鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

電車内で女性が痴漢かもと思うTOP3

痴漢

被害にあう方も、犯人と間違えられる方も大迷惑である

そんな卑劣な行為の痴漢に関する保険を販売してる保険屋がアンケートを行った

通勤トラブルに関する意識調査

調査対象は首都圏に住む20代から50代までの男女1000名に対してネット投票で行われたそうだ

その驚く調査結果から女性の約6割が痴漢に遭遇しているという結果に

おそらくこの中には「痴漢かも?」と確信の無いものも含まれてるんじゃ無いだろうか?

カバンが当たったり移動する時に偶然体のどこかに触れてしまうことはあるだろう

昔は手の甲なら痴漢にならないと聞いたこともあるが、今ではそんなの関係なしに触れたら痴漢にされかねない

痴漢に会う季節としては春が1番多くて夏秋冬の順番だそうだが季節に関係なく痴漢は存在するようだ

事実、秋冬だけでも4割の方が痴漢にあっているという

やっぱり首都圏ってのはそれだけ痴漢が多いのだろうか?

それにしても6割という数字は相当なものだと思うが

日本は痴漢だらけなんだろうか?

確かに東京に行くとありえないぐらいの満員電車だ

痴漢するつもりが皆無でも不可抗力で女性に触れてしまうことは多いはずだ

そんな通勤電車で女性が「痴漢かも?」と思う行為のTOP3が

1位「空きスペースがあるのにわざと寄ってくる」

2位「手のひらが触れる」

3位「手が下の方にある」

1位の空きスペースがあるのに寄ってくるというのも完全にガラガラな車内なら怪しいが通勤電車においてはとにかくどこでもいいから空きスペースに詰めると言うのが鉄則だと思う

2位の「手のひらが触れる」

これも何かの動きで偶然そうなる可能性もあるが、手のひらだと流石に痴漢と思われても仕方が無い部分があるから男は気をつけないといけない

問題は3位の「手が下の方にある」

俺は満員電車では常に両手をあげているが、通常人間が立っている時に手は下にある物だと思う

これはもはや防ぎようが無いのでは?

全員が俺のように両手を上げて股間はカバンでカバーするとかしないと痴漢と間違えられてしまう可能性がある

手が下に・・・

満員電車で通勤する人は大変だな

 

昼にテレビを見ていて富岡八幡宮のことをやっていたが

あの神社は特別金があるんだな

どういうシステムで宮司一家な富岡家に金が集まっていたのか?

そこまでは解明されていないみたいだが、父親、姉、弟

家族ぐるみで豪遊してた可能性があるそうだ

おそらくは10億とも言われる家賃収入だなんだろうが、どう言う経緯で富岡家の私有財産となったのか?それとも神社の金なのか?

俺は今日地元の神社で来年のお札を買ってきたがレシートはもらってないんだよな

お守りや祈祷など宗教的な物に関しては非課税だからだろうが

でもグッズ販売のごまかし程度で豪遊は無理だな

弟の宮司退職金すら3億といわれてるし

以前どこかの神社が御朱印帳を転売されて怒っていたのを思い出した

あの時に神社で販売されてる物全ては

お祓いによって神徳を得られるように祈願してしているため、一般品とは異なると言っていた

お守りやお札ならわかるが何故御朱印帳にまで祈願するのか?と不思議に思ってたが

その謎が今日見たテレビで解けたのだ

俺の憶測ではあるが

神社仏閣で販売される物でお守りやお札などはもちろん宗教的な物なので非課税となる

しかし御朱印帳や絵葉書など一般の雑貨店や文具店でも販売されてるもので通常価格にて販売してるグッズに関しては普通に課税されるという

つまり一般的な物販扱いになるのだ

なので神社でそのまま御朱印帳を販売してしまうと税金がかかる

そこでお守りと一緒に祈祷して宗教的な物として販売することで課税を免れてるのでは?

祈祷料としての付加価値で通常より高い値段で販売できるだろうし

この辺り大人の事情が絡んでるんだろうな

お金に苦労してる神社なら数百円程度なら貢献してあげたいと思うが

さすがに宮司が豪遊してるような神社では・・・

富岡八幡宮のような超金持ち神社は珍しいというが

それだけに完全に欲に溺れてしまったんだろうな

今年の漢字は「北」に決定

毎年恒例の清水寺で発表される今年の漢字

すでに去年はどんな漢字であったのか忘れているぐらい話題にはなるが記憶に残らないイベントである

ちなみに今年の漢字、2017年は「北」であった

毎年清水寺でお坊さんが筆で書くわけだが

あの筆は広島の熊野筆で和紙は越前和紙

紙の大きさは縦150センチ、横130センチである

今年の漢字が「北」に決定した理由としては

まず誰もが1番最初に想像するであろう「北朝鮮

その他では

九州北部豪雨

「北」海道産のジャガイモ不足でポテチ不足など無理やり感満載の理由もある

あとは日本ハムの大谷、早稲田の清宮なども含まれるそうだが野球好きな人じゃないと意味不明だろう

俺の日本ハムのイメージはエース西崎で止まっている

そのために直ぐには「北海道」が出てこないのだ

そしてキタサンブラック

これも競馬かサブちゃんファンしかわからないかもしれないな

北島三郎が馬主の現役最強馬だ

と言っても既に北島三郎の名前すら知らない世代も増えてるのかもしれないな

俺のサブちゃんのイメージもほとんどは「すし太郎」だしな

今年は7104票を獲得した「北」が1位だが

2位以下は

2位「政」

3位「不」

4位「核」

5位「新」

6位「選」

7位「乱」

8位「変」

9位「倫」

10位「暴」

やはり一字だと表現が難しいな

3位の不と9位の倫は合わせて「不倫」なんだろうな

週4で励んでたおばさんも当選して不倫相手を仕事仲間にしちゃうし

相手の人は離婚しちゃうし

政治の政、核ミサイルの核、選挙の選、あたりはなんとなくわかるが

「新」、「乱」、「変」、「暴」はよくわからんな

どうせ無理やり意味付けすればなんでもいけちゃうしな

ハガキやネットで投票してたのも今はじめて知った

俺ならどんな漢字を選んでただろうか?

考えてみるが全く思いつかない

今年の印象だと北朝鮮問題がまずくるから「北」が妥当なんだろうが「豚」でもいいような気もする

あと今年はなんだろう?

デュムランのジロ制覇、サガン失格、バルベルデ落車、Wツールのフルームも印象深いが、やっぱりコンタドールのアングリルだろうか

そいうなると漢字1文字だとどうすればいいのか?

