鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

ファミレスなどの「おひとり様席」拡充

いつからだろうすっかり1人飯が定着してきた

孤独のグルメなんかの影響もあるのかな?

俺自身も昔から1人飯なことが多い

理由は自分が好きなものが食べられるから

いちいち人に合わすのもめんどくさい

そして揉めるきっかけにもなる

若い頃など10人ぐらいでいつも遊んでたので当然食べるものも別れる

なので3班ぐらいに別れて飯を食べては再集合したりしていた

流石に10人もいると店は決まらない

そして全員が入れる店も限られてくる

人間腹が減るとイライラするし

無駄な争いが勃発するのだ

 

近年ではどうやら「おひとり様席」というものがあるらしい

俺は一度も利用したことがないが写真などでみると隣との仕切りの衝立が付いている

これにより両隣から完全隔離されて一人飯が堪能できる仕組みなのだろう

ガストなどでは今まで5席だった一人席を20席に大幅拡張するという

しかもスマホなどの充電用コンセントも完備と至りつくせりだな

逃走犯なんかも周りから顔を見られることなく食事ができるのだ

 

一気に20席か

それだけ需要があるんだろうな

でも俺はあのタイプのおひとり様席は嫌だな

まず閉塞感が嫌だ

なんで周りから隔離されて飯を食べなくてはならないのか?

ただでさえいまいちな料理が余計に不味くなる

それなら公園でパンでもかじってた方がいい

あとは衝立

壁に面したカウンターなんかでもそうだが

得体のしれない汁が飛んでいるのだ

店の掃除にもよるのだろうが

基本的にチェーン店系は汚い場合が多いしな

そして合板などの素材ならまだ雑巾で拭けば綺麗になるのだろうが

クロス張りだとシミが落ちないのだ

あれはもう完全に設計ミスなんだがな

せめて一定の高さまでふきとれる素材の板を貼るべきである

名駅の地下街にある瀬戸焼きそばの店

昔はよく食べに言っていたのだが

行くたびに増える目の前のクロスの得体の知れないシミに嫌気がさして行かなくなった俺である

あれは食欲をなくす

テイクアウトして公園で食べた方がいいのだが

ゴミを捨てるゴミ箱がなかったりして困るのだ

 

 

でもみんなおひとり様席が大好きみたいだな

ガスト以外でもどんどん増えているそうだ

除菌スプレー持参して衝立を拭き取ればまだマシかな?

でも明らかに変な奴として認識されるだろうな

 

 

昨日の京都人の密かな愉しみ Blue 修行中

祇園さんの来はる夏」

やはり1年空いたのはタエさんの死だったんだな

重要な役だったし

はまり役だけに代役も難しかったのかな?

結果としてそのまま亡くなられた設定でドラマは始まった

ここで脚本も変更されたのだろう

なんか強引な設定が増えていた

タエさんと美山清兵衛が知り合いとか

幸太郎のかぁちゃんと萩坂のおかみさんが知り合いとか

あとは陶芸家見習いの宮坂釉子役の子が結婚出産で降板

代わりに吉岡里帆が釉子役となったが

どうもまだ違和感が拭えない

この先慣れて行くのだろうが

「お前誰や」感が出てたな

個人的に前任の子が好きだったので残念ではある

あの癖のある羊山との絡みがよかったのに

 

祇園祭のドキュメンタリーとしては流石NHKよくできている

こう言ったドラマはNHKしか作れない

民法ならすぐにジャニーズを使って台無しにしてしまうからな

あと不自然なのはいくら祇園祭効果だとはいえ

高校時代から一緒にいた仲間を好きになるかということ?

今までそんな雰囲気微塵もなかったのに

突然葉菜が鋭二に惚れたり

釉子も一緒に働いてる先輩陶芸家に惚れたり

しかも相手が既婚者で子供もいることすら知らないなんて

なんか無理ヤリ感が強かったが

それでもまぁドラマは面白い

今後、葉菜と鋭二の恋物語なしでお願いしたい

安易に恋愛に走るとドラマは安っぽくなる

やはりタイトル通り修行中

とにかく頑張る若者の姿が見たいのだ

恋にうつつを抜かすなんて

1200年早いのだ

 

 

あとラストの赤い浴衣の女の子は森見登美彦氏のパクリかな?

登場した時点で「最後消えるな」ってわかったからな

なんか今回は脚本家違うのかな?

それぐらい違和感がある

まぁ次に期待

 

 

靖国神社で人間魚雷「回天」キューピー販売

靖国神社

戦争で亡くなった軍人さんを祀る神社である

木村伊兵衛さんが撮影した鳥居の前で深々とお辞儀する人の写真が印象的だ

その靖国神社でキューピーちゃんが発売されている

いわゆるご当地キューピーというやつで全国各地お土産でも人気だ

しかしここで問題となるのが靖国神社で発売されてるご当地キューピーがあの人間魚雷「回天」なのだ

実際に商品の写真を見てみると実に可愛い

しかし魚雷の部分にはちゃんと回天の文字が入っている

多分この商品は売れる

しかし果たしてこれがモラル的に許されるのか?

あいちトリエンナーレと同じような問題だろうな

人間魚雷「回天」といえば魚雷の中に人間が入り人間ごと相手に特攻して爆発する兵器

まぁ生きて帰ってこれないであろう特攻兵器である

それをこんな風に商品化して戦没軍人を祀る神社で販売

一体誰が企画して誰が許可を出したのか?

単にお金儲けができれば良いのか?

コレクターからしたら喉から手が出るぐらい欲しいほどオリジナリティあるし

確かに売れるんだろうが・・・

ちなみに俺は昔浅草の浅草寺の参道で刺青キューピーを買ったことがある

今も売ってるのかな?

