鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

大名古屋「浪花ろばた八角」チキンカツ定食 880円

肩凝りが酷い俺

昨日もコーヒーをドリップするときにプルプルしてしまい3投目が雑になる俺である

今はマンデリンを飲んでいる

昨日はカリタのウェーブで淹れた

ハリオより苦味が少ないような気がするが同時に飲み比べないとなんと言えない

先日購入したカリタの温度計で図るとだいたい92度で淹れてるみたいだ

沸騰直後のお湯を月兎のポットに移すと丁度92度になる

やはりよくできてるんだな

俺はとても感心した

 

肩凝りが酷いので今日は体のメンテをしてきた

腕が上がらないことを伝え首と肩を重点的に治療

でも神経が圧迫されてる感もある

多分新調したニトリの枕が合っていないのだと思う

ただ買ったばかりの枕を捨てるのも忍びない

かといっておっさんのよだれが染み込んだ枕など一部のマニアを覗いて売れるわけもなく・・・

さてどうしたものか?

多分枕の高さが足りない

ふわふわすぎて俺の脳みそも頭髪もスカスカな頭を乗せても沈み込んでしまうのだ

そうなるとホテルみたいにダブル仕様か

ニトリも多分2つ買わせることが狙いなのかもしれない

ちなみに枕はホテルなんとかって奴だ

 

メンテを終えた俺は電車に飛び乗り名駅を目指す

若いカップルの男の方が非常にだらしなく今にも崩れ落ちそうに座っている

正直蹴飛ばしてやりたいが辞めておく

何事も我慢である

 

名駅についた俺は大名古屋を目指す

いつものように三階へ登る

やはりここは空いていて良い

そしていつもの店に入る

浪花ろばた八角

魚系が豊富なので安心感がある

そして月替わりの限定メニュー

今月はどうやらチキンカツ

しかも愛知県産の錦爽どりを使用してるそうだ

どっちにしろ俺はチキンカツがとても好きだ

しかしチキンカツが食べられる店は少ない

そしてパサパサなチキンカツも多い

880円という値段から迷うことなく俺は注文した

 

f:id:sababou:20190616160829j:plain

880円でこのボリュームなら満足である

f:id:sababou:20190616160915j:plain


日替わり小鉢はなんだろう?

正式な名前は知らないがうちの近所のスーパーで「スタミナ」と称して売ってる奴だ

一体何がスタミナなのか謎ではあるが

俺はソースを全体的にぶちまけた

名古屋だとせっかくのチキンカツを味噌で台無しにしてしまう店が多いが

こはちゃんとソースなところが嬉しい

チキンカツを注文して味噌がこれでもかとたっぷり塗られて出てきた時の敗北感は凄まじい

味の濃い豚なら味噌でも行けるが流石に淡白なチキンは無理だ

完全に味噌に支配されてしまうのだ

 

俺は端から一切れとって食べてみた

揚げたてサクサク

とても良い食感だ

そしてチキンがとてもジューシー

これは毎日食べたくなるチキンカツ

「正解だったな」

やはりこの店の安定感はすごい

一流店のような洗練された美味さではないのだが毎日食べたくなるような味

これがやはり庶民には一番美味いのだ

そしていつ来ても何食べてもハズレはない

この大衆感が素晴らしい

サラダもたっぷりあるし

ポテサラも王道な味だし

小鉢もまた美味い

つまみにして酒飲みたい気分になる

漬物は普通だが食べ放題

お茶も飲み放題

もちろん常識的な範囲でだが

「やっぱりソースだよな」

「なんで名古屋は味噌なのか?」

「地元民でもそれほど味噌が好きってわけじゃないのにな」

「やはり名駅だと観光客向けになってしまうのだろうか?」

どっちにしろチキンカツに味噌は無い

やはりソースである

あとどの店も最近はチキン南蛮ばかりなんだよな

なんでチキンカツを出さないのだろうか?

調理なんて同じだろうに

南蛮酢作る手間も省けるのにな

そしてチキンカツ丼出して欲しいな

カツ丼は重すぎるんだよ

おっさんには

 

3分の2も食べると既に満腹である

「萬平さん・・・」

あれだけ夢中に見てた朝ドラも放送が終わった瞬間に記憶から消去される

半分、青い。」なんて遥か遠い過去のようだ

今の朝ドラも毎日見てるがタイトルが思い出せない

広瀬すずはとても可愛らしいお嬢さんだが

俺世代だと正直山口智子の方が良い

今回は記念ドラマだけあって過去の主役が登場しまくる

先日もいきなり山口智子が踊りだした

でもあんなシーンはいらない

東京編はよくわからない

できることなら北海道で乳搾りして欲しいが無理なんだろうな

この先どんな展開が待っているのか?

誰が登場するのか?

イランではおしんが大人気

もしかして今回の戦争を回避できるのはシンゾーではなく天陽くんのお母さんなのかもしれない

それにしても満腹だ

やはり50歳手前になるとこのボリュームは辛い

でも食べたいチキンカツ

 

「ごちそうさまでした」

 

俺はとても満足して店を出た

そして奈良の店で南部鉄器の燕鈴を購入

 

www.nakagawa-masashichi.jp

 

この音色にノックアウトである

そして独身な俺でも夫婦円満になれるそうだ

 

 

今日は父の日

高島屋ではセルフ父の日を推奨している

でもいくらお父さんが自分で購入しようがそれが家族にばれたら激怒される

「なんでこんな高いもの買ったの?」

「お酒飲むのにこんな錫製のぐい飲みなんていらないでしょ」

「あんたなんか100円ので十分」

「安月給のくせしてバカじゃ無いの?」

「当分お小遣い減らしますからね!」

となるだけである

そんなお父さんフェアを俺はお父さんでも無いのに冷やかしてきたのだ

入り口に2台ポルシェが置いてある

しかも真っ赤のポルシェ

緑の中を走り抜けたくなる

しかしお父さんと言えども1000万は少々お高い買い物

話題作りのポルシェだが群がるお父さんもほとんどいない

高島屋は何か勘違いしている

スポーツカーを展示するならカウンタックじゃ無いとお父さんホイホイにはならない

ポルシェでは役不足

そしてポルシェを展示するならかつてポルシェのライバルだったハコスカの方がお父さんホイホイになる

ハコスカはとても良い車だ

俺も18歳の頃に乗ってブイブイ言わせていた

ハンドルはクソ重たいし

ブレーキは効かない

そして回らないエンジン

それでもハコスカは良い車だ

 

高島屋の中に侵入してみると各階のお父さんコーナーはほとんど賑わっていない

俺は酒器のコーナーへ向かった

正直今日は買う気が無い

冷やかしだけである

酒器コーナーは全く人がいない

俺以外は若い夫婦が一組いただけである

夢中で眺める夫の横でイライラしてる妻

これが日本の現実

「どれにしょうかなぁ?迷うなぁ?」

「早くしろやハゲ」

「そんなもんどれでも一緒だろうが」

しかし奥さんには一度冷静になって考えてみてほしい

もしこれが逆だったら?

自分だって迷いに迷うはずだ

そしてそれは酒器よりはるかに高いアクセサリーであったりバッグだったりするはずである

しかしなんで夫婦というものはこうなってしまうのか?