バキューンで「銃」なのかな

でも日本の世相じゃないとダメなのか

そして12月12日は漢字の日だったとは

これまた初めて知った

こんなニュースでも読んでみるもんだな

明日の世間話の種にはなる

今思い出したが「北」といえば北勝海八角理事長もそうだな

いい加減相撲関連のニュースは辞めてほしいが

貴乃花がなんかしゃべるまで放送しなくてもいいのに

どうせ目新しい情報なんか出てこないんだし

テレビ局も視聴者離れの原因は自分たちが作ってることを理解しなくてはいけない

一体今年はどんな1年だったのか?

思い出そうと思っても思い出せない

北朝鮮とトランプと富岡八幡宮とあと何だろう?

年をとると物忘れが激しくなって困る

ダメだ・・・

全く思い出せない

自分のブログで確認してみた

松方弘樹さんが死んでいる

鑑定団の曜変天目

アスカがUFO目撃

プレミアムフライデー

正男暗殺

松本伊代早見優書類送検

JASRACの横暴

てるみくらぶ

レゴランド

名古屋城の木造復元

神社仏閣への液体攻撃

ヒアリ

パンダ

カズオ・イシグロ

小池

 

圧倒的に北朝鮮のことばかり書いてるな

やはり今年は「北」なんだろうな

それにしてもこうやってブログを書いてるとやはり便利なこともあるんだな

プレミアムフライデーなんて完全に忘れてたし

でもあっという間の1年だったなぁ

まだもう少し残ってるけど

やらなければならないこといっぱいだけど

正月きちゃうんだよなぁ

何にもできないうちに

 

 

 

 

 

 

富岡八幡宮の門前町、初詣客がどれだけ減るのか不安

神社のお家騒動が殺人事件にまで発展してしまった富岡八幡宮

年末年始の神事も無事執り行うとの発表があった

神社自体はそうやら現在も普通に参拝できるようではある

興味本位で訪れる人が多いせいか客足は事件前と同じだという

しかし正月はもうすぐ

1年で1番神社仏閣が賑わう初詣が控えている

周辺の商店街も年末年始は稼ぎどきである

富岡八幡宮門前町「深川仲町通り商店街」

永代通り沿いの約800メートルに130店舗以上が店を構えるそうだ

おそらく年末年始には屋台なんかも出るのだろう

それを目当てにやってくる参拝客も多いことだろう

しかし来年の初詣はどうだろうか?

人は忘れる生き物だというが流石に三週間ほどでは忘れることはない

そして事件は境内で起きている

そして神道において「死」は穢れである

もっとも忌み嫌われることが境内で起きた

しかも病死ではなく殺人事件

それも怨霊になるとまで思いつめた怨恨殺人である

弟が姉を、元宮司が現宮司

全くもって前代未聞だろう

商店街の理事長さんも事件について「本当に信仰心のある人は迷惑していると思う」と語ったそうだ

確かに自分の氏子の神社でこんな事件が起きたらどうするだろう?

そう考えてみるが結論は出ない

今後本当に参拝していいものなのか?

そもそも神社に対しての不信感もいっぱいだろう

神道として許されるのか?

我々は家族の中から死人が出た時に神棚を忌明けまで封印するのに

神様を穢れさせないようにと、そして

神社境内への進入
祭礼行事への参加
結婚式・祝賀会等、祝い事の参列・主催
行楽・旅行
家の新築・増改築・大きな買い物などを控えるのだ

神棚は神社から分霊していただいたお札を自宅にて祀る

個人所有のマイ神社である

同じ敷地内に住み毎日神様のお世話をしてきた宮司さんが境内で死んだ

このことは穢れになる

しかも今回は怨恨による兄弟でもあり元宮司と現宮司の争いである

完全に神社に関係した理由で死は起きている

八幡神の目の前で

穢れは起きているのだ

俺が思うにはこの時点でなるべく早く本殿を白い布で覆い神様を忌明けの50日まで封印するのが本当なんじゃないかと思ってしまうが

その上できちんとお祓いをする

そして小さな祠でも作り怨念を鎮めるのだ

確か神道では死んだ人は神様として祀るはずである

故人を守護神として永年に自宅にて祀るのだ

その考えからいえば富岡家の人間は富岡八幡宮の守護神となるのではないか?

俺は神道のことはよく知らないのでこれらの考えは間違っているのかもしれない

神社だけはそんなこと関係なく通常営業が許されるのかもしれない

しかし少なくとも何らかのことを行わなければ今後の富岡八幡宮を信頼できないのでは?

そもそもあんな事件が起きてもまだ神様は滞在してくださってるのかさえ不透明だ

ほとんどの日本人は初詣をイベントとしてお参りするだけだ

普段から氏神様を大切にすることなく年一度だけ初詣と称して大きな神社へ行き適当にお参りをするだけである

形だけの参拝、恒例行事、みんなやるから、暇だから様々な理由で我々は初詣へ行く

そしてその神社にどんな神様が祀られているのかも知らないまま自分勝手なお願い事を大量にお願いするだけなのだ

自分の名前と住所も告げずに

神様は思うのだ「あいつ誰や?」

なるべくたくさんのお賽銭をあげれば必ず願いを叶えてもらえると勘違いしてる人もいるだろう。そのお金は宮司のキャバクラ代に消えてるのかもしれない

御神木をベタベタと触りパワーを貰うとか言う人もいるだろう

果たしてその手はきちんと清められてるのだろうか?御神木は触られたがってるのだろうか?神様に触れても許されるのだろうか?

御神木の幹に5円玉など硬貨を挟む人もいるだろう

御神木にしてみれば無理やり自分の体に硬貨をねじ込まれる非常に迷惑な行為だ

そしておそらくそのお金はお賽銭ではなく単なる落し物扱いになるはず

お賽銭はお賽銭箱に入れるべきだ

まぁ本当に神様に渡したいのなら海の幸、山の幸、米、酒なんかを奉納したほうがいいのだろうな

昔はお賽銭ではなく米を白い紙に包んだ「おひねり」として奉納したという

そして現在でも昔のように米を奉納する人もいるが神社本庁的には「現金」のほうがありがたいらしい

個人的には神様は現金より米のほうがお喜びになられると思う

あとはお賽銭の入れ方だな

遠くからお賽銭を勢いよく投げ入れる人が多いが、本当はアレもダメな行為

お賽銭はなるべく静かにそっと賽銭箱にいれるものである

商店街の理事長はさらに語る

石島理事長は「総代の幹部などで相談しているとは思うが、神社が今後どうなるのか分からない」と

氏子から見放されたら神社はおしまいだ

神様も愛想をつかしてしまうかもしれない

たとえ今まで通り神社が運営されてもからっぽの本殿にお参りすることになるのかもしれない

分霊されていないお札やお守りを買うだけかもしれない

とにかく今の富岡八幡宮は穢れている状態だ

あれほどまでの自分勝手な怨念で穢れた神域を果たして元通りにできるのだろうか?