あれも完全に反社の人がモデルだし

今だと色々言われそうだよな

 

靖国神社

有名な神社だが正直なところ詳しいことは知らない

毎年政治家の参拝が議論を醸している

どうやら軍人さんが祭神になってるんだな

やはりかなり特殊な神社

適当なコメントは書くべきではないのかもしれないな

俺にはよくわからない

 

 

東京五輪のパラトライアスロンだかで競技が中止になった

大腸菌が基準値の2倍らしい

やはりウンコまみれ

先日の台風の影響かな?

運営も最後は神頼みみたいなこと言ってるからこうなる

選手たちの晴れ舞台をなんと思ってるのか?

だいたい会場専攻の時点で水質に関して言われてたのにな

誰かがごり押ししたんだろうな

みんなが逆らえない誰かが

本当どうするんだろう?

幕で囲って大腸菌が基準値以内でもかなり臭いと言われてるのに

まずは関係者が泳いでみるべきだな

その後でお台場の水で水出しコーヒーを俺が作ってやるから飲んでみれば良い

 

 

水出しコーヒー

とは言っても俺のはハリオの簡易的なやつだが

最近はまっている

様々なコーヒー豆で入れてみると実に興味深い

定番の深煎りコーヒーでも挽き方を変えて見たり

浅煎りや中煎り豆で作ってみるのも面白い

ガムシロや氷を入れて飲むのなら深煎り中細挽きなんだろうが

正直ブラックで飲むには苦味が強いかな

まるでスタバのコーヒーを美味しくした感じである

同じアイスブレンドでも粗挽きにすることで随分と飲みやすくなる

毎日毎日色々試してみるが

余った豆ブレンドが一番うまかったり

でも豆の分量をメモしてなかったり

やはりコーヒーはデータが大事だな

感だけでは再現できない

 

 

 

お盆が終わった途端仕事の電話が一斉に入る

この様子では今月は日曜日以外休めそうにない

その日曜日も全部は休めないかもしれないな

なのでいつもの場所には行けそうにない

まぁ暑いのでゆっくり休んでてください

って誰に向かって書いてるのか?

業務連絡みたいなものだな

 

でもこれだけ毎日毎日自転車で走ってると体が随分と軽くなる

なんか自分が若返った気分だ

やはり月に1回か2回走る程度では走り込みが足らないってことなんだろうな

毎日走らないと

でも仕事してたら走れない

大富豪になりたいな

働かなくても毎日自転車で走れる生活

アメリカの某大富豪の逮捕、死をきっかけに欧米では大騒ぎだが

日本では全く報道されないということからも事の重大性がよくわかる

噂されてる内容は小説だとしてもドン引きするような内容

そして全て辻褄が合う過去の事件

まるで伊坂幸太郎の小説の後半みたいに全部繋がるのだ

何が本当で何が嘘なのかは今の時点ではわからない

でもとても興味深い話である

 

 

 

 

東京五輪ボランティア「暑さは自己管理」待機時間には士気を高める取り組みを

台風が通り過ぎ再び暑くなった日本列島

来年は東京五輪である

とにかく暑い、臭い

馬術の馬も走れないほどの高温だ

海水温も競技できるかどうかギリギリのレベル

そこにきて下水が流れ込む東京湾

選手にとっては夢の舞台だけに出場辞退するわけにもいかない

 

以前にも書いたが選手と観客だけでなくボランティアも大変だ

外での競技が軒並み早朝スタートとなるためにボランティアは終電で会場入りしなければならない

当然宿泊するホテルはない

あっても値段が高騰

最早エリート階級しか宿泊できない状態だ

そんな中でどうやって朝まで過ごすのか?

どうやらボランティア委員会の人が待機時間に士気を高める取り組みをしてくれるそうだ

詳しい内容については分からないが

まぁとにかく軍隊みたいに一致団結するような取り組み何だろうな

それを深夜から朝までやるって事か

正直「眠らせてやれ」と思うが

眠る場所すらないのだろう

どこかの空き地にテント設営しところで暑いし蚊に刺されるし

まともには寝れないだろうな

そこで交流会や士気を高める何かで暇つぶしって事みたいだ

みんなで焚き火を囲って誰かがギター弾きながら人生論とか語るのかな?

そうやって寝不足状態で朝まで過ごして

いよいよ五輪の試合スタートだ

普通の人には耐えきれない猛暑の中を寝不足で乗り切らなければならない

水と塩飴を配布するとか言われてたが

それではダメだとの意見も

塩飴は気休め程度にしかならない

あれで塩分取った気になってると死ぬ

塩飴より塩分が含まれてると思われる塩タブレットですら

袋に書いてあるが水100ミリリットルに対して1個である

正直塩持参して舐めたほうが良いレベルだ

 

暑さ対策に関して運営側は基本的に「自己管理」だとしている

一日中外にいるとなると結構な水分量も必要となるしな

水分ぐらいは飲み放題になるとは思うが

異常とも言える日本猛暑

必要な水分を補給できるだけの強靭な胃腸が必要となる

あまり冷たいものを飲みすぎると直ぐに胃腸をやられる

吐き気がして水を受け付けなくなる

そして腸がやられればトイレに駆け込む回数も増える

さらに出すもの出せば体の水分も失われる

室内のトイレならまだマシだが外に設置してある仮設トイレなら使用中に熱中症でたおれる危険もある

臭いと暑さで1分も持たないだろうな

そうならないために普段から鍛えておかないと厳しい

水分補給なんかは喉が乾く前に飲むのが基本

これは時間で管理すると良い

15分ごとに一口でも二口でも良いから飲む癖を普段から付けて置くことが大事だ

大抵の人はこれができない

水分だけではダメなので大量の塩分も必要だ

昔ながらのしょっぱい梅干を常に携帯すると安心することだろう

でも最近のスーパーは塩分10パー以下の軟弱梅干しか置いてない

しかもハチミツで甘くするとかバカなことをする

近年の梅干離れはこの甘さが原因だと言うこと

作る側も販売する側も気づかない

本物梅干があるだけでも熱中症対策にはかなり有効なんだが

あとは味噌汁だな

味噌汁飲んで梅干食べて

15分ごと水を飲む

たまにスポーツドリンク飲む

でもあくまで一気飲みでなく少しづつ

このような自己管理

多分できないだろうな

ボランティアの作業に追われてできないだろうな

そして倒れる

高価なサイクルコンピュータなんかだと運動中に水分補給の目安が表示されたりするが

そのようなアプリも開発してやれば良いのに

補給のタイミングと量を知らせてやるようなアプリが必要だ

今更そんな予算も時間もないだろうがな

エアコンの中で快適に過ごす人たちはそこまで気が回らない

そして現場では皆倒れる

 