やはり他人同士が一つ屋根の下で暮らすには相当の愛と相性の良さが必要なんだろうな

 

俺は一通り酒器を眺めた

錫製で気になるのはあるにはある

しかし今一つ決め手が無い

彫りのデザインだな

デザインがどうも今一つ

タンブラーで目に止まるやつはあった

実際に手にとって見た

「これ欲しい」

値段を確認

3万弱

何かが間違ってるな

 

俺はゲートタワーへ移動

比較的安い器の店へ

どうやら今日は全品10パーオフ

「買うなら今しかねえ」

「買うなら今しかねえ」

俺は買う気満々になった

まず小型のガラス製のフラワーベースをチェック

1000円だ

これはサボテンの水耕栽培に使おう

「あとはそうだな・・・」

「おっ粉引きがあるぞ」

俺は粉引きのカップを手にとった

小さなボウルみたいな奴

湯のみでもスープでもなんでもいけそうな万能タイプ

もちろん日本酒でも良い

「こないだもらった赤霧島でもいいな」

俺の頭の中で妄想が始まる

様々な液体を粉引きに注いで飲む妄想が

1800円

「買いだな」

俺は長い間粉引きを探していたのである

あとは一つ一つ表情が違うので4個あるうちのどれにするか

親切な店なら在庫全部出してきて見せてくれるが

さすがにこちらからそこまで図々しくはなれない

4個だ

俺は4個の中から一番好きな奴を選んだ

こういうのはやはり第一印象が大事

一番最初に「これだ」と思ったものを購入した

ちなみに美濃焼の粉引き

器は育てて楽しむもの

バンバン使ってこその粉引きなのだ

 

 

そして俺は地下へ潜る

今日は父の日であるが和菓子の日でもある

先日から無性に食べたかったとらやのコーヒー羊羹を2本購入した

そんな俺の目に芥川龍之介の写真が飛び込んできた

「亀戸」「くず餅」

そうなのだ芥川龍之介永井荷風など文豪に愛された元祖くず餅の船橋屋である

www.funabashiya.co.jp

 

みつ豆豆かんもうまそうだぞ」

しかしここはとりあえずくず餅だな

なんせ発酵してるそうだからな

発酵好きの俺としては押さえておかないとな

俺はバラ売りを2個購入した

1個だけ買うのが少々恥ずかしかったからだが

まぁ良い

なんせJR東日本おみやげグランプリの総合グランプリだからな

冥土の土産だ

俺はウキウキ気分で帰宅した

 

どうやら冷やしすぎは厳禁みたいだ

基本常温だが発酵してるだけに暖かい季節は多少臭うのかな

そんな時は冷蔵庫で1時間2時間冷やしてくれとのこと

確かに江戸時代には冷蔵庫なんてなかったしな

そのまま常温で食べるのが正解だろう

鬼平でも出てきたような気がするが

調べてみたらやはり食べてるな

池上本門寺だがまぁ江戸の味だ

さすがスイーツ男子長谷川平蔵

夜だな

食べよう

ドーフィネを見ながら

芥川龍之介永井荷風そして長谷川平蔵に思いを馳せて

楽しみだな

でもしばらくとらやは後回しだな

 

 

 

 

俺の部屋の説明書 2019

梅雨の季節は部屋に引きこもる

今日は相当荒れるようなことを言っておきながら一向に雨は降らない

フルフル詐欺

しかし気分は引きこもりモード全開

朝から部屋の掃除に勤しむ

アレクサにはノリノリな洋楽をかけてもらった

唸るダイソン

そういえばカナブンがどこか飛んで行ったらしい

「便りがないのは良い便り」などと暢気なことは言ってられないだろうな

アメリカとイランは随分とピリピリしてきた

今日の朝は賞味期限が切れたカレー煮込みうどん

たっぷりのレタスを入れてカレーパウダー追加投入

粉チーズと一味をパラパラしてみたらこれがまた美味い

ピリピリまろやか

最高だ

明日は父の日

最近はセルフ父の日を仕掛けようとしている

俺は便乗してスイーツを狙う

明日は街に繰り出そう

 

 

 

久しぶりにカメラを手に取る

随分と埃が被っている

電源入れてとりあえず一枚

自称引きこもり写真家のスイッチが入る

 

f:id:sababou:20190615114206j:plain

先日購入したばかりの渡辺力デザイン「日比谷の時計」

壊れた昭和のエアコンとの相性も抜群だ

 

f:id:sababou:20190615114339j:plain

無印でオーダーしたスチールワゴン

普段よく使うものを置いている

引き出しの中にはお出かけセット

財布、ハンカチ、エコバック、メガネ、折り畳み傘、その他もろもろ

この引き出しを開ければ持ち歩くのに必要なものが揃っている

あとはカバンの中に放り込んで飛び出すだけだ

硬いスチールワゴン

全体の色は白で統一

ワンポイントで青と木製品を

木製品は柔らかい印象

剛と柔の調和

日向小次郎大空翼

あくまでやりすぎないようにワンポイントで使う

スチールワゴンは何を置くかで印象がガラリと変わる

見せるのか?隠すのか?

ブラの肩紐と同じである

 

f:id:sababou:20190615115127j:plain

三百円のドライフラワーは百円屋の瓶にブチ込む

なかなか女子力の高いおっさんである

ここだけ切り取ると女子的になるので太陽の塔で中和する

後ろには太陽の塔の書籍をチョイス

岡本太郎の笑顔が素敵だ

手前にはゲームウォッチ

これでかろうじて50歳手前のおっさん感を出すことに成功する

f:id:sababou:20190615115538j:plain

夜になると別な表情を魅せるドライフラワー太陽の塔

ポイントは影

やはり影は大事だ

その影を引き立たせるためのスクリーン的に杉板を配置

オイルステインをベースに白のEPで自家塗装した一品である

オールド感が出てとても味わい深く仕上がった

 

f:id:sababou:20190615120114j:plain

俺のブログでも安定して検索されるモイストモス

霧吹きしてやると途端に元気になる

アマゾンのレビューでは箱の作りが雑との意見があるが

これは雑な作りで正解だ

 

f:id:sababou:20190615120316j:plain

独身おっさんの哀愁漂う雰囲気を出してみましたコーナー

ポイントは安酒ワンカップのビックサイズ

これが紙パックになると末期状態になる

プルプル震えながら飲むイメージだな

 

f:id:sababou:20190615120613j:plain

昨日買ったばかりのカエル

梅雨になるとカエルが恋しくなる

後ろは30年物のホムセンスチールラックに無印の布巾で目隠し

ポイントは布巾を止めてあるアルミ製洗濯バサミ

こういった小物の使い方は大事である

やはり素材感だな

ここでもまた柔と剛

硬いものには柔らかいもので変化を出す

木製BOXちょい見せもまた乙なものである

 

f:id:sababou:20190615121050j:plain

カリタのコーヒーミル

これはとてもいい

俺の部屋をとても優雅にしてくれるマシーンだ

 

f:id:sababou:20190615121216j:plain

台所道具はそのままインテリアにもなる

ただし本当に使える道具じゃないとダメだな

先日購入したおたまは予想通りゆで卵を救うのにとてもいい大きさと形だった

無印の網網の袋は大活躍

ここには各種スイーツが収まっている

俺が提唱する「甘いものを我慢しないダイエット」の心臓部である

その横には百円屋のドライフラワーもどき

これは偽物感が強く出るので今後の課題である

ドライフラワーの利点は「死」のイメージを手軽に出せるところ

このイメージが作り物ではでないのだ

 

f:id:sababou:20190615121623j:plain

食器を収めてあるケースの上部

かましいほど「これオシャレでしょ」感を出すスペース

ここでのポイントはリトルワールドで購入した「アダムとイブ」と「バルタン星人」

人類の起源と異星人

地球の過去と未来を表しているのだ

 

f:id:sababou:20190615121952j:plain

 

キャプテン翼おでん缶

スーパーで半額で投げ売りされてた商品だ

中に収まるのはカリタ3銃士

ミルを掃除するブラシ

メジャースプーン

温度計

その横にはオールドタイプのネスカフェゴールドブレンドの瓶

中にはお賽銭用の一円玉がストックしてある

 

f:id:sababou:20190615122230j:plain

伸びすぎたハーブを切った

とりあえず干してみた

 

f:id:sababou:20190615122309j:plain

達磨

達磨はとても重要なアイテム

禅な気分にしてくれる

森見氏の本を読むときの雰囲気作りにも利用したい

 

f:id:sababou:20190615122457j:plain

園芸コーナー

魅せるスコップたち

眺めていると無駄に土いじりがしたくなるのが玉に瑕

 

f:id:sababou:20190615122659j:plain

俺のお尻を支えて2万キロ以上

俺のお尻の形をトレースした俺仕様

ブルックスの革サドル

やたらとズボンのお尻が黒くなるので今は一線を退いた

その隣には東大寺二月堂のお守り

火事から守ってくれる頼もしい存在だ

 

 

f:id:sababou:20190615123005j:plain

モンステラの向こうには30年前寅さんに憧れてリサイクルショップで購入したカバン

これで旅に出たいなと思いつつも収納力の低さに持ち出せないでいる

その隣にはゼロハリ

ここでもまた柔と剛である

 

f:id:sababou:20190615123219j:plain

 