今回の事件で神道自体に不信感を抱いた人も多いだろう

仏教に対しても不信感だらけな上に神道までも信じられなくなったらどうすればいいのか?

日本は神様によって作られた国である

神様を否定することは日本そのものを否定することなのだ

 

毎年30万人とも言われる富岡八幡宮の初詣客

確かなことは来年は確実に減るだろうと言うことだ

 

 

 

大名古屋「九州博多もつ鍋 幸」赤鶏さつま特製味噌カツ丼 1080円

今日の俺は体のメンテナンス

午後から街へと繰り出した

目的は本屋巡り

奈良本を探す日帰り本屋旅だ

ちょうど昼時なのでとりあえず飯を食べることに

いつもに増して人が多いような気がする名駅エリア

タワーズ、ゲートタワーのレストラン街は満員だと予想される

やはりあそこは平日しか無理だ

仕方がないのでいつものように大名古屋ビルヂング

地下の肉系の店は相変わらず行列がすごい

俺はいつものように3階へ

正直何を食べようか考えていなかった

そのためにこの日も3周ほどぐるぐると一人クリテを開催してしまった

ぎゅんたの「オムそばもいいなぁ」でもオムそばで1000円オーバーって自分で作った方がいいような気もするし

お好み焼きもいいがお好み焼きは正月の奈良旅の時に近鉄奈良駅周辺で食べる予定だし

俺は迷った

しかし時はどんどん迫ってくる

流石に休日だどんどん人も増えてくる

ここは一つまだ入ったことがない店にしよう

とは言ってもフレンチだのひつまぶしは高すぎる

中華もいいが最安ランチは麺かチャーハン

それでも1500円

ラーメン専門店の台頭で安い町の個人経営の中華が減少してるが残念でならない

ラーメン専門店はこだわらなくていいところにこだわりすぎて値段をどんどん釣り上げている

正直高級ラーメンなんて求めていない

600円以下で具材も少ないシンプルなラーメンがいい

高級中国料理の麺料理など逆に麺とスープのみという場合もある

具材が邪魔をするのだという

洗練されたスープの

さてどうする?

味仙はさすがにパスだな

俺は名古屋風台湾は求めていない

でもやっぱりオムそばがうまそうだなぁ

今日は珍しく空いてるし

さてどうする?

そんな俺にお向かいのもつ鍋屋が目に入った

そういえばこの店はまだ食べたことないな

でも肉系ばかりなんだよな

かつて俺はもつ鍋は大好物であった

しかし近年ではドクターストップもあり食べないようにしている

鶏もあるのか

赤鶏さつま

チキン南蛮とチキン味噌カツ

チキン南蛮で1280円はかなり強気な値段だな

このフロアでもチキン南蛮を出す店は数店舗あるがどこも1000円以下だし美味いのだ

店名を言い忘れたが「九州博多もつ鍋 幸」だ

福岡薬院で続く老舗らしい

f:id:sababou:20171210161606j:plain

これがランチメニュー

もつ鍋はさすがにお高いな

牛ホルモン味噌炒め定食が美味そうだが

肉系はやめておこう

つけ麺もあるのか

でもモツなんだな

モツはなぁ

ダメなんだよモツは

プリン体がヤバイんだよ

プリンなんて美味しそうな名前なのにあいつらヤバイんだよ

そしてコレステロール中性脂肪

そうなると鶏しかないんだよな

選択肢が

チキン南蛮か味噌カツ

チキン南蛮は好きだ

しかし1280円という高価格が俺を引き止める

そうなると味噌カツしかない

味噌カツ味噌カツでも赤鶏さつまのチキンカツ

俺はチキンカツが食べたいと思った

常に求めているチキンカツだがなかなかメニューにない店が多い

そして食べたら食べたでイマイチな場合が多い

そんな俺は昔から美味いチキンカツを求めて彷徨い歩いてるのだ

チキンカツは問題がない

値段的にも予算が下りた

ただ問題なのは味噌だということ

これがソースチキンカツ丼なら悩む必要なく俺は店に入っている

ここは大名古屋

名駅

味噌なのは仕方がない

でも味噌はなぁ・・・

うんざりなんだよなぁ

俺は若い頃は味噌系料理が大好きであった

しかし人間30歳も過ぎてくるとあの味噌がクドくなってくるのだ

味噌カツに味噌串カツ、味噌煮込み、味噌おでん、もつ鍋も味噌だ

唯一許せるのが「どて飯」あれは白飯で中和できるしトッピングのネギの効果が抜群なのだ

濃い味付けのタレも白飯などで中和すればいい

これはゲートタワーで食べた鰻屋の鶏の照り焼き丼にも言えることだが

あそこの鶏丼は絶妙だった

少なすぎるかな?と思わせるうなぎのタレが絶妙な量だったのだ

多すぎても少なすぎてもダメだ

まさにちょうどいい量であった

俺は迷った

先日テレビで福井のソースカツ丼を見た

久しぶりにソースカツ丼食べたいなぁと俺は思った

この赤鶏さつま特製味噌カツどんも見た目的にはソースカツ丼に見えなくもない

ただ確実にソースではなく味噌ではあるが

俺は決めた

一大決心で数十年ぶりに味噌カツ系を食べることにした

食べず嫌いもよくないしな

店内はかなり空いている

俺はカウンターの1番端っこに座った

ビールを注文するとランチビールが300円だという

しかし量は少ない

俺の経験上ランチビールはコップ一杯だ

俺は普通に生中を注文した

昼だから酒は少しだろうと言う感覚は間違っている

昼からでも飲みたい時は飲みたいのだ

f:id:sababou:20171210171717j:plain

生ビールが来た

プレミアムモルツ 香るエールと表記されている

メニューを見てもそう書いてあるが

これエールなのか?

まずくはない

しかしエールなのか?