自ら志願した人ならまだ対策万全だろう

でも聞くところによるとスポンサー関係の会社から無理やりボランティアに駆り出される人もいるそうで

こういった人たちは本当に気をつけないと危ない

普段からエアコン生活してると本当に危険だ

本来なら数年かけて徐々に暑さに体を慣らして行くべきだが

そんな時間も根性もないだろうな

どうするんだろう?

30度程度でヒーヒー言ってる人は倒れるよ

 

まぁ自己管理お願いしてるだけにどうなろうと知ったこっちゃ無いんだろうな

会社から行かされる人は有給を使って参加する可能性もある

その場合労災とか適用されるのだろうか?

 

 

 

今日で今年もお盆が終わる

13日から限定的に日本の人口は目に見えない人たちで増えていたはずである

あらゆる時代に生きた人たちが皆帰郷

そして再び旅立つのだ

送り火

京都の「五山の送り火」が有名だが毎年 NHKで中継してくれる

俺も中継を見ながら自宅でも送り火を焚いて「また来年」と見送ってやるのだ

それなのに世間では今日から仕事の人も多い

俺も先ほど取引先から呼び出されて打ち合わせだけ済ませてきた

俺自身は今日は休みなのに

暑いんだからみんな休めば良いのにな

そんなに働いても年金もらえないんだから

 

 

明日はいよいよ待ちに待ったドラマの続編が

www4.nhk.or.jp

 

今回は祇園祭みたいだな

そうなると合わせて一緒に読みたい本がこれ

 

宵山万華鏡 (集英社文庫)

宵山万華鏡 (集英社文庫)

 

 ちょっと不思議でちょっと怖い

内田百間的な小説である

 

 

昨日からノルウェーでのレースも始まった

やはり主役は規格外のマチュー

なんかサガンが出てきたと以上の衝撃だな

将来どんな選手になるのか楽しみで仕方がない

レースは単調だがとにかくノルウェーの景色が綺麗

そして最後はマチュー祭り

栗村氏曰く「マチュリ」

沿道の観客は皆生のサーモンを持って応援

これもまたノルウェースタイル

とにかくみんな生のサーモンを一匹持ち歩いている

すごい国だな

やたらとサーモンが食べたくなる

 

 

 

 

例のBMW煽り運転に国家公安委員長が「言語道断!」

国家公安委員長がご立腹だ

それもそのはず

常磐道で起きたとても危険な煽り運転

しかも暴力まで振るわれている

無理やり停止させられた場所が場所だけに死の危険性もある行為である

しかも犯人は他にも余罪が多数

ただいま茨城、静岡、愛知の3県警が捜査中だと言う

これを受けて閣議後の会見で国家公安委員長が「言語道断」「あらゆる刑罰法令を駆使し、抑止に努める」とコメント

これでもう逃げられないな

国も本気を出してきた

 

問題の車は神奈川県のディラーで代車として貸し出されたもの

確か900万円ぐらいする高級車

先月の21日に逃走中の男がディラーへ修理に訪れた際に3日間の約束で車を貸し出したそうだ

しかし3日立っても車は帰ってこない

しかも貸し出した男と連絡まで取れない始末

そして今回の事件である

事件後11日になって突然代理人が車を返しにきたそうだが

未だに犯人逮捕には至ってない

 

あれだけ煽り運転の危険性が報道されているのに一向になくならない

結局運転中は理性がぶっ飛んで本能の部分が出てきてしまうんだろうな

俺自身も後続車に煽られることはほぼ毎日である

報道されるような酷い煽られ方では無いが明らかに車間を詰めらる

これは俺の家の横の道が30キロ制限だからだ

人生において無駄なリスクを負いたく無い俺は常に安全運転

そのために制限速度をきっちり守るのである

うちの横の道は30キロ制限ではあるが周辺に田畑が広がる道だ

そのためにだいたい60キロは出す人が多いのだ

そんな中で俺だけが30キロ厳守するものだから後ろにぴったり張り付かれるのだ

慌ただしい通勤時にイライラするんだろうな

俺なんか常に30分前の30分前行動

つまり一時間前に行動するタイプなんで余裕を持って安全運転

結果それが他のドライバーをいらつかせるのだ

「早く走れよハゲ」

こんな風に思われてるんだろうな

若かりし頃に俺がC3に乗ってた時はみんな向こうから積極的に避けたものだが

乗ってる車でも煽られる度合いは変わるのである

 

人生で1度だけ煽られて被せられて停止さられたことがある

確か19歳の頃

近所のコンビニからの帰り道だ

後続の車が俺の車を煽り前に出て停車

俺も急ブレーキ踏んで停車

若気の至りでカッとなり車から飛び出す

相手も飛び出してくる

そこでご対面

中学時代の同級生だった

しかも中学時代はよく一緒に遊んだ仲である

「なんだ〇〇か」

「なんだじゃ無いだろ」

「悪りぃ悪りぃ」

「うちの縄張りを生意気な車が走ってたから締めてやろうと思ってな」

「俺がどこ走ろうが勝手だろ」

あの当時はそんな時代だった

自分より目立つ車は許せないと言う風潮

彼もその当時は暴走族のリーダーとしての立場上、俺を煽らなければならなかったそうだ

そんな理不尽な理由でも煽り運転は行われるのである

 

