読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

土用の丑

今日は土用の丑である

一般的にはウナギを食べる日との認識だと思う

ウナギ屋、魚屋、スーパーなど朝から大忙しなのである

コンビニの店員も販売ノルマとかあったりしてプレッシャーな1日なのだろうか?

こんなことを書いてると今現在このくだらないブログを読んでる方々は最後の方に大変美味しそうなうなぎの写真が登場するかと想像されるかもしれないが

そんな写真はいっさい出てこないことを先にお伝えしておこうと思う

俺は確かに細長い魚が好きだ

そして俺の中でキングオブ細長い魚として君臨しているうなぎは大好物でもある

しかし俺は今日

この誰もがうなぎを食べたいなぁと思う

この土用の丑の日にはうなぎを食べないのである

今日は大変に暑い一日である

エアコンが壊れている俺の部屋も31度ある

最近仕事が忙しくて放置気味だった観葉植物も枯れ始めている

このお話はまた次回のお話ではあるが

とにかく暑いのである

俺は今上半身エアリズムに下半身はユニクロのステテコ姿だが暑いのである

正直まだツールの疲れはまったく抜けていないのである

なのでスタミナたっぷりのウナギを本来なら食べるべきだと俺は思うのだ

しかしまてよ?

本当にウナギはスタミナたっぷりなのだろうか?

たかが細長い魚なのに

どっちかと言えばニンニクとか肉とかそっちのほうが良いのでは?

俺は調べてみた

俺は慣れた手つきで愛用のPCのキーボードを打ち込んだ

すると直ぐに検索結果はでてきた

なにやら黄色い服を来た子供が不器用そうにうなぎを食べてる写真である

そのページにはこう書いてあった

 

「うなぎにはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンDビタミンEDHA、EPHなどが豊富に含まれているそうです。」

 

やはりウナギには栄養がいっぱいあるみたいだ

しかし俺はこのビタミン達がどんな効果を我々の体にもたらかすのかまでは調べる気にはならなかった

それは何故か?

ただたんにめんどくさいからである

そして暑いのである

PCからの熱気が俺の体からどんどん水分を奪って行くのである

しかしそのページはこうも書いてあった

 

健康効果と美容効果

 

この二つがウナギにはあるらしいのだ

結論としてやはりウナギには栄養がありスタミナもつくのかもしれない

と思ってそのホムペを読み進めてみると

ウナギによる効果が書いてあった

脳梗塞心筋梗塞の予防

疲労回復

骨粗鬆症の予防

がんの予防

アンチエイジング効果

貧血

美肌

育毛

ダイエット

 

スゴイスゴイぞウナギ!!

なんて万能なんだ

ダイエットとかいささか疑問ではあるが

むしろうな重の特上など食べたら太るのでは?

太れば脳梗塞心筋梗塞のリスクも高まるし

ガンは正直予防しようが無いと思う

アンチエイジングは最近よく聞く言葉だが正直よくわからない

アンチ巨人とかと同じようなものなのだろうか?

でもそれらの怪しい効果を省いてもやはりスタミナ的には効果があるみたいな気がする

 

それではなぜ俺は土用の丑にうなぎを食べないのか?という疑問に戻ろうかと思う

俺はまず疲れてはいるが眠たいだけでスタミナは健在なのである

俺は決して夏バテはしない男なので夏でも食欲全開なのである

なので別にスタミナは欲して無いのである

むしろ健康の為に低カロリーで食物繊維たっぷりな物が食べたいのである

豆腐とか豆腐とか豆腐とか

で豆腐の事を調べていたらなんと豆腐にもガンの予防効果が

なんかもうガンの予防のバーゲンセールみたいになっているのである

結局何を食べてもガンの予防になるし

何を食べてもガンになるときはなるのである

うちの親もそうだったが

そして何とウナギにはビタミンCと食物繊維が含まれていないと言う事実をここに書き記しておこう

話は再び脱線したがそろそろ俺もPCの前にいるのが辛くなって来たので俺が土用の丑の日にウナギを食べない理由を書いて今日のブログを終にしようと思う

俺が何故土用の丑の日にウナギを食べないのか?

まず一つはお値段が高いから

そしてもう一つは「騙されないぞ平賀源内」である

俺の親戚は魚屋であった

そして俺の親戚の親戚は鰻屋であった

なので俺は子供の頃からウナギには不自由しなかったのだ

食べたい時に食べたいだけ無料でウナギを食べて来た

しかしそんな親戚もこの世を去り

ウナギは絶滅危惧種に指定された

有名な鰻屋ではうな重で4000円ほど出さなければならなくなった

スーパーでも2500円もする時代である

ウナギ一匹の値段でペヤングがいっぱい買えてしまうこの時代にそうそうとウナギが食べれなくなってしまったのである

そしてそんな高価なウナギを一番ウナギが不味い夏に食べたくは無いのである

同じ大金を出すのならウナギの旬の冬に食べたいのである

もともと夏はウナギが売れない為に鰻屋が平賀源内に泣きついてできた風習だと言われている土用の丑にうなぎキャンペーン

これが俺の「騙され無いぞ平賀源内」なのである

 

ただ天然しかなかった江戸とは違ってほとんどが養殖の今

果たしてウナギの旬がどれだけ意味があるのか俺には分からないし分かりたくも無い

もし俺がその事実を知ったら俺が土用の丑にウナギを食べないという理由を失ってしまうかもしれないからだ

だから俺は調べない

この便利なネット社会でも

現代の養殖うなぎの旬については決して調べないのである

 

そして俺は今年も土用の丑の日にウナギを食べないのである

そして今日はスーパーには近づかないでおこうと思うのである

 

 

 

 

 

あぁ 鰻が食べたい

 

蒲焼きに白焼き

 

正直なことを言えば本当は鰻が食べたいのだ

 

鰻が食べたい

 

鰻が