エールといえば上面発酵のややフルーティなビール

一般的に日本でビールだと思われてるのは下面発酵のピルスナーである

俺のエールのイメージはやや赤い色で常温に近い温度で飲むビール

まぁいい

これはこれで飲みやすくて美味い

俺は料理が来る前に飲み干してしまった

f:id:sababou:20171210173201j:plain

赤い、赤い、赤い衣のチキンカツ♪

想像以上に赤い

ネギが散りばめられ中心には温泉卵が鎮座している

悪くないかもしれないな

だいたいこういった一見味が濃くてクドそうな物は一口食べてみたときに

「ん?見た目より以外とあっさりで美味いぞ」となるはずだ

しかし俺は逃げた

まずは味噌汁だ

f:id:sababou:20171210173704j:plain

白味噌ベースの味噌汁

メインが赤いだけにこれは嬉しい

具材は油揚げが中心で細かく刻まれた野菜も入っている

俺はまず味噌汁から飲んだ

箸で軽くかき回し

一口すすった

「おお、なかなかいい塩梅だ」

「ちゃんとだしも取ってある味噌汁だ」

俺は久しぶりに美味い味噌汁を飲食店で飲んだ

大抵は手抜きが多い

f:id:sababou:20171210173954j:plain

次におからだ

おから

俺の好物の一つでもあるが、これまた本当に美味いおからにはそうそうお目にかかれない

パサパサすぎたりしっとり系を狙いすぎたり

これにもネギが添えられている

俺はおからを一口食べた

「ああ。なんてことだ」

「全てがちょうどいいではないか」

「なんだこの絶妙な炊き加減は」

「そして絶妙な味付け」

「マジで美味いぞこのおから」

「これは素材自体もいいのかもしれないな」

俺は非常に満足した

そして日本酒が飲みたくなったが我慢我慢

でも昔はおからって近所の豆腐屋さんでタダ同然の値段で買ってきて家で炊いたんだよな

個人の豆腐屋さんもほとんど全滅したが昔はそこらじゅうにあったもんだ

f:id:sababou:20171210174316j:plain

そしていよいよ赤鶏さつま特製味噌カツ丼である

チキンカツにはしっかりと味噌が絡めてある

チキンカツ自体はなかなかうまそうだが・・・

ここまできたら食べるしかないしな

腹も減っている

何より注文したのは俺である

俺は恐る恐る食べてみた

味覚や好みは人それぞれである

ここからのことはあくまで個人的な感想です

世間一般的な意見とはかけ離れてると思われるので

あまり俺の言うことは気にしないでさらりと読み流してほしい

 

名古屋店オススメの「赤鶏さつま特製味噌カツ」だ 

完全に赤味噌をまとい青ネギとゴマでアクセントだが・・

「うっ・・・濃い、そして辛い」

完全に「赤鶏さつま」が赤味噌に支配されている

もはやこれが鶏なのか豚なのかさえ分からない

そしていつもなら俺たちに安らぎを与えてくれる青ネギまでもが完全に赤味噌に侵食されてしまっている

ゴマの効果も歯の間に挟まるぐらいしかない

白飯の上にこのチキンカツ1枚なら白飯により赤味噌の濃さが中和されていい塩梅になりそうだが

見たところ4枚ぐらい乗っている

とりあえず俺はチキンカツをめくって白飯を覗いた

「だめだ・・・白飯まで侵食されている・・・」

チキンカツの味噌が白飯に移ったのか?白飯にも味噌がかけてあるのかは定かではないが、白飯までもが赤く染まっている

これでは味噌の逃げ場がないではないか

そしてすでにビールは無い

せめてビールがあれば・・・

仕方が無い

俺はとりあえず2枚のチキンカツを食べた

口の中がとても辛い

そしてここで中央に鎮座している温泉卵の幕を破いたのだ

どろっと流れ落ちる黄身

赤味噌と絡まりマイルドになるはずであったが・・・

これでもダメなのか・・・

温泉卵の黄身も赤味噌により支配された

彼らは融合し、より一層のクドさを俺の口に提供してきた

 

結局は赤味噌ダレのかけすぎが原因だと思われる

正直チキンカツにはかけないでご飯の上にごく少量の味噌をかけるだけでいい

この白飯の上にゴマはふりかけておくのだ

その上に熱々揚げたてのチキンカツを載せる

そしてチキンカツにかけるソースは別に作った赤味噌ベースのあっさりとしたソースを少量だ

まぁこのソースが料理人のアイデアと腕の見せ所だろうな

この絶妙なソースが完成したら勝ったも同然だ

新名古屋めしの誕生である

そして青ネギは絶対に必要だ

このぐらいにしないとせっかくの鶏の旨味が消滅してしまう

とんかつなら多少濃い味付けでも豚自体の旨味で赤味噌に対抗できるのだが

さすがに鶏では厳しい

おからと味噌汁が美味かっただけに残念だ

メイン料理のもつ鍋は確かに美味そうだ

あれだけのおからと味噌汁を作れるんだから、もう一工夫欲しかった

やはりこの辺り九州の店が作る名古屋めしだからだろうか

研究が足らないような気がする

とにかく俺には味が濃すぎた

そして味噌が辛すぎた

 

でも他の料理は期待できそうだな

この店

やっぱり無理に名古屋に合わせなくていいってことだな

純粋にもつ鍋で勝負してほしい

正直素材の味を殺してしまうのが名古屋めしだと思う

美味い名古屋めしは結構難しい

そしてほとんど存在しないのだ

名古屋めしなんて数年に1回食べるぐらいがちょうどいいのさ

外で食べるような料理でも無いし

家で母親や妻の作った名古屋めしなら文句も言えないしな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富岡八幡宮、茂永容疑者の遺書「怨霊となって・・」

富岡八幡宮のお家騒動

報道により様々な情報が出てきている

何が本当で何が違うのか?