ヴィンテージのイームズの上に鎮座するオリゼー

そして適当に本をばらまいてみる

さっと手にとって読みたくなるとても良い本置き場である

 

f:id:sababou:20190615123342j:plain

f:id:sababou:20190615123444j:plain

俺が1冊限定で作った自作の写真集

ちゃんと外に出て写真を撮っていた頃の写真たち

我ながら結構良い出来だ

 

本日はその一部を特別公開

まぁ素人の自作写真集など誰も興味はないがな

f:id:sababou:20190615131758j:plain

f:id:sababou:20190615131812j:plain

f:id:sababou:20190615131826j:plain

f:id:sababou:20190615131843j:plain

f:id:sababou:20190615131859j:plain

f:id:sababou:20190615131915j:plain

f:id:sababou:20190615131928j:plain

f:id:sababou:20190615131942j:plain

f:id:sababou:20190615131954j:plain

f:id:sababou:20190615132008j:plain

f:id:sababou:20190615132025j:plain

f:id:sababou:20190615132037j:plain

f:id:sababou:20190615132054j:plain

f:id:sababou:20190615132110j:plain

f:id:sababou:20190615132121j:plain

f:id:sababou:20190615132135j:plain

f:id:sababou:20190615132146j:plain

f:id:sababou:20190615132158j:plain

f:id:sababou:20190615132212j:plain

f:id:sababou:20190615132221j:plain

f:id:sababou:20190615132235j:plain

f:id:sababou:20190615132249j:plain

終わり

 

ごく一部の特別公開

ちなみに最後のブランコは実際に〆の一枚

青のブランコに乗ると違う世界に行けて赤のブランコで元の世界に戻ってくる設定

まぁただの自己満足でしかない

決しては世には出ない世界に1冊だけの写真集

 

 

 

 

 

 

f:id:sababou:20190615132525j:plain

歩いて知多半島一周したときの記録

 

f:id:sababou:20190615132557j:plain

f:id:sababou:20190615132612j:plain

f:id:sababou:20190615132629j:plain

f:id:sababou:20190615132641j:plain

 先日購入した無印のデスクライト

極限まで削ぎ落とされたデザインは素晴らしいが関節がゆるい

f:id:sababou:20190615132818j:plain

f:id:sababou:20190615132845j:plain

f:id:sababou:20190615132855j:plain

f:id:sababou:20190615132905j:plain

デザインの良い空き箱はディスプレーとして使う

見せたくないものを収納する小箱機能も兼ねているが何を入れたのか忘れてしまうのもまたご愛嬌

f:id:sababou:20190615133030j:plain

f:id:sababou:20190615133040j:plain

f:id:sababou:20190615133053j:plain

sceltevie omnioutil(オムニウッティ)のバケツ

俺の部屋にゴロゴロしてるもの

普通にバケツとして

隠す収納として

スツールとして

サイドテーブルとして

何かの台として

とにかく使い方はあなた次第無限大

カラバリも豊富

そして安い

sceltevie omnioutil(オムニウッティ) L RPK

sceltevie omnioutil(オムニウッティ) L RPK

 

 



f:id:sababou:20190615132801j:plain

 

 

しかし雨降らないな

 

 

 

 

 

久保建英2億円越えでレアル移籍

久保くんの移籍先がほぼ決定

先日ブログでレアルとバルサは辞めてねと書いておいたのに

結局はレアルか

でもよく考えてみたら日本人がレアルと契約か

育成組織にも日本人がいるみたいだがトップチームとの契約だしな

やはりすごい

でもレアルは正直辞めて欲しかった

 

5年契約で2億か

あの若さで2億円は正直安いと思う

レアルは非常に良い買い物をした

噂によるとパリサンジェルマンバイエルンバルサもオファーしたそうだが

他は2億出せなかったんだろうな

まぁ2億なんて日本人がユニフォームなど久保くん仕様のレアルグッズ買いまくるし

レアルも夏に日本で親善試合でガッチリだろうしな

国立も新しくなるし横浜と国立でガッチリ

なので久保くんの2億円は簡単に稼げてしまうのだ

その上で将来的に戦力になる才能

ライバルチームに渡さないためにも押さえておく必要がある

 

でも久保くんてもう18歳だったんだな

俺はてっきり16歳ぐらいかと思ってたが

18歳か

ルーニーやCロナウドは18歳の時にはすでにトップチームでレギュラーだった

特にCロナウドの存在感は凄かったな

テクニックは凄いが自分よがりのプレー

何本シュート打っても入らない

パスも明後日の方向へ飛んでいく始末

それでも才能を信じてマンチェスターUはレギュラーで使い続けたのだ

そして突然覚醒して世界最高の選手となった

このように若手を大事に育ててくれるチームなら良いのだが

そもそもレアルは選手を大事にしないチーム

世界最高のチームとはいえ若い頃から所属するチームじゃない

キャリア絶頂の時に移籍して晩年衰えたらクラブと揉めて最終的に中国リーグへ移籍するためのチーム

そんな感じだろうな

久保くんも最初の1年はBチームでの出場となるそうだ

問題はそこから

おそらくレアルにはポグバが移籍してくるはず

俺は久保くんの適正ボジションを知らないがポグバと被るところがあるような気がする

そうかアザールもレアルだよな

久保くんのプレーを見たことないだけにどこで使うのかわからない俺である

ハイライトでは前なら何でもできそうな感じはした

でも前のポジションは世界最高峰のテクニックを持つイケメンを連れてくるだろう

それがレアルである

ゲームが作れるのならピルロのような使い方もありなのかな

でもあのポジションはレドンドマケレレタイプの方が良いな

まぁどっちにしろレアルでレギュラーは相当大変だ

すでに完成された超大物がぽんぽん移籍してくる

若い久保くんにはとにかく試合に出て欲しい

果たしてレアルで試合に出られるのか

とりあえずはレンタル移籍だろうな

そこで結果を残して早くレアルから逃げ出して欲しい

そして25歳ぐらいで再び契約すれば今度こそレギュラー候補である

 

 

安部総理が帰国した

昨日は日本のタンカーが攻撃をされた

犯人はおそらく永遠にわからない

アメリカとイランお互いを批判

そして仲介役の安部総理までアメリカに加担してると批判される

確かにアメリカの犬であるだけに何も言えない

果たして戦争になるのか?

これが小説ならここで戦争を起こしてガッチリ稼ぎたい商社が裏で仕掛けていたりするんだよな

謎の第3国を使いアメリカとイランにドンパチさせてガッチリ

ガソリン高くなるのかなぁ

それは困るな

昨日の攻撃でアメリカには戦争を起こす大義名分ができた

「友達のシンゾーの国を侮辱したな!」

しかし相変わらず人間は愚かである

殺しあうことでしか解決できない

 

第3次世界大戦は中東から始まると言われてはいたが

そのトリガーがシンゾーになる可能性もあるわけか

世界の歴史の教科書に乗っちゃうな

 

とらやの羊羹持って説得すればノーベル平和賞

 

 

コーヒー羊羹が食べたくなった

奮発して買っちゃおうかな

 

www.toraya-group.co.jp

 

ゲートタワー「MASA'S KITCHEN」特製貝柱炒飯1500円

梅雨の中休み

と言えるほどの休みではないが今日は天気が良い

どうやら30度近くまで気温は上がりそうだ

俺は三太郎の日にauから頂いたエアリズムを着込んだ

「さてどうするかな?」

先月に部屋の整理をしたおかげで未着用の新品の服が大量に発掘された

その数50着以上

まぁ半分以上はユニクロのワゴン品ではあるが

20年以上前に購入したSHIPSの服も10着以上ある

「これで死ぬまで服は買わないくて済むかな」

あとはたまにワゴン品を買い足すぐらいでなんとかなるだろう

とにかく俺はワゴン品が好きだ

誰にも見向きもされず最後の最後まで売れ残る商品

そんな変な色の服を買うのが好きだ

基本的に俺は人からどう思われようと気にしない

なので年甲斐もなくピンク色の服も着る

春にはピンク

初夏には黄色

真夏には赤

わかる人は分かることだろう

いつだってリーダージャージ気分

フルームはドーフィネのTTコースの試走中に落車

大腿骨を骨折した

もし今年フルームがツールで5勝目をあげていたら?

