら完全に漫画の中でSEXが行なわれているのである

これ最近の子供が見たらどういう反応なんだろう?

今の時代TVは規制が厳しくおっぱいすら出て来ないが

ネット上では見ようと思えばどんな物でも見れてしまう時代

俺たちが子供の頃は漫画だとみゆきやタッチの着替えシーンなどでもかなり興奮した

今回の漫画はそんな軽いエロではなく完全なエロなのである

凄い事するなぁ

これでよくOKが出たなとも思う

それだけ部数が危機的状況なんだろうな

そんな俺も高校時代に購入したエロ本の袋とじで驚愕したことがある

俺はいつものようにドキドキしながらそのどの本屋にでも売っている一般的なエロ本の袋とじを開けたのだ

焦って少し破れてしまうのはいつものことだ

そんな俺の目に飛び込んで来たのはキレイなお姉さんの全てであった

普段は強烈なボカシで隠されている部分が丸見えだったのである

俺は後頭部をドンキでどつかれたかのような衝撃を受けた

正直見たのは初めてだ

俺の中ではもっとキレイで神聖な物だと信じられていたのに・・・

かなりショッキングな袋とじであった

あれも出版社的には勝負かけてたんだろうな

はっきりいって犯罪だし

俺はそれ以降は合法的なエロ本でアレを見ていない

そしてその時に俺は子供の頃に盗み見た父親所有のエロ漫画になんでアワビを始とするいろんな貝が書かれていたのかを理解したのだ

今となってはこれも立派な性教育だったのかもしれない

今回のエロ漫画

これも今の子供達のなんらかの教育になるのだろうか?

否、決して教育にはならないであろう

それはただのエロ漫画でしかないのだから

ごく普通のエロ漫画

ただそれだけである