本当に人間は欲深い生き物である

富岡八幡宮は大相撲発祥の地として知られていたが現在のように大相撲のイベントが行われるようになったのは弟が宮司になってからだと言う

派手好きな弟

江戸勧進相撲の発祥地として富岡八幡宮をアピールして

98年に横綱昇進時の刻銘式を復活させ土俵入などのイベント行う

これにより神社の収入はかなり増えたそうだ

しかし2001年5月

神社の金を横領、ラスベガスでの豪遊が発覚

このことが神社本庁を通じて公になると富岡家が追い出されると思い穏便に弟だけが追放されたはずであった

弟の学生時代の渾名は「ボンちゃん」

ボンボンのボンからつけられた

18歳でリンカーンを乗り回し女癖も悪かったそうだ

宮司になってさらに金回りが良くなると銀座で豪遊

月に100万、200万という金を使った

宮司を退職した時もかなりの大金が退職金として払われたというが

弟の恨みは収まらなかった

それでも姉は弟に仕送りをしていたという

その姉も姉で境内に不釣り合いな豪邸を建てる

その額1億2千万円とも

近所からは「お賽銭御殿」と揶揄された

いつまでたっても神社本庁から正式に宮司として認められないのもこの辺りが原因だったのかは定かではないが

父親は父親で富岡八幡宮の借地権を摂取したとの情報もある

そして娘たちに相続させたと

そして弟の茂永容疑者の遺書も出てきたそうだ

「ご関係の皆様」と題された遺書はA4サイズに8枚

事件後に富岡八幡宮の責任役員や総代の元に郵便で届いているという

その内容は

今回のお家騒動のお詫びから始まっている

そして30年に渡る姉弟の確執

父を補佐して家の危機を救ったのに騙しクーデターを画策されたことなど書かれていたそうだ

そして自分の息子まで姉により難癖つけられ、いいように使われては最終的に追い出されたことなど

最後には4項目の要求

姉を富岡八幡宮から永久追放すること

茂永容疑者の長男を宮司にすること他

そしてこれらの要求が実行されなければ

「私は死後に於いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊となり、私の要求に意義を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟り続けます」と

かなり深い恨みが書かれていた遺書だったそうである

一体誰が悪いのか?

生まれた時から将来は安泰

若い頃からもある程度の金は自由に使える生活

さらに舞い込んだ大金

女、酒、ギャンブル

大相撲、パワースポット、御朱印ブーム

どんどん増える観光客

そして追放

自分がしてきたことは棚の上に上げて他人を批判する

自分は悪くない

悪いのはあいつらだ

俺を騙しやがって

しかし八幡神は全てを見ていた

富岡家の全てを

 

本当にこれからどうなるのか?

境内で行われた殺人事件

宮司が怨霊になると言い残して自害

数百年後には歌舞伎の演目になってるのかもしれないな

 

 

 

 

 

富岡八幡宮のお家騒動が殺人事件に

富岡八幡宮

田舎者の俺は一度も訪れたことはないが名前は知っている

神殿も見覚えがある

何度も何度もテレビで見たことがあるからだ

そして大相撲との関わりも深い

そんな有名な神社である

そんな富岡八幡宮で殺人事件が起きた

12月8日

ジョン・レノンの命日でもある

死亡したのは宮司の富岡長子さんで長子さんを殺害したとみられる容疑者が実の弟の富岡茂永だ

さらに被害者として長子さんの運転手の人が容疑者の交際相手と思われる女性に追い掛けれれて日本刀で切りつけられている

二人の容疑者はそれぞれが日本刀とサバイバルナイフを所持していたという

茂永容疑者は長子さん殺害後に共犯者でもある交際相手と思われる女性も殺害して富岡八幡宮の境内にて自殺した

そもそも兄弟の確執は昔からあったようで跡取りをめぐるお家騒動だと見られている

まず最初に容疑者である弟が父親から世襲にて宮司となった

しかし素行不良のために解任

神社は再び父親である前宮司宮司に引き戻したそうだ

だが高齢化のために2010年に再び退任

その後殺害された長子さんが宮司となるが当時所属していた神社本庁が長子さんを宮司として認めずに正式認定されてはいなかった

そのために富岡八幡宮神社本庁を離脱

正式に長子さんが宮司となった

これがお家騒動の大体のあらすじみたいだ

この他にも様々なことがあったみたいだが、正確な情報なのかどうか定かではないのでここでは書かないでおく

報道されてることで言えば

2006年に弟が姉に脅迫文を送って逮捕されている

「必ず今年中に決着をつけてやる。覚悟しておけ」「積年の恨み。地獄へ送る」と

俺は神道についてはそれほど知識を持ち合わせていないのでわからないが

神道の世界に地獄は存在するのだろうか?

地獄のみ存在するのか?仏教のように六道の考え方があるのか?

昔は神仏習合だったから地獄の存在も認めてるのかな?

とにかく何にもないのが神道だけによくわからない

宗教なのに開祖もいない、経典もない、教義もない、もともと神主もいなくて戒律もない

他の宗教みたいに救済を目的としたものもなかったそうだ

今でも神社はお願い事をするところじゃない、日々の感謝をするところだと聞くし

そもそも元宮司が「地獄に送るというのも」間違っている

地獄行きかどうかは我々人間が決めていいものではないからだ

我々が死んだあとどの世界に行くのかは閻魔様をはじめとする十王の人たちから裁判を受けて決まる

この裁判は死後7日ごとに行われるために宗派によってだが49日までは7日ごとにお坊さんが家に来てお経をあげるのだ

少しでも故人の罪が軽くなるようにと

そして49日目に判決が出て行き先が決まる

なので我々人間がいくら地獄に送ると言っても送れないのだ

とは言っても煩悩だらけの人間

ほぼ100パーセントの人は地獄へ落ちることとなるはずなのだが

何故か浄土真宗は死んだら即、西方浄土で往生できると言う教え

そのために浄土真宗に喪中はない

そのために喪中のハガキも出す必要はないのだがほとんどの人は出すであろう

日本人はあまりにも宗教に対して無関心、誰も本当のことを知らない、喪中のはがきを出さないほうが世間からいろいろ言われてしまうのだ

この辺り非常にややこしいのである

そして神道では死は穢れとなる

そのために神棚がある家では家人が死んだ時に白い半紙を神棚に張り忌明けまで封印しなくてはならない

これが神社だとどうなるのか?

神社を守る宮司さんが死んだ場合、神社本体を忌明けまで封印することになるのだろうか?

そうなると初詣は中止であろう

神様は封印されるのだから

一体どうなってしまうのか?

神社本庁から離脱しているために助け舟はこない

殺人事件だけに警察の捜査もしばらく続く

そもそも八幡様はまだ富岡八幡宮内に降臨されているのだろうか?