俺の場合は一般道なんでそれほど危険はなかったが

これが高速だと本当に死んじゃうからな

絶対にやってはいけない行為

しかし同じような行為は後をたたない

今回は国家公安委員長も「あらゆる刑罰を駆使」と言ってるが

結局は法の限界で行為の悪質性に見合った罰は与えられないのかもしれない

そして犯人が逮捕されたとしてもまた同じことを繰り返すのだろう

もはや人間性の問題

運転適性が無いとわかっていても永久的に免許を剥奪することはできないだろう

この辺り厳罰化できるようになると安心して車の運転ができるようになるのだが

公道を走る全ての車が完全自動運転化は俺が生きてるうちは無理だろうしな

高齢者ドライバーもどんどん増えていくし

地方など時速20キロ以下で蛇行しながら走る高齢者もたまに遭遇する

こうなると車の運転はリスクでしかない

できる限り運転はしないほうが良いのだ

 

 

台風10号

あんなに離れてるのにうちの方も午前中から暴風域

何事もなければ良いが

正直風は吹かなくて良いので雨だけ降ってほしい

昨日の夜は雨の予報だったのでベランダの植物に水をやらなかったのだが

やらなければやらないで雨は降らないもので

困ったものである

今日は朝から家でダラダラ

なんか一気に疲れが出てきた感じがする

それでも自転車で走れないのは寂しい

俺も50歳手前

いつまで走れるのか?

1日1日が貴重なのである

動体視力はかなり低下した

昨日も後輪で石を踏んでしまい

ものすごい勢いでガードレールに飛んでいく石ころ

たまたま誰もいなかったので良かったが

あれも自転車に乗ってると危険なのである

そして帰宅後鏡を見るとサングラスの形に日焼けした顔が・・・

顔に日焼け止め塗るのを忘れると大惨事である

 

今日はノルウェーのレースがある

ちょうど台風の影響が強くなる頃だ

BS映るかな?

生は無理かもしれんな

 

 

 

暑い、臭い、東京五輪のテストマッチ

東京五輪まであと1年ほど

本番に向けて各種目のテストマッチが行われている

運営側の練習や問題点の改善などが目的だと思われる

 

しかしここ数年日本の暑さは異常である

35度が当たり前のようになってきた

さすがにこの暑さではみんな大変だろう

選手も観客も運営も

自宅でテレビ観戦してる人ですら熱中症になる危険があるぐらいだ

これはもうどうしようもない

ほとんどの人は熱中症対策がきちんとできてない

あまりマスコミの情報を真に受けるのも危険だ

それぞれ生活する環境が違うため対策も人それぞれ変わってくる

自分の体は自分だけがわかるのだ

 

各種目のテストマッチ男子ロードはネット中継を見ていた

中継はかなり下手くそ

本番もあれだと残念だな

コース的には相当厳しいコース

ロードの選手は基本的にMだし

かなり我慢強いからな

それに自転車で山を走ってれば意外と涼しい

補給体制も万全だし

ロードに関しては暑さはさほど問題じゃないかもしれない

ブエルタ40度と同じぐらいかな

体感したことないが

 

問題なのはマラソン競歩

コースは白く塗られ反射熱と光が選手を襲う

レース開始時間を早めるそうだが

正直朝の7時にはゴールするつもりでスタートした方が良いんじゃないかな?

そうなると5時前か

まぁそのぐらいだろうな

老人とか朝の5時から散歩してるし

ちょうど良いと思う

 

ラソンはまだレース時間が短いが

競歩は長い

正確なレース時間は知らないが長そうなイメージ

実際にテストレースを走った選手からもコース変更や時間変更の要請が出ていたみたいだ

朝10時だと結構路面温度も上がるしな

俺はお盆休み毎日自転車で50キロ〜60キロ程度走ってるが

俺が8時半ごろに山の麓で走り終えて帰っていく人たちとすれ違う

みんな朝6時ごろから朝の9時10時まで走るんだろうな

これが午後になるとチンチコチン

そこらじゅうチンチコチンだ

 

あとはボートだったかな?

競技場のスタンドに屋根がないとかで観客から「暑すぎて無理」と言われてた

普段部活で暑さには慣れてるけど無理だと言ってたな

まぁ暑いだろう

本来動物や植物はそれぞれの環境に合わせて進化するもの

それを人間は文明の力で無理やり止めてるからな

自分で自分の首を絞めてる状態

地球温暖化ならそれに合わせて進化させなければいけない

去年の猛暑のおかげで俺の体も1段階進化した

今年は35度でも平気なのだ

今までは35度超えると「ちょっと暑いな」と感じてたが

今では35度だとなんか物足りない

室温が33度になると窓を閉めて汗をダラダラかきたくなる

みんながみんな俺の真似をするのは危険だろうが

徐々に慣らしていけば夏バテとは無縁な生活が送れる

ただしエアコンには極度に弱くなるデメリットもあるが

まずは自分の限界を知ること

「これやばいかな?」

昭和的なスパルタ

仕事中に「暑い」と言うだけで怒鳴られ水は飲ませてもらえず吐きまくる

現代だと相当問題になるだろうが

自分の親父に逆らえないので仕方がない

「死んだ時は死んだ時だ」

人間死んだ後の方が重要だしな

その結果どんだけ暑くても仕事できる体に成長した

今はそれで随分と確かっている

昭和的なスパルタも悪くはないが常に死と紙一重である

 

 

臭い問題

これは水泳か

確かオープンウォータースイミングとか言う競技

東京のお台場で行われた

普段から水が汚く

「顔に水をつけることも禁止らしい」

過去の大会ではレース後にお腹が痛くなったとか

アスリートは薬の制限もあるし大変だろうな

「これ食べたらヤバイかな?」と言う時には梅肉エキスがお守りとなるが

梅肉エキスってドーピングに引っかかるらしいしな

東京湾は下水が垂れ流しだと言う

大雨が降った時など通常の下水処理が追いつかずに汚水を海に垂れ流すとか

そのために水泳会場には菌がうようよ

コース内はポリエステルの幕で覆いできる限り大腸菌などから隔離したそうだが

それでも選手からは

「正直臭いです。トイレのような臭さ……」と

よほど臭いのだろう

まぁ完璧にするのは無理だろうし

そして本番時も幕で覆うそうだが台風など大雨の場合は菌が入り込む可能性高し

あとは天に祈るだけだと言うが

普段から氏神様をないがしろにする奴らに天は味方しない

つまり当日は台風直撃だろうな

もはや日本人は神様への感謝すら忘れてしまった

一時的に下水を貯蔵する施設も建設中らしい

それでもダメだろうな

神を怒らせると怖いのだ

でもお台場って埋立地

埋め立ててからどこかに神社作ってるとは思うが

フジテレビとかちゃんとお世話してるのかな?