あと欲しいタイトルは世界チャンピオンと金メダル

来年の東京五輪のコースはフルーム向きでもある

彼がオリンピックのミニ照準を絞れば勝てる可能性は高い

なんせイギリスチームは全員エース級

最後の最後まで残れるアシストがいっぱいなのだ

おそらく本気で金メダル狙いに行ったかもしれない

しかし今年のツールは絶望的

そうなると来年のツールに全力を出すことになる

とりあえず5勝クラブに入りたい

しかし金メダルは4年に一回のチャンス

しかもクライマー向けな厳しいコースで勝てる可能性はある

年齢的なこともある

「二兎を追うものは一兎をも得ず」

まぁ今から東京五輪を考えても仕方がないな

来年俺が生きていたら考えることにしよう

まだ誰が出るかもわからんしな

 

フルーム不在の今年のツール

イネオスはGがエースだろう

エリッソンド緊急招集かな?

ベルナルは走るのか?

ニバリは「ツールにしとけばよかった・・・」なんて思ってるかもしれない

とにかく今年は混戦だろうな

ピノ、バルデは最大のチャンスだろう

おそらく今年を逃したらツールは勝てない

最後の詰めが甘いTJも今は絶好調

伏兵フグルサング

復活キンタナ

とにかくドーフィネの山を見てから予想してみよう

 

なんでこんな話をしている?

今日は暑くなる

かといって半袖はまだ寒い

そこで無印のリネンシャツ

色は青

ドラゴンズブルー

これを着込んで街へ繰り出したのだ

 

いつものように時間調整でスタバに入る

メニューを見てあることに気づく

「コーヒープレス」

どうやらコーヒープレスで淹れてくれるらしい

でも値段が高い

どうせなら自前で豆を用意したいぐらいだ

ちょうど近くに成城石井もある

器具さえ貸してもらえれば自分でプレスしてもいい

それで半額ぐらいにならないだろうか?

そんなことを考えていた

まぁそんな非常識なことが実現するわけもなく

普通にドリップコーヒーを注文した

俺はコーヒーを少し口に含み苦味以外の味を探そうとした

俺はとても慎重深く口の中でコーヒーを転がした

しかし感じられるのは相変わらず苦味だけ

俺の舌がバカなのか

スタバの豆が超深煎りで劣化した上に高温で抽出してるのか

そもそも本当にドリップコーヒーなのか

原因はわからない

おそらくこれでもかと深煎り

イタリア人もびっくりローストなんだろうな

アメリカで焙煎された豆をあえて時間をかけて日本まで運ぶ

コーヒーは鮮度が命

それをあえて時間をかけて日本まで運ぶことでより一層の苦味を出しているのかも知れない

考えてみればものすごいこだわりである

徹底して苦味を出そうとしている

苦味のみのスタバのコーヒー

ある意味とても興味深い

 

 

用事を済ませた俺はいつものように名駅へと向かう

今日はビックカメラで取り置きしてある商品を取りに行かねばならない

「ゲートタワーだな」

今日のランチはゲートタワーに決定

とりあえずビックは後にしてレストラン街を目指した

平日でもそこそこ行列ができている

こんな時でも行列ができない店を俺は目指した

1秒でも早く飯が食べたいからだ

俺はいつものようにマサの店にたどり着いた

正確にはマサの台所

今日も行列はできていない

俺は一人だと告げるとカウンターへと案内された

今日はテーブルに手をつくことでなんとか上手に椅子に座ることができた

やはり椅子を引かれるのは何回経験しても慣れないものである

「限定メニューです」と小さなメニューが先に渡される

よだれ鶏冷麺」

とても美味しそうだが流石に冷麺食べるほど暑くはない

せめて気温35度超えてからだな

俺は他のメニューを眺めた

しかし最初から俺の心は決まっていた

だいたい一通り食べてきた俺

しかしまだ食べていないものが一つ

それが「チャーハン」

俺は特製貝柱炒飯を注文した

炒飯で1500円は高いように思えるが前菜二品つくことを思えばそれほどでもない

そしてここの前菜はかなり美味いのだ

 

f:id:sababou:20190613182614j:plain

今日もバカボンの本官さんを思い出す

きくらげのなんとかと冬瓜とホタテの貝柱

もう見た目でも楽しませてくれる

まるで和食の八寸の一品

俺はまず味が薄めであろう冬瓜から食べた

冬瓜は俺の好物である

他の地方では馴染みはないのかな?

まぁ冬瓜は美味い

しかし美味い冬瓜を出す店は少ない

やはり料理人の技術が出てしまうからな

この手の料理はごまかしがきかない

なんせ冬瓜自体味はほぼ無い

要するに出汁が決めてなのだ

冬瓜を小さく切り分けて口に中へ運ぶ

その瞬間口の中に広がる大地と海

土で育った冬瓜が海の恵みと出会ってしまった

そして俺の頭の中にある曲が流れ出す

「リフレインが叫んでいる」


リフレインが叫んでいる 松任谷由実

 

どうして?どうして?

でも出会ってしまったものは仕方がない

貝柱の旨味が冬瓜にこれでもかと染み込んで俺は幸せである

俺は壊れるほど冬瓜を噛みしめた

そして次に冬瓜と一緒に貝柱を口の中に放り込んだ

「ああナンテコッタ、パンナコッタ」

ダメだこれ美味すぎるぞ

たかが前菜だと思うなかれ最高の一品ではないか

ああ酒が飲みたい

とても酒が飲みたい

でも我慢我慢

ツールまでは我慢なのだ

 

次にきくらげのなんとか

もうこれもコリッコリ

味付けも絶妙だし

小さなトマトも上手に切ってあるし

もう本当すごいな

この前菜で1500円はむしろ安い

 

f:id:sababou:20190613183910j:plain

スープも登場

あっさり中華スープではあるがちゃんと旨味は凝縮されている

しかもとても具沢山

なんか徹子の部屋土井善晴が作ってた味噌汁を思い出す

小さな小さなスープだが

とても大きなスープである

これもまた立派な一品としてちゃんと成立している

一般的な「とりあえず付けておきました」的な手抜きスープではない

ああ美味い

マジで幸せだ

 

f:id:sababou:20190613184211j:plain

 

そして真打登場

「特製貝柱炒飯」

やはり炒飯は早い

黄金に輝く炒飯

もう絶対に美味いやつ

そして事実美味い

毎回驚かされるマサの料理だが

今回は王道な炒飯

確実に炒飯

しかし全てがハイレベル

「本当美味いよ」

俺が我を忘れてガツガツ食べた

街中華の消滅で美味い炒飯もなかなか食べれなくなった現代

冷凍炒飯もそこそこの味を出しているが

さすがに本物には叶わない

もう最高だ

炭水化物万歳

貝柱万歳

すごい

とにかく旨味がギュって

ああ美味い

確実にBEST3に入るな

 

 

会計を済ませた俺はビックカメラで取り置きしておいたカリタの温度計を受け取る

袋詰めの時に商品を落とす中国人店員

彼女から謝罪の言葉はない

まぁこれで感で淹れていたコーヒーの温度管理ができる

果たして今まで何度で淹れていたのか非常に興味深い

ちなみに今は沸騰直後の熱湯を月兎のスリムポットに移して南無大師遍照金剛を3回唱えてからドリップしている

 

そして東急ハンズでコーノのフィルターを160枚分購入

ついでの父の日フェアを冷やかす

やはり良い酒器が並んでいる

今日は店員が寄ってこない

冷やかしがバレてるのかもしれない

 

そして俺は大名古屋の奈良の店へ

ここで穴開きおたまを衝動買い

 

工房アイザワ 穴あきお玉 パセリ 小 880-2
 

 

 デザインが非常に気に入った

なんとなくこれでゆで卵すくってみたくなったのだ

 

そしてハンカチを一枚

motta

水玉のやつ

やはりツールだしな

山岳賞

色は違うが

www.motta-handkerchief.jp

 

 

 

明日は晴れるのかな?