神道は分霊という形式で無限に増やせるので大丈夫なのかな

いなくなってもまた御連れすればいいのだろう

そもそも八幡様は古事記日本書紀には出てこないそうだ

つまり日本の神話とは無縁な神様で

期限は現在の韓国でもある新羅からやってきた神様だと言われている

日本で応神天皇フュージョンして皇祖神となる

東大寺の大仏建立の手助けをして一躍スターダムにおどりでる

朝廷の信仰も集めるかたわら武神として武家の信仰も集めた

最終的には一般庶民にまで広がり日本で一番多い神社となっている

そしてあの空海でさえ唐に渡る時に八幡様にお願いしたと言われ東寺には八幡様が祀られている

しかも八幡神東大寺の守護神でもあり他には弥勒信仰も絡んで八幡大菩薩として仏教にも入り込んでいるのだ

時代劇なんか見てると道場に八幡大菩薩の掛け軸があったりする

そんな八幡神だが「荒ぶる神」としても名を馳せていて

昔々、遷座と言う引越しを行うごとに死人を出してきたという

それも関わった約半数の人間を殺してきたそうだ

今回の事件もそんな荒ぶる神の怒りに触れたのか?

あれだけメジャーな神社だとかなりの収入があるだろう

境内にある豪邸に住み、高級外車を乗り回す

そしてお家騒動

とりあえず来年の初詣がどうなるのか?気になるところである

 

今回の事件で神社本庁が国の機関ではなく単なる宗教法人だということを知った

なんか紛らわしいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年冬の旅は奈良で宿をとった

俺は植物を育てている

そのためにここ数年冬の旅ばかりである

冬なら数日ぐらい水やりしなくて済むからだ

だいたい正月明けに京都へ行くことが多かった

今年も例年通り京都の旅を計画していた

いつものように1月4日

いつもの四条のホテル

空いている

10部屋空いている

でも待てよ

奈良はどうだろう?

久しぶりに奈良も行きたいな

京都はほぼ回っているが奈良はまだ奈良駅周辺すら回れていない

そんな俺は奈良で宿を検索した

まず最初に出てくるのが奈良ホテル

11000円?

そんな安く泊まれるのか?

よく見たら一桁違ってた

110000円

いつも憧れの眼差しで通り過ぎていた奈良ホテル

せめてコーヒーだけでも飲みに行こうかと考えてはみるも

中々行けずじまいである

奈良は広い

そして見所がありすぎて時間が足りないのだ

奈良駅周辺だけでも仏像を見ようと思ったら

お寺だけでなく博物館があるからな

国立と東大寺興福寺

それはそれは大変なのだ

俺は再び奈良ホテルの宿泊プランを眺めていた

「ん?ずいぶんと安い部屋もあるんだな」

「新館のシングルか」

「横浜のニューグランドの旧館なんかも1万円で泊まれるしな、こんなものなのかな」

新館シングル1泊14500円

俺は先ほどのスイートの値段を見ていたために金銭感覚が麻痺していたのだ

奈良ホテルが15000円か」

「冥土の土産に一度宿泊してみるのもいいかもしれないな」

「今年は3ヶ月ほぼ無休で1日15時間労働で頑張ったしな」

「自分へのご褒美に多少は贅沢するのもいいかもしれない」

「とは言ってもそれほど予算はないが」

「ちょ、待てよ!」

「朝食が1500円になる?」

なんと俺が今見ている宿泊プランは通常税込2900円ほどする憧れの奈良ホテルの朝食が1500円で食べられるというのだ

「これは中々魅力的だな」

しかも和洋選べるし

まぁ選ぶまでもなく「和」なんだが

定番のシンプルな朝食

鮭の塩焼き、出し巻き卵、胡麻豆腐、野菜の炊き合わせ、ひじきの煮物、味噌汁、茶粥or白飯、奈良漬

これで3000円弱である

一体どんな味なんだろう?

想像しただけでワクワクする

なんせ建築家・辰野金吾が設計した奈良ホテルの朝食だ

アインシュタインマーロン・ブランドオードリー・ヘップバーンダライ・ラマも宿泊している

もちろん各国の王室や日本の皇室関係者も宿泊している奈良ホテルである

朝は興福寺の鐘が目覚まし代わりの奈良ホテルである

そんな奈良ホテルの素晴らしくシンプルな朝食が1500円で食べられるのだ

正直このメニューならビジネスホテルで無料食べ放題で提供してくれるところもある

それだけに・・非常に・・・興味深いとなるのだ

そして奈良と言えば茶粥である

俺は奈良に来るたびに茶粥を食べる

前回は宿泊したホテルフジタで食べた

しかし所詮茶粥は茶粥

今まで食べた茶粥は決して俺を満足させることはなかった

「これなら白飯の方がいいな」

「奈良漬食べ放題だし」

そんな奈良の茶粥

奈良ホテルの茶粥は緑茶仕様である

俺の脳裏に名古屋の某店の鯛茶漬けが浮かぶ

正直、ほうじ茶の方が好みかな

しかしそこは奈良ホテル

興福寺の鐘とともに目覚め、窓の外には全室中庭が見える

鼻歌交じりでシャワーを浴びて中庭の見える窓の前に立つ

まるで海街ダイアリーの広瀬すずかのようにバスタオルを解放し全裸で立ち尽くす

なんとも言えない解放感が俺を包み込む

その後に食べる茶粥は一味も二味も違うかもしれない

夕食はもちろん奈良ホテル内のレストランだ

ここでも和か洋か選択しなければならない

箸で食べるのが好きな俺は当然のことながらここでも「和」である

奈良ホテルの「和」は、日本料理 花菊だ

名画の掛かる落ち着いた店内にて、吟味を重ねた旬の素材にこだわりの技を凝らして提供される料理

奈良の地酒はもちろんのこと、ソムリエ厳選のワインも取り揃え、お料理に合わせてお楽しみいただけるそうだ

 

シェフから一言
「吟味された素材のよさを活かしながら手間と時間をかけたここでしか出会えない美味しさを五感のすべてでお楽しみ下さい」

 

楽しませて貰おうじゃないか

五感の全てで

俺は早速夕食を予約した

会席「白鳳」税込10692円

3種類ある会席の中間のやつだ

さすがに1番お高いのは予算的に厳しい

この値段プラス酒代がかかるからだ

 

そして五感で楽しませていただいた後は、

再び酒だ

Bar 「THE BAR」

濃密な時間が流れるオールドファッションドバーである

さすが老舗ホテル

しかし気後れすることはない

どうせ客はみんな観光客だ

とは言っても「レモンハート」を読んで予習しておくぐらいのことは必要かもしれない

一人カウンターに座り孤独な紳士を演じながら飲む酒は格別であろう

隣に一人客の美人のお姉さんがいれば最高だ

歳の頃は30歳

俺はそっとバーテンダーに話をする

少し離れた場所で一人飲んでいるお姉さんの前に突然奈良ホテルオリジナルカクテルが差し出される

「あちらのお客様からです」

写真で見る限りオリジナルカクテルは柿だな

色はオレンジでグラスの下に柿の葉が敷いてある

ベースはなんだろう?

