読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 2017

スカルポーニへの追悼で始まった今年のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ

スカルポーニへの1分間の黙祷を捧げ

アスタナの選手を先頭にレースは始まった

カチューシャのマシャドを含む8人の逃げ集団が形成されてメイン集団はモビスタがコントロール

レースはモビスタのコントロール下で進んで行く

番組冒頭でもスカルポーニの事故のことを放送していた

見てる側もなんとなくTV画面を見てるだけでレースの展開が頭の中に入って来ない

数日前にはステージ勝利をあげた選手がもうこの世にはいないのだと

レースは中盤にさしかかり、いよいよ坂がぽこぽこ出てくる

しかしまだ誰も動かない

ほとんどのチームがバルベルデを警戒しているが、まだ動けない

逃げとの差は残り60キロで6分差

基本的に「10キロ、1分」の法則通りメイン集団はジワジワと逃げとの差を詰めて行く

逃げているというより逃がされている状態だ

どこかでメイン集団を騙さないと逃げ切り勝利は無い

かつてヴォクレールが得意とした戦法であるがそんな彼も今年のツールで引退だそうだ

7番目の坂「コル・ドゥ・マキサール」でディメンションデータのネイサン・ハースやBMCのデマルキなど6名が集団から抜け出して追走グループを形成する

その次の坂「コート・ド・ラ・ルドゥット」でスカイがペースアップ

ネイサン・ハースはメイン集団に引き戻された

一方で逃げ集団の中からはコフディスのアントニー・ペレスが一人抜け出して独走態勢に入る

残された逃げのメンバーから同じコフィディスのステファン・ロゼットが最後から2つめの坂「コート・ド・ラ・ロッシュ・オ・フォーコン」で合流してそのままペレスに代わってロゼットが単独先頭に

こちらが真のエースなのか?プランBなのか分からないが、とにかく普通に走っていてはバルベルデは倒せない

同じ坂でメイン集団から有力選手達が飛び出す

ここでオリカのロマン・クロイツィゲル、BMCのダミアーノ・カルーゾら8名の追走集団が出来た

さらにその中から単独でロットソウダルのティム・ウェレンスが抜け出して先頭に追いつき最後の坂「コート・ド・サンニコラ」を先頭で駆け上がる

しかし計算通りに差を詰めて来たメイン集団はすぐ後だ

サンニコラの坂でウェレンスはメイン集団に吸収

ここでキャノンデールのヴィレッラ、スカイのセバスチャン・エナオらがカウンターで仕掛ける

吸収と同時にアタック

定石通りの攻撃だ

そこからキャノンデールのフォルモロが単独で抜け出す

その差10秒

残り2キロからはダラダラと登る坂である

5秒差で残り1キロのフラムルージュを通過

ここでメイン集団の中から青いジャージが絶妙のタイミングで飛び出す

クイックステップのエース、Dマーティンだ

抜群のキレでぐんぐん加速するDマーティン

先頭のフォルモロに追いつき追い越し

先頭に立つ

流石のバルベルデもタイミングを逃したかと思われたが、この日もバルベルデは絶好調

あっという間にDマーティンに追いつきスプリントへ

36歳のスーパーパンチャー「バルベルデ

この男に勝てる選手はこの日もメイン集団の中には存在しなかった

フレッシュワロンヌに続いて余裕のゴール

両手の人差し指を天にかざすバルベルデ

 

「ミケーレ・・・」

 

ゴール後に喜びを爆発させるでなくバイクに顔を伏せて泣き出すバルベルデ

ミケーレ・スカルポーニへ捧げる勝利となった

スペイン語はさっぱり分からないがところどころで「スカルポーニ」「ミケーレ」との言葉が聞き取れた

 

2位はこの日もクイックステップのDマーティン

悔しそうな顔で表彰台へ

3位はスカイのクウィアトコウスキーだった

 

バルベルデ

「この勝利をミケーレ・スカルポーニに捧げたい。彼とは長年親密な仲だった。若くして交通事故でこの世を去るなんて本当に心が痛んだ。ニュースを見たときは信じることができなかったし、状況を飲み込めなかった。自分だけではなく、チーム全体が、自転車界全体がショックを受けた。この勝利で得た賞金はすべてミケーレの家族に捧げたい」