とりあえずゆで卵でも茹でてお玉ですくってみるか

 

 

本当は女性はハゲを魅力的に感じている

なんだそうだったのか

結局は照れくさいんだよな

みんな正直になれば良いに

「私はハゲが好き」って

 

これはハゲを研究してる海外の皮膚科の先生の研究結果

どこの先生なのかは記事からは分からないが

どうやら同様の研究がペンシルバニア大学でも行われているそうだ

みんなハゲに興味津々

ハゲだからといって悲観的になることはないのだ

世の中の女性はハゲに対してとても魅力的に感じているのだ

そしてハゲはビジネスマンとしても大活躍

ハゲは力強く男らしくリーダシップがあるという

つまり権威の象徴がハゲ

ハゲすごいな

科学的な根拠は高卒の俺には分からない

説明されても理解できない

なんせ18歳までしか教育を受けてないからな

 

とにかくハゲは本当はモテるはずなのだ

ただ世の中の女性が恥ずかしがって言い出せないだけ

みんなほんの少しだけ勇気を出してハゲに告白すれば良い

「好き」

「抱いて」

とにかくハゲの性行為はハゲしいらしい

ハゲだけに

これは脱毛症がTHPと呼ばれるテストステロンの産生の過剰と関連してるとか

毛包を収縮させ、毛髪を弱めるそうで

なんのことかさっぱり理解できないが

とにかくハゲ絶倫説は本当みたいだ

とにかく女性は一度ハゲに抱かれて確認した方が良い

その上で結果を研究者に報告してあげてほしい

 

次にハゲの利点である

ハゲることで人生が終わったと感じるハゲは多い

しかし本当はハゲは利点だらけだというのだ

ハゲの利点

シャンプー、リンスが不要か極少量で済む

整髪料もいらないか極少量で済む

ドライヤーは不要

そして外にいるとき誰よりも早く雨が降り出したことに気づくのだ

これは頭頂部が「ひやっ」とするから

「あれ?雨か?」

「雨なんか降ってねえよ」

「でも今頭が冷たかった」

「そうか?」

「あっ雨だ」

「ハゲすげえな」

なんてことになるのだ

 

これだけでもハゲの偉大さがわかるのに

まさか女性が魅力的に感じているとは

ハゲ頭見るといろいろ想像しちゃうんだろうな

こけしみたいだしな

 

 

自民党が慌てて「年金2000万は嘘だよ」と言いだした

確かに2000万では足らない

もっともっといる

麻生大臣の年間の飲み代は2000万を超えるという

それだけに彼らにとって2000万は端た金でお小遣い程度

国民がみんな2000万ぐらいなら用意できるとでも思ってるんだろうな

まぁ選挙もあるみたいだし

自民党が何言っても誰も信じなくなった

しかしそれ以上に野党が信じられない日本の政治

もうみんな諦めるしかないのだ

 

 

そして一つ大ニュースが

ダイソーApple正規認証のLightningケーブルの取扱いが開始されるという

値段は500円

「高いな」

でも緊急時には便利だ

あのケーブルはすぐにダメになる

端子がズルムケだからかすぐにダメになる

正直電気関係は信用できない100円屋

でも正規認証なら緊急時に買っても良いかな

 

 

 

 

商店街監視員89歳老人「ミリ単位のはみ出しも許さない」

とある松坂市の商店街での出来事

毎日のように商店街をパトロールする89歳の老人

事の発端は老人の自宅近くの質屋の看板

この質屋の看板があろうことか点字ブロックを塞いでしまっていたのだ

これに激怒したおじいさん

警察に通報するが動かない警察

「わしがやるしかないな」

そして正義の商店街パトロールが始まった

 

商店街の歩道には様々なものが置かれていたりする

看板、のぼり旗、植木鉢、自転車などなど

これら歩道にはみ出したものを見つけるとおじさんは店に注意をする

一ミリすら許さない徹底ぶり

注意が無視されると勝手に動かす

時には看板を蹴っ飛ばしたりして破壊したりのぼり旗を切断したり植木鉢などは勝手に撤去してしまう

このような監視は毎日行われる

商店街には観光協会もあり観光客用の撮影看板も歩道から室内へと移動したという

 

どっちが悪いか

意見は賛否両論

おじいさんの功績で確かに現在の商店街の歩道は綺麗になっている

ただパトロール開始以前の姿を見ることはできないので単純に比較はできない

確かに私物を歩道に出すのはダメだ

ただ法的にはやりすぎない程度で許容する寛容さがあるらしい

確かに店の自転車を歩道に出すのはどうかと思うが

看板やのぼりや植木鉢は商店街を盛り上げるための小道具でもある

毎日のように商店街側と揉めるおじいさん

どちらも引くに引けない状態

そこでマスコミの登場である

俺も先ほどテレビで見た

 

ルールというのは難しい

ガチガチに取り締まるのもどうかと思うことも確かにある

ただ子供の教育のためには大人がルールを守るのは大事なこと

車が来ない赤信号の交差点を信号無視して渡る人は多い

そんな時子供は自分の親にこう言うのだ

「あのおじさん赤信号で行っちゃったよ」

子供も大人になれば様々な事情を理解するだろうが

大人が子供の前で法を破るのはやはりよくない

「このぐらいいいだろう」

「みんなやってるし」

世の中そんなことばかりである

最近は早朝5時とかだと信号無視する車も多い

「どうせ車こないし」

「警察もいないし」

という気持ちから来るものだろう

細かなことだが誰かがルールを守るのをやめれば「俺も俺も」と言う人は必ず出てくる

そしてその人数はどんどん増えていく

エスカレーターを歩くのはダメですといくら言おうが

もう誰もやめようとしない

既に歩くのが当たり前になってるからである

「みんな歩いてるし」

自転車の歩道での暴走も同じ

本来自転車は歩道では徐行である

そして徐行で走るには相当な体幹が必要である程度鍛えないと難しい

ママチャリといえどもすぐに徐行を超えるスピード域になるからだ

この辺り法がおかしい部分もあるが

これらを完全に取り締まり正すことは不可能

事故が多発してもなんともできない

既に人々の中で

「みんなやってるし」

という意識があるからだ

 

今回の商店街トラブル

多少の看板やのぼりのはみ出し

これもまた「みんなやってるし」という意識から

そこがおじいさんは許せない

一人を許してしまえば全て許すことになる

ただやり方にも問題がある

破壊などの行為は器物破損になる

しかし商店街側も悪いという意識はあるので強くは言えない

老人と話し合いを持ちたいとのことだが

老人と言うのは相当頑固である

まぁ無理だ

話し合いしても一歩も引かないだろう

89歳のという年齢だと正直ちょっとしたことで大惨事にもなる

人混みで接触して転んで動けなくなった老人を何回か目撃したこともある

話し合いの中でなんらか軽く接触があって老人が転倒する可能性もある

商店街の人の「やりすぎだろ」という気持ちもわかるが

ここは数年我慢するしかないだろうな

現に商店街を利用してる人からは「綺麗になった」という意見も出ている

 

法もある程度のことは許してくれる

ただおじいさんの怒りは治らない

利用者からは「綺麗になった」

商店街からは「このくらい良いだろ」「みんなやってるし」

果たしてどうなるのか?

俺の意見としては商店街など店から出た瞬間に目の前を自転車が横切ることが多い

しかし店側の歩道に看板やのぼりが設置してあればその幅の分は自転車が避けて通る

そしてお互いにぶつかることを回避できるのだ

なので看板はむしろ積極的に出すべきだと思う

バリケード的な意味で

最近は電動ママチャリで暴走する老人や主婦も多いだけにアレは本当に危ない

店も敷地ギリギリまでワゴンなど置いてるから無意識のうちに道路へはみ出してしまうこともあるのだ

 

これだけ多くの人間がいれば様々なトラブルは起こる

法律である程度はルールが決められたり

マナーという自主的なルールもある

しかしそれでも様々なトラブルは起こる

先日の電車内でのイヤホンの音漏れもそうだ

どうすればいいのか?