なにやら泡立ってる

そして泡の上には大葉みたいなのが乗っている

奈良、奈良、柿、柿、鹿、鹿、大仏、大仏

わからない

あの緑の千切りはなんなんだ

どて飯なら青ネギなんだが

まぁ飲んでからのお楽しみだな

 

このように今回の俺の奈良の旅のテーマは「贅」

去年の京都の旅のテーマは「庭」

今年の京都の旅は「全部のせ」

そして来年は「贅」である

さてどこに行こう?

2日目は前回行けなかった法隆寺と決めてある

今回唐招提寺にも行きたい

そうなると薬師寺もだな

しかし新薬師寺と白毫寺も前回御朱印をいただいていないのでまた行きたい

白毫寺の閻魔様にも挨拶しておきたい

薬師寺薬師如来十二神将の周りをぐるぐる回りたい

そしてホテルの近くには元興寺もある

もちろん東大寺興福寺

東京、尾道、奈良と俺がいく先々に旧居が残っている志賀直哉の家にも行きたい

困ったものだ

やはり奈良は2日では回りきれないな

この辺りはおいおい考えていこう

 

とにかく俺は奈良に行く

それまでに戦争が起きなければ幸いだ

猿沢池周辺のお店で小学生時代を思い出し

チープなお土産を買うのだ

持っていく本は何にしようか?

 

やはり亀井勝一郎和辻哲郎

 

大和古寺風物誌 (新潮文庫)

大和古寺風物誌 (新潮文庫)

 

 

 

古寺巡礼 (岩波文庫)

古寺巡礼 (岩波文庫)

 

 

初版 古寺巡礼 (ちくま学芸文庫)

初版 古寺巡礼 (ちくま学芸文庫)

 

 

 いとうせいこう氏、みうらじゅん氏の見仏記も外せないな

 

見仏記 (角川文庫)

見仏記 (角川文庫)

 

 実は毎回旅にどんな本を持っていくか?

これを考えるのが一番楽しみだったりするのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もらって困るお歳暮は?

12月

お歳暮の時期である

日本のおかしな風習の一つお歳暮だ

既にデパートなど商売になっているために中々廃れないのが困る

正直お歳暮はいらない

もらったらもらったでお返しにお歳暮を送らなければならないからだ

うちも昔は大量のお歳暮をもらっていた

ハムだけでも10個以上

高級ハムではあるが到底食べられる量でない

正直スライスされてるハムがひとパックあれば十分だ

そんなお歳暮にうんざりして

うちの親父が相手と話をしてお歳暮制度をやめた

相手も相手でその方が助かると喜んでいた

そのおかげで俺はお歳暮に気を使わなくて済んでいる

しかし未だに断っても断っても送ってくる親戚がいる

しかも飛騨牛霜降り肉

俺は肉に興味がないので食べないと言ってるのに

結局その肉は誰かにあげてしまうのだ

そんな迷惑でしかないお歳暮

不動産住宅サイトのスーモが調査したところ「もらっても収納に困るお歳暮」ランキングが判明した

まず調査した人の中で57・5パーセントの人がお歳暮をもらった経験があるという

ちなみに年齢は20〜59歳まで

男208名、女208名

もらっても収納に困るお歳暮ランキングがこれだ

1位:お酒 9.6%
2位:寝具 7.5%
2位:石鹸・ボディソープなどのバス用品 7.5%
4位:和洋菓子 7.1%
5位:タオル 6.7%
6位:カニ・ホタテなどの海産物 6.3%
6位:洗濯洗剤 6.3%
8位:フルーツ 5.9%
9位:食用油 4.2%
10位:コーヒー・お茶 3.8%

 

ここで重要なのは不動産関係らしく収納に困るお歳暮

同率2位の石鹸や5位のタオル、6位の洗剤、9位の食用油

この辺りもあまり世話になっていない人向けのお歳暮の定番ではある

そしていつかは使うであろう、別に持っていても構わないお歳暮でもある

しかしそれだけにかさばり収納に困るのも事実だ

そして俺はこれらの製品をよく知り合いの人からもらうのだ

「あんた洗剤いらん?」「よかったらタオル持ってって」

その理由が今わかった

みんなお歳暮で貰って困ってたんだな

俺はいつもありがたく頂戴してくる

そして俺がよく人からもらう物の一つにお酒がある

これもお歳暮でもらった物が多いみたいだ

体を悪くして飲めなくなったとか

もともとお酒が好きじゃないとかいう人が俺に酒をくれるのだ

これはとてもありがたい

酒はどんだけあっても困ることはないからだ

大量に飲めば飲んだで早く死んで楽になれるしな

なのでお歳暮にはお酒をどんどん送るべきである

それも酒を飲まない人に送るべきだ

そうすることにより今まで以上に俺にお酒が回ってくることであろう

スーモのランキングを見ていて2位の寝具はさすがに俺も困るな

好みもあるし間に合ってる場合がほとんどだ

もらうなら寝具よりペヤングの方が俺は嬉しい

6位のカニホタテの海産物

これはまぁ別に構わないかな

食べてしまえばいい

4位の和洋菓子

これも困らないが賞味期限の長いやつにしてほしい

親戚の葬式、法事があるともらってくる大量の和菓子達

翌日から俺の朝食と昼飯に姿を変えるのだ

8位のフルーツ

これも葬式など大量にもらってくる

そして俺が1番困るのがフルーツかな

正直バナナ以外のフルーツはいらない

たとえ夕張メロンでも

誰かが皮をむいて切ってくれれば別だが

10位のコーヒー、お茶

これはコーヒーやお茶を飲まない人には迷惑だろうな

コーヒー好きの俺は全く持ってOKだ

いらないのなら俺が貰ってやる

 