 

 

さて台風がやって来る

近畿がヤバそうだ

明日は甲子園も中止で新幹線も本数を減らすそうだ

俺も台風が来る前にと毎日毎日自転車で走り込んだ

今日も朝から走りに出かけたが山では雨が降り出していた

そのため全開で麓まで降りてきたが

やはり川を越えると天気はガラッと変わるのだ

今は風がありとても涼しい

涼しすぎて水分補給を怠ってしまう

しかし毎日ある程度の距離を走れればそこそこ足が戻って来る

今日は50キロ走り

信号一時停止厳守の安全運転で平均24キロだったし

やはり夏は絶好調な俺である

基本的にツールの3週目にピークが来るように調整

今年は梅雨が長引いたので走り込みが足らずにちょうど今絶好調なんだろうな

体脂肪は目標の15パーまでは落とせなかったが

なんとか17パーまでは落とせた

これでようやく標準値か

50年近く生きてると体脂肪はなかなか減らない

 

 

仏壇の前には全国有名店の各種スイーツが山積みだ

何から食べようか?

これもまたお盆の贅沢な楽しみ

罪悪感なく食べられるように走らないと

でも明日から雨

しばらくは無理か

 

 

 

大名古屋「浪花ろばた八角」油淋鶏定食850円

いよいよ今年もお盆休みの始まりである

とは言っても浄土真宗の多い日本

仏教とはいえ浄土真宗にはお盆というものがない

なのでお盆休みというより夏休みと言う方が正しいのかもしれない

実際にお盆である13日から16日まで休むのでなく

カレンダー通りに休む会社が多いしな

あれは本当はだめだよな

お盆はお盆できっちり休むべきだと思う

せっかく故人が家に帰ってきてるのに

「おいおいお前ら俺をほっぽらかして仕事かよ!」となるからだ

当然お盆は宗教にも宗派にもよる

なのでお盆という観念がある宗派に関しては16日まで休ませるべきであると俺は思うのだ

そしてお盆は皆空っぽの墓へとお参りに行くのだ

 

昨日はお盆前の体のメンテ

最近暑くなってきたのでやたらと自転車で走りに行く

暑い時は自転車で走る

これが一番気持ち良い

やはり風を受けるとかなり涼しいのだ

それに暑さは俺にとってアドバンテージとなる

猛暑の時は若い奴らにもなんとかついていけるのだ

それでも前日はぶっちぎられた

平坦を時速35キロで走行中

すっと横に並ばれ爽やかにあいさつされて追い抜かれる

そのままあっという間にぶっちぎられた

おそらく5キロ以上スピードが違う

時速40キロか・・・

筋力が落ちたおっさんでは出せない巡行スピード域だ

俺はもうこれ以上回せない

 

そんなんで多少は無理をして体がガチガチでもある

専属マッサーの家までお出かけだ

エアコンが大嫌いな俺

真夏の外出は寒さ対策が重要となる

まずユニクロのエアリズムを着る

その上に速乾Tシャツ

さらにその上にユニクロUの500円開襟シャツを着込むのだ

最後の最後まで売れ残ってた開襟シャツ

値段も最終価格の500円

色はオレンジ

さすがにオレンジ色のシャツなんてオランダ人かバスク人しか着ない

俺は3枚重ねでバスに飛び乗った

バスの中はとにかく寒い

3枚着込んで着たが耐えきれないほど寒い

俺は激しく長袖にしなかったことを後悔した

そしてそっとエアコンの吹き出し口を明後日の方向へと向けたのだった

車内の寒さに震えながら今度は電車に飛び乗る

当然電車の中も寒い

やはり薄手のウインドブレーカーは必要だな

でも真夏に長袖を着ていると職務質問の対象になると元刑事の人が言っていた

正直普通の半袖を着るより高機能な長袖の方が涼しい

日焼けもしないし汗でベトベトになることもない

特に夏場は半袖で電車の窓枠に肌が触れたりするとちょっ不快だったりもするのだ

 

見知らぬおばさんが扇子で仰ぐ

強烈なまでの香水と体臭がミックスされた風が俺の鼻を襲う

窓を開けたい

でも窓は開かない

 

体メンテを終えて街へ繰り出す

みんな前日に移動したのか?

やたらと人が少ない

俺は名駅で降りてランチのため大名古屋へと向かった

いつにもまして2度見される

「おいおいあのおっさん500円の開襟シャツ着てるぜ」

「かわいそうに・・・」

「しかもオレンジだし・・・」

そんな哀れむような視線が突き刺さりながらも俺は3階を目指した

 

お盆休みの大名古屋は人が少ない

まぁいつだって人は少ないのだが

さすが大名古屋ビルヂングに入居する伊勢丹ハウスの価格帯は名古屋人には高すぎるのだろう

トヨタのビルに新装オープンした東京の2星レストランも名古屋店は大幅に価格を抑えたメニューになっていた

名古屋人は基本味噌をかけておけば満足するしな

適当に調理して最後に味噌をかける

これをやらないと3星だろうが叩かれることになるだろう

「味噌かかってねえし」

とにかく素材の味を味噌で殺すことが重要なので素材は安いので十分だ

その分価格も抑えられるのだろう

ひつまぶしなんかもあえて肉薄なペラペラうなぎを使用

甘く濃い目のタレでごまかし

さらに薬味で味を破壊し出汁でトドメを刺す

実によく考えられた調理法である

 