映画「キャシャーン」の中で「人は許すことができる生き物」とある

動物の中でも人間は脳が発達しているので本能だけで動くのでなく自己的に許すことを知っているのだ

「このくらい良いか」

「黙ってよう」

これもまた大事なことかもしれない

何が何でも注意するのはトラブルの元となる

どうしても我慢できない時は警察に・・・となるのだろうが

警察も些細なことではなかなか動かないのが現実だ

今回の発端も警察が動かなかったことである

やはり難しい問題だな

ルールを完璧に守るべきなのか

それはそれで息苦しい世の中になる

それぞれが他人に迷惑をかけない気持ちを持って生活できれば良いのだが

これだけ人間がいるとやはり無理

そこで仏教

お釈迦様の言葉である

宗教としての仏教でなくお釈迦様の哲学としての仏教

「人はどう生きれば良いのか?」

それを教えてくれるのが仏教である

常に相手の立場に立ち物事を考える

これで自分勝手な行動も治るのだ

 

 

そんな仏教的な要素を持つサイクルロードレース

正式ルールにはない紳士協定、暗黙のルールが多数存在する

例えば「ライバルのトラブルに漬け込まない」とか

勝負どころでライバルがパンクなどのアクシデントで遅れた場合

スピードを落としてライバルが追いつくまで待つ

これもまたサイクルロードレースの心である

みんながお互いをリスペクトしてるからこそ成り立つのだ

それにしても今年のドーフィネは面白い

エースがガンガン踏んでまるでツール本番かのような攻防

その中でもピノがやたらと調子良い

しかしイネオスはすごいメンバーだな

本番ではあの中にGとベルナルが入るとは

真のトリプルエース

でもなんだかフルームはダメそうな気がする

多分今年のツールは相当面白くなる

チーム力ではダントツでイネオス

他のチームは結託が必要

みんなで総攻撃だな

ジロみたいな何もできないレースはつまらないしな

 

 

 

 

某コンビニ「時短営業しても良いけど夜間配送用に夜勤一人配備しといてね」

最近暴露されつつあるコンビニのフランチャイズ事情

同じフランチャイズな商売でも順調に稼げるワークマンと体を壊し借金だけが残るコンビニ業

今の現状をなんとかしようとオーナーたちが立ち上がった

世論も後押ししてなんとか時短営業を勝ち取ったかに思われたのだが・・・

やはり現実は厳しいみたいだな

なんせ相手はヤクザより酷いことをする

まさに血も涙もないとはこのことかもしれない

記事によると時短営業で出された条件が

 

本部への支払い増加

夜間配送の継続

その夜間配送を受け取るための夜勤一人が必要

 

すごいな

誰が考えたのか

まるでイジメだな

コンビニ業界の内情はよくわからないが

スーパーだってなんとかやってるんだし

なんらかの方法があるのでは?

鍵をドライバーに渡しておいてバックヤードに置いてもらうとか

本部への支払いも増加か

さすがに欲出しすぎ

死んだ後で閻魔様にものすごい怒られるぞ

どんだけカネカネカネなのか

確実に本部はカネゴンになってるんじゃないかな

一度お遍路に出た方が良い

2ヶ月ぐらいかけて四国を歩いてきた方が良い

そうすれば

「夜間配送受け渡しは私が無償でやります」と言う気持ちにもなるだろう

俺の仕事もたまに深夜にやらなければならない場合もある

今は一人だが以前は従業員もいて

そんな時は従業員は夜間は休ませて自分一人徹夜で働いたものである

なんで大手の会社は怠けるのか?

役員が率先して働かないとダメだろ

長谷川平蔵なんか常に自ら動いてるからこそ部下がついてくる

まずは鬼平犯科帳だな

とりあえず全巻読むことをお勧めする

 

原因はあらゆる業界の人手不足によるもの

夜間配送もトラック業界の事情が絡んでるとか

確かに大手ドラッグストアに配送してる運ちゃんも愚痴をこぼしてた

「俺ら商品の陳列までやらされるんだぜ」と

そして人手不足のためになるべく効率よく配送しなければならないのだろう

そのために夜間配送はやめられない

そして夜間配送を受け取るための人が必要とのこと

本部の言いたいこともわかるが

それでは何も変わらないのでは?

まだ少しでも良心というものが残っているのならもっといろいろ考えてあげてほしい

だいたい商売を広げすぎたのもある

俺はコンビニはほとんど利用しないので無くても構わないが

ほとんどの人には必要なコンビニ

でも自社だけで回せない商売は最初から破綻してるんだよ

うちも以前は下請けに丸投げをしていたが

そんな中でも常に一人人員を無償で送り込んで手助けしてたからな

そうすることでちゃんと管理もできるのだ

それだからこそ多少無理なお願いも聞いてくれるってなもんだ

俺は頭が悪いから自分で体を動かすしかない

それだけに体を動かすことはなんとも思わない

むしろ「良い運動になるな」的な感覚で働ける

でも頭の良い人たちはできるだけ動きたくないんだろうな

もっとタダで手助けしてやれば良いのにといつも思う

誰かのために尽くす

そうすれば今度は誰かが自分のために尽くしてくれる

世の中そうやって助け合って生きていくものである

でも人間は汚い

労働基準法などという法律で管理しないとうまく動かせない

誰もが自分は楽したいからだ

自分より下のものをこき使い自分は楽に稼ぎたい

そう思うのが人間なのである

だからこそ一億総鬼平にならなければならない

義理と人情を大事にしないと日本の復活はない

お休み中の部下には内緒でこっそり自分だけ動く長谷川平蔵

そんな平蔵の動きに気づき自ら手伝いを申し出る密偵たち

そうやって過酷な労働を強いられる火盗改は運営されているのである

 

だからこういう時はちょこっと本部が助けてあげても良いんじゃないかな

看板代とって商品まで強制的に売りつけてるんだし

そのぐらいしてもバチは当たらないだろう

「体が持たないから24時間勘弁してください」という人に対して

「やめてもいいけどその分金払えよな」

さすがにこれは酷すぎると思うし

またそうしなければならない事情があるのなら商売は破綻してるので規模を縮小するべきである

世の中コンビニだらけ

昔はコンビニなんか無くても生活できたんだし

時代は令和だし

いろいろ変えていかないと

そのためにまず池波正太郎原作の鬼平犯科帳を読むこと

「1億総長谷川平蔵

全てはそこから始まるのである

 

 

 

決定版 鬼平犯科帳 (1) (文春文庫)

決定版 鬼平犯科帳 (1) (文春文庫)

 

 

 

 

今日も雨

明日も雨

雨雨雨雨

昨日は久保くんのA代表デビュー

でもすっかり忘れていた

今朝テレビでハイライトを見た

久保くん上手だな

フィジカルもあの年齢にしては抜群だ

海外に行くみたいだがバルサやレアルはやめてね

プレミアも怪我が心配

イタリアかドイツあたりを経験してからビッククラブかな

でも試合に出られないのなら意味がないので

ちゃんと試合に出られるチーム

そしてちゃんと生かしてくれるポジションで起用してくれるチーム

これが大事

中田さんなんかそれで随分と苦労した

ボルトン時代なんか頭上をぽんぽんボールが飛び越える始末

まぁアラダイスだしな

わかりきってたと思うが最初の話はちと違ってたらしい

日本の宝

大事に大事に育てて欲しい

そして未だに思う

順調に成長した財前と中田のコンビをW杯でみたかったなと

U17の時にスタジアムで見たあの衝撃は忘れない

そして靭帯断裂しなかったレフティモンスターをみたかったなと

ピンクのポルシェで浮かれていない前園さんをみたかったなと

 

ドーフィネが始まった

メンバーがすごい

ほぼツールメンバーが勢ぞろい

でも昨日は放送開始ですでに残り38キロ

それでも2級山岳でアラフィリップが動いたために集団破壊

単純なスプリントにならなくて面白かった

そしてボアッソンハーゲンいたのね

今日もボアッソンハーゲン向きなコースです

 

ハンマーチェイスはまだ見ていない

見逃した前のレースもカオスみたいだったな

そして忘れないようにここに書いておく

なんと今年はJスポーツでフランス選手権を放送してくれる

これは楽しみだな

みんなドヤ顔してツールでフランスチャンピオンジャージ着て走りたいだろうし

どんなコースかは知らないが

6月30日午後10時から

忘れないようにメモメモ

 

 

 

 

「電子マネー」お賽銭のスマホ決済、最低100円からどうぞ

国民の意思とは反対にどんどん増える電子マネーなどのキャッシュレス時代

うちの近所のドラッグストアは突然ポイントカードをチャージ式に変更

現金決済の場合は自分で自動支払機で支払うスタイル

「使い方がわからない」などとお年寄りを中心に批判が殺到

あれだけ賑わっていた店内も一気に客が減った

今後どうするのか?

