読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

プレミアムフライデーがはじまる

今日はプレミアムフライデーである

プレミアムな金曜日

プレ金、プレフラとでも言われるようになるのだろうか?

昔は金曜日と言えば不倫のイメージであった

金曜日の妻たちへ」と言うドラマの影響だ

放送当時俺は中学生ぐらいだったので詳しい内容は知らない

再放送でもほとんど見た記憶が無い

ただ不倫ドラマというだけの印象だ

俺の周りでも不倫経験者は多い

よくやるよなぁと感心するが、たった一人でも大変なのに

そして不倫は仏教的にもかなり重い罪になる

「往生要集」と言う地獄に付いて書かれた本を読めばみんな怖くなって不倫しなくなると思うんだけどな

 

往生要集〈上〉 (岩波文庫)

往生要集〈上〉 (岩波文庫)

 

 そんな往生要集を読ませてあげたい人がまた一人

宮崎県日南市の市長さん37歳である

昨年の12月に市長さんはLINEにて20歳代の女性職員に宛てた個人的なメッセージを誤って市職員約50人に送ってしまったのだ・・・・

「会いたかった」「病気を代わってあげたい」など、よりにもよってハートマークまで添えたメッセージを、宛先に登録していた市職員に一斉送信してしまったのである

想像してみて欲しい

突然市長からハートマーク入りで「会いたい」などとメッセージが送られて来た時のことを

俺なら思わずお尻の穴を手で覆い隠してしまいそうだ

しかもこの市長は部下が育児と仕事の両立ができるような職場環境作りに取り組む「イクボス宣言」をしている

その子育て支援を掲げている市長が不倫なのである

まぁいろんなところで子づくりに励もうとしてたんだろうな

これもまた少子化対策でもあるのかもしれない

 

やはり不倫と言えばライン

ラインと言えば不倫である

 

市長は20代職員がインフルエンザで体調を崩し休んだ時にラインを間違えたそうだ

確かに女性が体調を崩して休んでる時は男にとって最大のチャンスである

それほど心配してなくても「大丈夫?」の一言で彼女の心は動くのである

4月9日は次の市長選の告示日だそうだ

めざすは再選

さてどうなる?

 

そんな不倫のイメージが強い金曜日

毎月末の金曜日をプレミアムフライデーとして冷えまくってる消費をなんとかしようと午後3時に退社して「とにかくなんでもいいから金を使いまくれ!」と政府や経団連から脅迫まがいのお達しが発動された

本来頭のいい人達が何でこんなバカなことを考え出したのか?

俺にはさっぱり理解出来ないが

そこは頭のいい人達なんで何かしら日本にとってプラスになるのかもしれない

ちなみにあるアンケートによると

プレミアムフライデーを実施する企業は2・5%だと言う

その中で「自宅で過ごす」と答えた人が約50%なのだ

まぁそうだろう

俺も早く帰れるんなら早く帰宅してブログを更新するし

まぁ俺の場合はその日にやるべきことが片付けば帰れるんで5分で終わることもあれば

32時間ぶっ通しで仕事することもあるのだ

今日は昼に帰って来た

あいかわらず暇なのだ

そして今、俺の家の前では道路を掘り起こしている

2年前に舗装し直したばかりの道を再び掘っている

水道工事という名のもとに

なので俺の車が車庫から出せない状態である

丁度今3時である

大企業のエリートは慌てて退社する時間だ

一刻も早く退社して金を使わなければ日本の経済はよくならないのだ

残念ながら俺には使ってやれる金が無い

今日は1円たりとも消費していない

月末のこの時期は常に通帳とにらめっこ

引き落とし地獄に陥るからだ

そして入金日である月末まで、びた一文と無駄な消費は出来ない

そんな時にプレミアムフライデーは重なるのである

既に3時を回った

新橋や新宿辺りの居酒屋にはTVカメラがスタンバイしてるのだろうか?

先を競うようにエリートの人達は酒を飲みにやってくるのであろうか?

そして若い女性はエステで自分磨きである

今日は安くなるとTVでやっていた

俺は3時なのでインスタントコーヒーを入れた

一瓶90グラム260円で購入したUCCの114である

小さじに山盛り2杯

俺は濃いめが好きだ

そして仮面ライダーもコーヒーもブラックが好きだ

俺が高3の時に仮面ライダーブラックのオーディションが開かれていた

俺は仮面ライダーになることが子供の頃からの夢だった

正直改造されたいと思っていた

しかしオーディションの応募資格に要バイクの免許と書いてある

俺はバイクの免許は持っていなかったのだ・・・

そんな仮面ライダーブラックだが脇役で俺の従兄弟が出演していたことを後に知ることとなったのだが、いったいどこに出ていたのか?さっぱり気がつかなかったのである

俺が免許さえ持っていたらおそらく俺が主役に抜擢されたことであろう

本当に残念である

ママチャリで走る仮面ライダーがいても俺は良いと思うのだが

濃いコーヒーを煎れた俺は仏壇から大福を持ってきた

今日で賞味期限が切れるからである

これが俺のプレミアムフライデーの始まりなのだ

プレミアムフライデー

おそらく大企業の一部のみで実施

彼らは大人の事情で断れないからしぶしぶ実施しなければならない

中小零細は実施は無理

確実に会社の利益を減らすからだ

エリートの人はスーパーの半額総菜を競うようにして購入したりしなくても良いぐらいにお金を持ってるだろうし

お金がある人はどんどん使って欲しい

バブルの頃なんて一日で100万使う人とかいたもんである

その人は後に自宅まで失ったが

金はある時に使わなければ無くなってしまうのだ

無念だが俺はいっさい消費出来ない

今日も家で安酒を98円の缶詰で飲むだけだ

まぁ地方民はほとんどが車通勤である

なので3時に終われば真っすぐ家に帰るだけ

よく考えてみれば3時って非常に中途半端

東京のようなコンクリートジャングルに住んでる人達

お金がいっぱいある人達なら楽しめるんだろうが

3時では飯を食べるには早すぎる時間である

酒飲みなら速攻でビールであろうが

酒が好きな人ばかりではない

むしろ酒の消費は落ちている

酒が飲めない人が増えている証拠である

そんな人はどうすればいいのか?

こじゃれたカフェで時間つぶし?

映画鑑賞に美術館や博物館?

東京なら暇などいくらでも潰せるであろう

しかしコレが地方になると、とりあえず家に帰るしか無いのである

そして家に帰ったらもう出かけたくは無い

結局3時に終わっても消費はしないのだ

3時では何かするのに早すぎるのである

俺の地元民が3時から何をするか?となったらパチンコかコメダしかない

パチンコの金は北朝鮮へ流れるという

そして暗殺に使われるのだ

それなら普通に5時に終わった方が「明日休みだし飯でも食べてキャバクラにでも行くか!」となる可能性の方が高いのだ

まぁ仮にプレミアムフライデーに消費したとしても、そこで消費されるお金は本来休日などに消費されるはずであったお金であり消費自体は変わらないのだ

プレミアムフライデー用に給料が増えない限りは

結局は都会に住む一部のエリート階級の為の制度

プレミアムフライデーなのである