俺は3階へとたどり着いた

昼時だというのにどの店も暇だ

そして館内もエアコンで寒い

「タイムリミットは一時間だな」

おそらく一時間後には凍死してしまうだろう

そのぐらい俺は寒さを感じている

一分一秒を争う状況

迷った時の八角

俺はいつもの店を目指した

店内には客が1人いるだけでガラガラだ

俺はカウンターへと腰掛けて目の前の限定メニューを見る

どうやら今月は油淋鶏

「決まりだな」

暑ければ暑いほど食欲は増す

カロリーとか気にしてたら生きていけないのが真夏でもある

とにかく食べなければ

ガッツリと

俺は油淋鶏定食を注文した

 

f:id:sababou:20190812110030j:plain

油淋鶏定食 850円

いつものようボリューム満点

野菜もたっぷり

正直小鉢と味噌汁と漬物だけでも十分である

輪切りのレモンが乗っている

爽やかレモン汁が隠れていない隠し味

やはり夏にはレモンが似合う

そして思い出すしまなみ海道

揚げたての油淋鶏はうまい

とてつもなくビールが飲みたくなるが我慢我慢

油淋鶏2個で白飯は無くなった

ネギダレも反則だな

こんなもん白飯に乗せたらワシワシ食べてしまうではないか

ポテサラも油淋鶏もまだ残っている

早く食べ終わらないと俺の活動限界も近い

なんせ店内はエアコンで寒い

どうせなら炎天下で飯を食わせてほしいぐらいだな

その方が絶対にうまい

夏は暑い

ジリジリと照りつける太陽の下

季節を感じながら食べた方がうまいのだ

俺はできるだけ早く残りの油淋鶏を平らげた

そして850円を支払い奈良の店へと向かった

 

奈良の店でも足早に商品を見て回る

陶器の目玉焼き機がほしいが我慢我慢

そんな俺の目にさくらんぼのシャーベットが飛び込んできた

冷凍にしてから食べるらしい

「仏壇のお供えに良いな」

俺はシャーベットを購入した

そろそろ活動限界が近い

早く外にでなければ

早く紫外線を浴びなければ

俺は1階から外へと飛び出した

太陽から注がれる光を全身で感じる

水だ、水をくれ

「あぁ、俺の体の中で二酸化炭素がデンプンへと変わっていく・・・」

俺はたまらず酸素を吐き出した

 

太陽からエネルギーをチャージした俺は再び地下へ潜る

いわゆるデパ地下という場所だ

ここでもまた仏壇のお供えを買う予定

毎年買うフルーツゼリー

あとは適当に水羊羹

葛餅はすでに抑えてある

そうだなあとは適当に考えるか

俺は一通り菓子コーナーを回る

洋菓子の店でフルーツゼリーをGET

滋賀の和菓子屋で水羊羹とフルーツ寒天

さらに福岡の和菓子屋できんつばを購入

これは明日の補給食にする

とりあえずこんなところだろう

俺は地上に戻り

帰宅した

 

 

 

これからお盆の準備だな

忘れてた酒を買ってこないと

やはり純米だな

あとはクラシックラガー

やはり昭和の人間には昭和のビールを熱処理を

 

昨日買った博多の鈴懸のきんつばはかなりうまい

2日日持ちするのでその日に無理して食べなくても良い安心感もある

ものすごく上品で優しいあんこ

これうまいな

商品的には不人気かもしれないが

うまい

www.suzukake.co.jp

 

こんな美味いきんつばを補給食として峠で食べる贅沢

これもまたお盆である

 

 

そして今度はどら焼きだな

このあんこなら間違いはないはずだ

和菓子はスーパーで売られてる大量生産品に100円プラスするだけで相当レベルが上がるからな

炭水化物に糖分

自転車の補給食としてもかなり優秀だしな

買い置きのとらやの羊羹もあるし

明日は羊羹

羊羹はよう噛んで食べないとな

 

 

 

8人に1人がカレー嫌い

人の味覚は様々である

人の好みも様々である

ただ日本人のカレー好きはインド人もびっくりだろうな

みんな大好きなカレー

実は8人に1人がカレーが苦手だと言う調査結果が出たそうだ

確かに万人から好まれる食べ物は存在しない

それだけにこの調査結果も妥当なんだろうが

いかんせん俺の周辺ではカレーが苦手という人は見たことも聞いたこともない

それだけにみんな好きなんだと思い込んでたりもするのだ

 

カレーが苦手な人の意見としては匂い、味、食感全て嫌いだとか

まぁこれも好みだからな仕方がない

日本のカレーなんかは基本的に見た目アレに似てるし

小学生の時に給食でカレーが出ると大声で

「うんこ食ってる時にカレーの話するな!」などと言っては先生からおこられたものである

あとはカレーが好きすぎて食べ飽きたという人も

俺もカレーは大好きだ

若い頃なんかはカレー1キロ食べてた

正直どんだけでも食べれてしまうカレー

それだけに最近は怖くて食べれないのもある

糖尿病予備軍が許されるカレーの量では到底満足できないからだ

そのためにカレーを食べるときはとにかく走る

自転車で走るのだ

走って走って走って

だいたい1000キロカロリーから1500キロカロリー消費して

罪悪感なしにカレーを食べるのである

 

カレーと言っても実に様々

イギリスなどを代表する欧風カレー

そこから独自に発達した日本のカレー

洋食のカレーもあれば蕎麦屋うどん屋が作る和風カレーも

さらにカレーの本場インド

北インド南インド、その他

イカレーにスリランカ

各国それぞれ独自のカレー文化がある

そしてそんな様々なカレーを全部食べることができるのは東京なんだろうな

 