現金派の俺も困惑している

俺は常に神仏に参拝するためにお賽銭用の1円玉を大量に必要としている

そのために現金で買い物をしたいのだ

しかしあらゆる店でチャージ式カードが普及

ガソリンスタンドでチャージ

ホムセンでチャージ

スーパーでチャージ

ドラッグストアでチャージ

それぞれ1000円単位でしかチャージできないために余分に先払いする状態

大した買い物もしていないのに財布から1000円札がものすごい勢いで減っていくのだ

スマホの中にはauからもらった1万円が入っているが大抵そのことを忘れているために未だに使う機会がない

やはり現金じゃないとお金を持っているという実感がないのである

 

そんなキャッシュレス時代

神社仏閣のお賽銭もスマホ決済がどんどん増えていく

外人観光客向けとは言いつつもスマホ決済の方がより多くのお賽銭をGETできる利点がある

愛宕神社のように1円単位で支払えるところもあるが

今回スマホ決済を導入した西国三十三所」の三番札所・粉河寺は本堂前にQRコードを設置するタイプ

それぞれ100円、300円、500円、1000円の4種類

支払いはアプリ起動後にQRコードにかざすだけと簡単ではあるが

最低が100円からとなる

俺の場合は一つのお寺でもあらゆるお堂にお賽銭を入れるために常に1円づつしか入れない

少し大きめのお寺だと10箇所以上お賽銭を入れる

京都に行く時など1円玉を100枚ぐらい用意するが足りないぐらいだ

もしこれを100円ずつ支払ったら・・・

確実に俺はお賽銭で人生を破綻することとなるだろう

そして一般的に一番お賽銭で使われるのが5円

これはただの語呂合わせなんで意味はないのだが

5円玉は一番人気だ

そしてそもそもお賽銭など入れなくても気持ちがあればいいのである

そして本来、米や野菜などでもOKなはず

家庭菜園でとれた野菜を収める

そんなお寺も以前はあったが

最近は少ないだろうな

仏教も汚れすぎた

 

後はお賽銭箱に投げ入れるという行為事態にお祓い効果があるという説もあるそうだが

「どうなんだろうな?」

初詣などでみんな遠くからお賽銭を投げ入れるために勢いよく投げる人が多いが

本来お賽銭はなるべく静かにそっと賽銭箱にいれるものである

この辺りも様々なこじつけだろうな

そもそも昔はお金でなく物で奉納していただろうし

神様的にはその方が嬉しい

仏様的にはどうでもいいかな

あの人たちは悟りを開いたか開こうとしてる段階だからな

お金だろうが米だろうが酒だろうがいらないだろうな

それぞれお寺神社を運営する人たちは現金万歳

尾崎も歌ったように「金がすべてじゃない」なんて綺麗には言えないのだ

 

しかし時代は令和

若者を中心にキャッシュレス化は加速する

便利さをアピールする政府の本心は国民の金を全て把握したいだけである

それでも世界的な流れに逆らうことはできないだろう

今のスマホが使えない世代が六道のどこかで生まれ変わると一気にキャッシュレス世界

小銭が欲しくても手に入らない状況へと陥る

画面の中の数字だけが増えたり減ったり

世の中お金の使いすぎで破産する人間が続出することだろう

 

しかしこの電子お賽銭には神社なども困惑してるところが多いそうで

やはり抵抗があるみたいである

この辺りまだ宗教家としての良心が残っているのだろう

お賽銭を賽銭箱に入れるという行為もなかなか良いものではあるしな

ただあまりにも数が多いと大変なのも事実だ

ご本尊の阿弥陀如来

あっちには十一面

今度はお地蔵さん

こっちには大黒さん

あの池には弁天さん

聖徳太子も祀られてるよ

うわぁ宇賀神だ

烏枢沙摩明王深沙大将

お大師様こんにちわ

山寺でないのに役行者か珍しいな

定番なお不動さん

凛々しい毘沙門天

なんだかんだで大日如来に釈迦如来

などとお寺の場合はそこらじゅうお賽銭だらけなのである

これらを全て電子決済も手間がかかる

将来的には本堂前で全ての決済ができるのかもしれないな

本堂のみ100円

全ての仏様セット1000円

プラス御朱印セット 1300円とか

まとめて支払えばお好きなお守り一個プレゼントとかあるかもしれない

いっその事ポイントカードもつけてしまえ

100回参拝すればお賽銭100円サービスとか

仁和寺とかミニ四国八十八ヶ所巡りができるお寺が各地にあるが

お遍路セット8800円とか取られたりする時代が来るのかもしれない

「ペイペイ」

あっとう間に消えるお金

本当に恐ろしい

 

 

 

ハンマーシリーズも最終日のハンマーチェイス

風が強そうなのでカオスが期待できそうだ

しかし同時にツールの前哨戦ドーフィネも始まる

「もう大変だな」

本も読みたいが秋まで無理かな

そして今日も雨

明日も雨かな

先日のテレビニュース

たまにはマスコミも良い報道をするもんだ

割烹を名乗り1万円近いコース料理を出す店でもろくに修行していない素人料理長が切り盛りしてる可能性とか

やはり個人店はピンからキリまであるので見極めが重要だ

その点ミシュランに掲載されてる店は少なくともちゃんと修行した料理人の店なんで安心感はある

ただ美味いか不味いかは個人個人の好み

人それぞれである

ミシュランはあくまで調査員好みの店でしかないのだ

ネットの口コミサイトは身内投稿があるので絶賛コメントは信用しない方が良い

これはアマゾンも同じ

アマゾンの場合は正しくない使い方をして文句垂れてる人も多い

あれはさすがにメーカーや店がかわいそうだ

口コミもやめちゃった方が良いような気がするな

雑誌などもお金を払って取材してもらう場合があると聞く

飲食ではないが昔うちにも取材の申し込みが来ていた

ある人の紹介とかで誰もが知る某世界チャンピオンと対談してほしいと

うちの親父は「酒飲んで寝とった方が良い」と言う理由で断った

そして「お前行って来い」と俺に言ってきたがせっかくの休日をそんなことに使いたくないので俺も行かなかったことを思い出す

どっちみちほとんど宣伝効果はない

そして今のようなネット時代では逆にマイナス効果の方が大きいかもしれない

と、先日のとあるニュースで思ったのだった

 

 

 

 

「知らないおじさんは皆不審者」公園のベンチに座るだけでも通報される危険性

「見かけない人が公園にいます」

「なにやらスマホをいじってるので盗撮かも・・・」

毎日のように公園に集う主婦たちの通報により警察は駆けつけた

公園のベンチに座ってたおじさんは単に休憩中

駆けつけた警察と激しく口論

そりゃそうだ

なに一つ法は犯していない

スマホをいじってたから盗撮魔ならほとんどの大人は盗撮魔になる

こんな事件が日本のある場所で発生したという

ただ単に公園のベンチで休憩していたおじさん

その公園をテリトリーとする主婦たち

「知らないおじさん」

たったそれだけの事で犯罪者扱いされる時代がやってきたのである

もしこの時おじさんがスマホにネットで拾ったちょっとだけいやらしい画像が保管されてたりしたら・・・

逮捕され会社は解雇され離婚なんて事も十分にありえるのだ

まぁ男ならエロ画像の一つや二つDLしてしまう可能性は十分にある

あとはエロサイトの観覧履歴とかも危険かもしれない

とにかくスマホにエロの足跡を残さない事

全国のおじさんにとって大事な事になることだろう

 

確かに最近は通り魔的な不審者による事件が多い

事件を事前に防ぐには有効な手段かもしれない

しかしそれで一人の人生を壊してしまう可能性もある

電車の痴漢の冤罪と同じだろうな

見知らぬ土地の公園

外回りの人なら誰でも経験はあるだろう

ちょっと一服

ちょっとトイレ拝借

ベンチで弁当タイム

もしそこに子供を遊ばせてるママ友集団がいたら?