これらのランキングはお歳暮だけには限らない

香典返しなどにも当てはまるであろう

お土産なんかも結構気を使うしな

食品系だとなるべく日持ちするもので最高にうまいもの

そしてその土地へ行かなければ買えないものなどセレクトしているが

俺は渡す時に「いらなかったら捨ててくれ」と言って渡すのだ

贈り物なんてものはごく親しい人だけに渡せばいいのだ

しかしそれでは商売が成り立たなくなる人もいるだろうし

そう考えるとなかなか難しい問題でもある

お中元、お歳暮なんてものは大富豪の間だけでやればいい

お互いに超超超高級なものを送り会えばデパートの売り上げも落ちないだろう

石鹸なんかだと超高級石鹸100年分まとめて送るとか

酒なんか酒蔵のタンク丸ごと一個買い取って送るのもいいな

どうせ豪邸に住んでるんだから保管場所にも困らないだろうし

いらないのならリサイクルショップに売ればいい

出張買取もしてくれるしな

俺もついこないだリサイクルショップでエビスを1缶100円で買ってきたが

あれもお歳暮とかを誰かが売却したと思われる

捨てるエビスあれば拾うエビスあるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おせちが一人一重時代に突入の兆し

正月といえばおせち

そのおせちだが一人暮らしや二人暮らしなど少数世帯に対応した商品が人気となってるそうだ

一つのお重に一人分のおせちが詰まっている

これが2段になると二人分のおせちとなるのだ

届いたおせちを取り分けなくてもお重をそのまま分ければいいだけなので大変便利だと評判らしいが、現代人はそんなことまでめんどくさがるんだな

おせち自体も完全におせちじゃなくなってきてるし

洋とか中とか

牛肉まで入ってたり

もうおせちなんて呼び方は止めてしまえばいい

「正月用のおかず詰め合わせ」と呼ぶべきである

いっその事スマートスピーカーに「おせち作れ!」「野菜や魚はいらないから肉だけのおせちで」とでも命令すればいい

それでも年々利上げが伸びていくおせち

既に家で作る時代ですら無くなって久しい

子供の頃はおせちが大嫌いだった

そんなおせちも大人になると無性に食べたくなる

と言うか酒のつまみにちょうどいい

黒豆、数の子、田作り、かまぼこ、伊達巻、栗きんとん、焼き肴、なますなどの酢の物系、ニシンの昆布巻き、各種煮しめ

考えてるだけで酒が飲みたくなってくる

そして本来は重箱の詰め方にもルールがある

それらを無視してただ単に便利さを

そして自分たちが食べたいものを詰めたおせちもどき

こうやって日本人は自分たちの文化を忘れていく

100円ローソンでは「100円おせち」を販売するらしい

「帆立わさび」や「数の子松前漬」など22品目を12月25日から発売するそうだが

既に平成24年に15品目でスタートしてたんだな

普通のコンビニすらめったに行かないから知らなかった

そもそも100円ローソンが近くにないし

20種類のも100円おせちを詰め込んだ重箱の写真を見てるとそれなりに立派に見える

よく考えてみたら20種類で税別2000円

当たり前といえば当たり前

こう考えるとやっぱりおせちって高いよなぁ

なだ万あたりの惣菜詰め合わせをデパ地下で買った方が美味しいしどれだけお得か

おせちですら無くなった現代のおせち

普通にデパ地下弁当でいいような気がしてきた

なだ万厨房とか美濃吉などの料亭弁当で

さすがに数の子とかは入ってないが煮しめや酢の物、焼き魚は抑えてあるし

これをベースに足りないものを買い揃えればいい

でも考えてみたら元旦に入手できないんだな

そう考えるとおせち的な使い方は無理か

3日あたりに少し贅沢な弁当として食べようかな

まぁいいさ

元旦ペヤングでも俺的にはなんら問題はない

鯖缶で飲んでもいい

肝心の酒は何にしようか?

一升瓶買うと飲みすぎちゃうからな

4合瓶で

大吟醸はいらないから純米がいいな

既に正月まで1ヶ月切ってるしな

いろいろ大変だ

 

 

昨日の渋谷の雑居ビルの火事

またもやホルモンの火がダクトに燃え移ったそうだ

ダクトをこまめに掃除しないと

今後も同様の火事が増えるんだろうな

名古屋城の石垣調査が揉めて中止とオアシス21が大人気らしい

木造での復元を目指す名古屋城

なんとしてでも2022年に完成させたい名古屋市

しかし石垣をちゃんと調査して修復しないとダメですよと言われ

名古屋市天守木造化の特別会計に石垣の調査費を計上した

そして10月から天守台周辺の空堀の一部を試掘し開始したのだが・・・

予定では今年度内に終える予定だった

しかし10月に行われた有識者会議で天守閣組と石垣組が揉めた

それはある発言が発端だった

天守閣部会の座長が「石垣部会は安全性を考えてない」との発言

この発言に対して石垣部会が激怒

そして紛糾したそうだ

「紛糾」ふんきゅうと読むが

つまり、面倒な対立が起こって物事がうまくまとまらず、もつれる、揉めたということ

このことにより名古屋市が石垣部からの意見を聞くことができなくなり石垣の調査が中断したのだ

ただでさえ時間がない名古屋城の木造復元

工期にも影響が出るみたいである

別に焦んなくてもゆっくりとちゃんとしたもの作ればいいのに

名古屋市が焦りすぎ

「慌てる乞食は貰いが少ない」と言うしな

慌てて中途半端なものを作ると観光収入も減るのだ

元国宝の文化財でもあるんだし

石垣さんを怒らせたらダメだな

まず石垣さんをちゃんと調査修復しないと何も始まらないんだから

とりあえず「なごやん」でも持って謝りに行かないと

それか「しるこサンド」もおすすめだ

親分である河村市長を交えて

煮込みすぎて食感を失いすべて味噌味に犯された味噌おでんで一杯飲んで

とりあえず握手だな

お互い大人なんだから

なんとかなるだろう

 

何かで読んだのだが外人観光客に名古屋市栄にあるオアシス21が人気らしい

本当にわからない

あんな巨大な水たまりのどこがいいのか?

まぁ人気になるに越したことはないが

インスタばえみたいな感じなのだろうか?

調べてみたら

世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーの「外国人旅行者が選ぶ夏のフォトジェニック観光スポット」ランキングで名古屋のオアシス21が2位にランクイン

ちなみに南禅寺でさえ6位に甘んじているし

金閣寺清水寺に至ってはランク外である

1位 洞爺湖

2位 オアシス21

3位 新横浜ラーメン博物館

4位 谷中

だそうだ

おそらくほとんどの日本人でも知らないであろうオアシス21

地元民でさえ屋上の水たまりにまで登ったことはないであろう

そんなオアシス21

俺は愛知芸術文化センターに行く時に通りぬけるだけである

今後名古屋の新名所となりうるのか?

外人にしか受けないのか?

そんなオアシス21から目が離せないな

何にもないけど