最近ではレトルトのカレーもかなり進化を遂げた

たった数百円から千円程度で実に様々な美味しいカレーが食べられる

最近の俺はレトルトカレーを使いカレーうどんを作る

カレーうどんと言っても一般的なカレーうどんではない

ぶっかけカレーうどん

うどんを茹でて湯切りする

その上にレトルトカレーをぶっかけるという実にシンプルなものだ

カロリー的には白飯カレーと同じぐらいだろう

しかしうどんにした方が食べ応えがある気がする

使用するレトルトカレーは日本のカレーとは限らない

イカレーなどもぶっかけてみると結構うまい

周りにパクチーなど散りばめれば映えるかもしれない

 

そんなレトルトカレー

昔はボンカレーしかなかった

正直それほど美味くはない

土曜日など学校から帰ってくると台所の机の上にボンカレーと置手紙が

要するに「お母さんは出かけてくるので勝手に作って食べろ」という意味のことが書いてある

俺は鍋にボンカレーをぶちまけて家にあるものを適当にブチ込む

コーミソース、ケチャップ、焼肉のたれ、牛乳

そうやって自分でアレンジしたボンカレーは実に美味しかった記憶がある

基本カレーなんてものは何入れても美味くなる

そして全てはカレー味となるのだ

 

そんなカレー

おそらく一番まずいのは小学生の時のキャンプで作るカレー

基本的に女子が主導する

「男子は何もしないと」先生に言いつけられながらカレーは作られていく

しかしそこは小学生が家庭科の延長で作るようなカレー

指導する先生も家で料理をしてるのか分かったものではない

そうやって見よう見まねで完成したカレーはとにかくシャバシャバで

コクもまろやかさも何もないカレーだった

まぁキャンプのカレーが美味いというのは幻想である

 

20年ぐらい前にスーパーに売っていたカレーキットを使って自分でカレーを作った

野菜は玉ねぎのみ

肉は鶏肉

カレーキットの中には小さな小袋が数種類

どうやらスパイスらしい

説明書を基本としながらも水の代わりに豆乳を使ったり

コーヒーをぶち込んだり

とんかつソース、ケチャップ、焼肉のたれ

俺の定番調味料ぶち込んだチキンカレーは俺が食べたカレーの中で一番うまかった記憶がある

素人が適当に作っても美味いカレー

日本人にとって国民食である

そんなカレーを8人に1人が嫌いだという

果たして俺はこの先カレー嫌いの人と出会うことがあるのだろうか?

幸いのなことにレトルトの進化はありがたい

レトルトにより家族みんなが自分の好みのカレーを食べられる時代でもある

蕎麦屋の和風カレー、レストランの欧風カレー、本格インドカレーにタイカレー

サバカレー、アザラシカレーなんでもありだ

そしてもちろんカレーを食べないという選択もできる

 

 

だめだ無性カレーが食べたくなってきた

何を食べようか?

和風カレーとグリーンカレーをミックスしたらどうなるんだろう?

なんか禁断の領域に突入しそうだな

 

 

 

「東京五輪」暑さ対策で道路を白く塗装したら逆効果でした

いよいよ来年に迫った東京五輪

暑い暑い日本

暑い暑いコンクリートジャングル東京で開催される世界的イベントである

東京都や国も様々な暑さ対策を検討

頭にかぶる日傘など次か次へと秘密兵器が導入されている

そして今回新たな暑さ対策として

「道路白く塗っちゃいました!」作戦が決行された

日中は軽く50度以上にもなる暑い暑いアスファルト

そのアスファルトの表面温度を下げるべき遮熱塗料を塗ってしまったと言うのだ

確かに白い色は光を反射するので表面温度は下がる

しかし路面から跳ね返った熱は空気中へと移動するだけである

そしてその反射された場所には選手や観客が・・・

つまり余計に暑いのである

白く塗装したばかりに反射熱で暑いのである

しかも眩しい

選手はサングラスしてるから良いもの観客は目を痛めることだろう

こんな馬鹿げたことは流石に役人しかできない

学校での成績がほぼオール1だった俺でさえ最初から逆効果になることは理解できるのだ

確かに住宅などでは屋根や外壁に遮熱塗料が使われ一定の効果もある

しかしあれは塗装面の裏側に対して効果を出すもの

つまり室温を下げるための遮熱なのだ

これを道路に塗装した場合

温度が下がるのは地面の中と言うことになる

そして路面から跳ね返された光と熱は我々人間にダイレクトに降り注ぐのだ

 

それでもまだ国交相は自分たちの間違いを認めたくないようで

調査で実証された暑さ指数は見なかったことにして

「アスリートが実際に走ったときに温度が低く感じた」と言う極一部の意見を尊重

東京都が再検討をお願いするも

国交相は暑さ対策として「効果はある」との結論を押し切るみたいである

 

まぁ絶対に間違いは認めないだろうな

プレミアムフライデーの失敗すら認めないし

流石に小学生レベルでもわかるようなことをわざわざ税金を使ってまで実験

「逆効果でした」では済まされない

発案した人の出世も途絶えてしまう

なのでここは意地でも「効果あり」としなければならないだろう

そんな保身のために被害を被るのが選手と観客なのだ

 

まぁこれだけ暑い日本の夏

今更チョロチョロと水撒こうがあまり効果ないようにも思う

結局は選手も観客も根性で乗り切るしかないのだ

「水飲むな」

昭和的指導

俺たちは毎日毎日野球部の練習で吐きながら根性で乗り切ってきた

夏にスポーツをすると言うことはそう言うことである

常に死と隣り合わせなのである

それでも楽しいから真夏でも運動してしまう

あのジリジリと照りつける日差しの中で倒れるぐらい体を動かした時の爽快感は何事にも変えられないのだ

 

 

 

 

小泉進次郎と滝川クリステルが結婚で妊娠中

驚いたな

まさかこの二人が結婚するとは

これだけ情報が遮断できるってすごい事だな

常にマークされててもおかしくないはずである

どうやら交際中は一回も外では合わなかったとか

最初は友人としての付き合いとか

それがいつしか恋愛関係に

これがいつもよくわからん

友達なら友達のままなんじゃないかと思うのだが

普通はどんなことがあろうと女と意識はしない

どこかで性的欲求を抱いてない限りは

俺の場合、恋愛は常に一目惚れ

出会った瞬間に相手の全てを判断できるからだが

 

クリステルは現在妊娠中

まぁいい大人の男女が二人きりで同じ部屋にいればああなってこうなる

将来の総理大臣候補だしな

でもなんでゴムなしでしちゃうんだろう?