これからはもう気軽に立ち寄れなくなりそうだ

彼女たちにとって知らないおじさんは皆不審者なのである

 

 

そんな俺は以前道路を歩いていた時に通りかかった家の犬が急に吠えた

その時に庭にいたその犬の飼い主が俺に向かってこういった

「あなたどこから来たのですか?」

「警察に通報しますよ」

俺は最初何を言われているのかさっぱりわからなかった

俺は仕事の打ち合わせのために土地勘のない場所を訪れ人と待ち合わせてをしていた

常に30分前行動をする俺は待ち時間の間に缶コーヒーでもと思い自販機を探して歩いていたのだ

そしたらいきなり「通報します」だからな

ようやく事を理解した俺は相手に言った

自分は何者で何故この場所を歩いていたかを説明した上で

「通報したいのならどうぞ通報してくださいと」

ちょうどその時に待ち合わせていた人が到着

その人がその土地の有力者だったために相手は何も言えずに退散した

 

このようにいきなり「通報」は誰にでもあり得るのだ

まぁ不審者ぽく見られる俺が悪いのもあるのだろうが

俺は常に人から2度見される事が多いしな

そして俺のような自営業は自分が何者か証明する事も難しい

最初から疑ってかかってくる相手には何言っても「自称」としか捉えてもらえない

この頃からかな

趣味だった散歩写真を止めたのは

カメラ持ってるとリスクが大きすぎる

結局旅行時以外は引きこもり写真しか撮らなくなった

 

今は皆スマホや携帯などいつでも通報できる体制だ

それだけに簡単に通報されてしまう時代

そして毎日のように現れる不審者

俺たちおじさんは知らない子供には話しかけることすらできなくなった

子供達は防犯ブザーを持ち歩いている

もしいたずらで防犯ブザーを鳴らされたら?

とにかく子供には関わらないこと

これがおじさんには必要なのだ

日本はロリコンが多すぎる

しかし年相応に熟女好きだと公言することもできない

なんだかどんどん生き難い世の中になっていく

 

 

でも福山雅治西島秀俊みたいなおじさんなら通報されないんだろうな

ハゲてるだけで不審者感倍増だからな

かといってカツラをかぶればもっと怪しくなる

頭髪って大事だよな

 

 

きのうのハンマークライム

名前忘れたけどクイックステップの若手がすごい

確か19歳

若干19歳でヴァン・アーベルマートのケツを触れるやつはそうそういない

「おい、一緒に回っていこうぜ」的な感じでだ

そして最後まで逃げた

最後は単独で爆走だ

でも名前は忘れた

どうも最近人の名前が覚えられない

 

今日はハンマースプリント

まだ各チームどう戦うのか探りながらのレースのような気がする

見てる俺も頭が混乱する

NIPPOは完全に疲れている

ジロでの疲労が大きい

ただ完全チーム戦なのは面白い

やはりアシストも皆報われるべきである

 

毎年のことながら梅雨入り宣言をすると天気になる

今日は風が強い

そしてイネ科の花粉が飛んでいる

どうも昨日から調子が悪い

パクチーの匂いすらわからない状態だ

明日は晴れるのか?

自転車で走れるのか?

走りたい

でも公園での休憩は危険

ヘルメットにサングラス

完全に通報されることだろう

トイレに行こうとする俺

しかしトイレの前には女性が小さな女の子を連れて佇んでいる

 

「公園に短パン姿でヘルメットとサングラスをした見知らぬおじさんがいます」

「あっ、今手袋を外しました」

「こっちに歩いてきます」

背中のポケットに手袋をしまう俺

「何やら背中に手を伸ばして・・・」

「キャァああああああああ」

 

どう考えても誤解されることだろう

 

 

 

令和初の梅雨入り

「梅雨入りしたとみられる」

今年も気象庁が言い放った

令和初となる梅雨入り宣言である

それにしても昨日までの猛暑はどこへ?

俺が住む地域でも今日は朝から雨である

朝から結構な量の雨が降っている

俺のアップルウォツチが朝からブルブルと震えぱなし

「非常に強い雨雲が接近中」

言われなくてもわかっている

朝からずっと接近中だ

梅雨入り直後から各地で激しい雨が

そして去年同様思い出す

「激しい雨が」

いっその事俺の心の闇を全て洗い流して欲しい

去年植えた庭の紫陽花はもう少しで花を咲かせそうだ

ベランダのサボテンは昨夜取り込んでおいた

今日は雨が激しすぎてベランダには出られない

そして俺の頭も相変わらずハゲている

こんな日は静かに家にこもって仕事をする

雨の日は請求書作成日和でもある

湿度はまだたいした事は無い

部屋の中では朝から無印のサーキュレーターが無音で運転中

あまりの静かさに外出時に消し忘れてしまうのもまたご愛嬌

いい加減タイマーぐらい付けたらどうだ?

でもタイマーが付いたら付いたで1000円ぐらい上乗せしそうだな

その数年後に首振り機能を搭載で3000円の値上げ

その頃山善やアイリスオオヤマはさらなる進化を遂げてる事だろう

ダイソンみたいにスマホから操作できるとありがたい

仕事中に突然思う

「植物共に風を浴びせないと」

俺はスマホを取り出しダイソンの扇風機を操作する事もしばしばシバコフ

ジロは終わった

今は束の間の休息日

7月になればツールも始まる

いつもと変わらない日常

寝不足の日々

今年のマイヨジョーヌは誰の手に?

ジロはまさかのカラパス

エクアドル歓喜

ただ展開的に何も起こせなかったライバルたち

モビスタとアスタナが強すぎた

そこに続くバーレーン

なんだかんだでチーム競技である

しかし表彰台に立つのは個人である

歴史に名を残すのも個人

そこに様々な人間ドラマが生まれるのだ

超級山岳でマイヨジョーヌを着て遅れるエース

逃げに乗り先行している若手のアシスト

今日はやたらと調子がいい

チームから無線が入る

遅れたエースを助けに降りて来いと

自分のステージ優勝目前でも遅れたエースのために優勝を諦めなければならないのが若手の掟

これもチームプレーだからだ

しかしそこでまた無線が入る

今度は監督からでは無い

チームのエースからだ

「お、俺の事はどうでもいい・・・お前はまだ若い。お前は自分のチャンスをつかめ!」

「さぁ行け!」

「絶対に勝って来い」と

そしてアシストの彼は見事にステージ優勝

そんな漫画や小説みたいな事が実際に起きてしまうのがツール・ド・フランス

しかしツールの前には毎年梅雨がある

そもそも梅雨の期間中にツールは始まる

なんせ三週間の長い長いレース

日本ではちょうど梅雨と重なるのだ

放送はBSのJスポーツ

雨にはちと弱い

「どうかツール放送中に豪雨になりませんように」

毎年祈るしか無いのだ

ツールの前には出場選手をセレクションするために重要なレースが二つある

ツール・ド・スイスクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ

6月9日からドーフィネは始まる

これもまたJスポーツ

スイスはダゾーン

ダゾーンは先ほど契約解除した

6月23日までは見れるそうだ

最終日が23日

でもおそらくゴールは日本時間で24日

多分ゴール直前で視聴できなくなりそうだ

果たして新城はスイスに出られるのか?

その先にツールはあるのか?

 

知らない間にハンマーシリーズが開催されてた

再放送チェックしないとな

と思ったら今日もハンマーシリーズじゃ無いか!!

「危ない危ない」

すっかり梅雨に浮かれて忘れていた俺である

しかし今日は豪雨

夕方から小雨になる予報だが

なんとか持ってくれ天気予報

いつもバカにしてごめんなさい気象庁

よろしくお願いします

 

そうかもう6月なんだな

なんかまだ5月気分が抜けていない俺である

そんな俺はついに部屋に掛け時計を導入

ここ数年迷い続けていたのだが

ようやく決断

 

Lemnos 日比谷の時計 WR12-03

Lemnos 日比谷の時計 WR12-03

 

 日比谷の時計

実際に日比谷の交差点にある時計である

デザインは渡辺力

この時計は渡辺氏の代表作の復刻版なのだ

大アルミと小スチール

2種類あるが

俺が購入したのはアルミ枠の大きいやつ

秒針は無い

まぁ秒針は飾りだ

掛け時計は大体の時間さえわかればいい

そして現代においてはインテリア的な要素が大きい

こんなざっくりした文字盤なんで当然時間はピッタリ合わせられない

こんな時は3分早めにしておく

早め早めのパブロンの法則

先日届いた

今日暇があったので壁にビスを揉み込み早速掛けてみた

「最高だ」

「やはり正解だった」

探し求めていたのは白くてシンプルな時計

いくつか候補はあったがどれもいまひとつ決められずにいた

危うく鳩時計を買おうかと血迷ったこともあった

しかし俺は常に一目惚れの感覚を信じる

最初のインスピレーション

「これいい」と思ったら決めるしか無いのだ

このデザインは素晴らしい

やはり良いものは良い

デザインとはこいうものなんだよ

 

 

今俺は無性に下に小さなスチールの時計も設置したくなっている

さてどうするか?

また一稼ぎしないとな

その前にハンマーシリーズだな