それだけの覚悟があってのことだろうが

昔なら嫁入り前の娘を妊娠させたら相手の父親から殴られるイメージ

「誠意って何かね?」

カボチャ持って謝りに行かなければならないな

泥付きの1万円冊も用意しなければ

流石に進次郎は殴れないだろうが

 

まぁとにかく「おめでとう」だな

少子化対策として頑張ってください

 

 

先ほど近所のユニクロから帰ってきた

最近はすっかりユニクロから遠ざかってた俺だがエアリズムが安売りしてたからだ

久しぶりのユニクロ

会計をしようとしたらレジ前がおかしい

いつもと違う

「なんだこれは?」

一人戸惑っていたら店員のお姉さんからセルフレジだと言うことを説明された

指定された場所に商品を置き

スマホのアプリの番号を入力した後でバーコードの存在を知る

実にめんどくさい

高卒の俺では理解不能

お札を入れようとすると1000円札がくしゃくしゃで入らない

シワを伸ばしようやく入ってお釣りを取る

今度はレジ袋が見つからない

仕方がないのでそのまま商品を持って店を後にした

万引き犯に間違われないかドキドキしながら

今日は平日で店内ガラガラだからいいもの

これが休日だとものすごいレジが並びそうだな

ルフレジは時間がかかりすぎる

ルフレジ化で今後ユニクロで購入する機会はどんどん減るだろう

高齢化社会でセルフレジは時代に逆行している

ルフレジが理解できない高齢者は多い

 

 

あと袋を渋る店が増えた

基本車なんで購入したものは車にぶち込んで他の買い物をするので問題ないが

店から出るときに万引き犯と間違われそうで嫌なのだ

以前商品を購入したにも関わらず万引き犯として連行され

無実が証明できても店員からは一切の謝罪はなかったしな

ある意味あの場面で謝らない店員はすごい

それ以来某遊べる本屋へは行っていない

 

どんどん不便になる世の中

チャージ式のカードも支払い時に時間がかかるし

無駄に前払いだし

ペイは問題外だし

 

 

しかしお盆の天気がわからない

台風10号の動きが世界的に読めないみたいだ

特にどこか行く予定はないが

今年は最悪仕事になる場合もある

今は待機状態

まだ仕事に取りかかれない

早く仕事がしたい

このままでは俺のお盆休みがなくなりそうだ

 

 

 

表現の自由?大村VS河村 

以前は仲良しだった二人もいつからか仲違い

何かあるたびに常に喧嘩をする二人

今回はあいちトリエンナーレの「表現の不自由展」について揉めに揉めている

テレビでは従軍慰安婦像しか報道されないが

実は昭和天皇の写真を燃やし土足で踏みつける行為を撮影した映像が流されていたり、特攻隊の人たちが寄せ書きした日の丸を使用した作品のタイトルが「間抜けな日本人の墓」だったりととんでもない内容の展示になっていたそうだ

何故国のために命を捨てた人たちを侮辱するようなことができるのか?

これらの作品に河村市長が激怒

「どう考えても日本人の心を踏みにじるもの」などと批判

運営側にも苦情や脅迫などがあいつぎ表現の不自由展は中止となった

これに対し今度は大村知事が反発

河村市長が公権力を行使したとして憲法違反だと言い出した

地元の新聞や雑誌の女性自身、共産党、各マスコミも同調して河村叩きが始まった

 

常に名古屋弁で言いたいこと言い癖のある市長の河村氏だが

個人的に今回の発言は実に真っ当だと思う

表現の自由とは言っても許されるものと許されないものがある

さらに今回は税金が投入されている

愛知県、名古屋市、国

税金を使ってまで日本を否定していいのか?侮辱していいのか?と言う問題になってくる

そもそも芸術監督を芸術には素人の津田氏に何故依頼したのか?

最初は展示作品は専門家の学芸員が選んだそうで

そこで選ばれた作品に津田氏が「ピンとこない」と理由で方針転換

自由にやりたいとの希望から反日展示となったみたいだ

そしてネット上には開催前のインタビュー動画が拡散している

その中で津田氏は笑いながら

昭和天皇は二代前だから、すでに歴史上の人物だから燃やしても構わないと言った内容のコメント

さらに今回の展示は炎上覚悟の確信犯

「いまからどうしようかな~みたいな。いまだから僕 Amazon に行って防弾チョッキとかチェック。ナイフでブスッと刺されても大丈夫なように。一応、そういうのやっておくかなみたいな」などと言っているみたいだ

最初から政治的にヤバイと言う意識で今回企画した

アートを利用した政治的な主張である

 

 

そしてタブーな天皇問題だけにテレビは従軍慰安婦以外完全スルー

さらに表現の自由を力で押さえつけようとするとして河村市長を批判するかのような風潮である

個人的には法的問題や表現の自由以前にモラルの問題だと思う

人としてやって良い事と悪い事

小学生でもわかる事

結局そこだろうな

そして今回は完全にアウトである

こんな展示を正当化しようとする人たちがいることすら信じられないレベルの話だと思う

故人の写真を燃やして足で踏みつけたり

戦争で死んだ人を間抜け呼ばわりすることが表現の自由なのかと

 

なんか本当に腹ただしいな

インタビュー動画見てると学生の文化祭的なノリのようにも感じる

多分今後もテレビではスルーだろう

そして人々は皆忘れていくのである