 

 

リエージュ4勝目のバルベルデ

最後は天国のミケーレに背中を押された気がしたとコメントした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ最大級の原子力潜水艦が釜山港へ入港

4月25日

とりあえずは何も起こらなかった

北朝鮮は国内で史上最大規模の軍事訓練を行なったそうだが

いつものように言葉のみでの挑発で核実験もミサイル発射も無かった

ちなみに今回の挑発の言葉は

「すさまじい懲罰の先制攻撃を加え、侵略の本拠地を火の海にする」である

毎回の事ながらいったい誰が考えているのか?

たぶんコピーライターみたいな人がいると思うが、大変な仕事だろうな

正恩にOKを貰うまではドキドキなんじゃないかと

特に昨日の「太った動物」とか

やっぱりアイデアノートみたいなのがあって思いついた言葉を書き留めたりしてるんだろうな

そんな中でアメリカの原子力潜水艦「ミシガン」が釜山港へ入港した

釜山港と言えば思い出す

チョーヨンピルの「釜山港へ帰れ」

子供の頃に意味も分からず歌っていたな

当時は韓国の港だってことすら知らなかった

原子力潜水艦原子力で動くので長い間海に潜ったままでいられる

隠密行動で相手に気づかれる事無く進めるのだが、あえて釜山港で浮上してみせたのは明らかに北朝鮮に対する威圧である

この原子力潜水艦にはシリアへの攻撃に使われたトマホークがいっぱい搭載されていて2000キロまで飛ばせるそうだ

もう米軍がその気になれば直ぐにでも攻撃できてしまう距離なのだ

トマホークと聞くと俺は「トマホークブーメラン」を思い出してしまう

子供の頃に大好きだったゲッターロボの武器である

「トマホークブーメラン!」とのかけ声とともに敵めがけてブーメランを放つ

トマホークブーメランにより傷ついた敵の体に

今度は「ゲッタービーム」でとどめを刺すのだ

ちなみにゲッターロボの中のゲッター1が使用する武器である

昨日北朝鮮が「太った動物」と例えたカール・ビンソンはただいま西太平洋にて自衛隊と一緒に訓練中だそうだ

そしてこの後カール・ビンソンは尖閣諸島付近を通り朝鮮半島を目指すという

この尖閣諸島を通るという事は中国に対しても圧力をかけれるまさに一石二丁作戦

そしてアメリカではトランプ大統領が上院議員全員をホワイトハウスに招集

今後についてみんなに話をするそうだ

とりあえず今日は何も起こらなかった

しかしこれで終ではない

北朝鮮が核を放棄しない限りはこの緊張は続くのだ

そしてまた明日からギリギリの挑発行為が始まる

今度はどんな脅し文句なのか?

ある意味楽しみである

 

そして今日25日

米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの情報機関がニュージーランドのリゾート地クイーンズタウンで会合を開いている

いわゆるCIAとかMI5とか映画でよく見る奴だ

今頃トムクルーズが裏で動いていたりするのかもしれないな

 

 

 

 

 

北朝鮮が米空母を「単なる太った動物」と例える

毎日のように北朝鮮の挑発が止まらない

そして今度は23日付の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の論説で、米空母「カール・ビンソン」のことを「単なる太った動物」と呼んだ

単なる太った動物

それはおま・・・

そういえば夕方ニュースで養豚場を視察していたな

兵士にたっぷり肉を食べさせて戦争に備えると行った意味なのだろうか?

肉ならアメリカの方が専売特許である

なんせハンバーガーに入ってるレタス1枚食べただけで野菜を摂取したと思い込む国民である。彼らはトマトケチャップすら野菜扱いなのだ

トランプ自身は良く焼いたステーキにケチャップをたっぷりかけて食べると言う

北朝鮮が相手をする国はそんな国なのである

金正日はアメリカに勝てないことを分かっていた

そのうえで引き際をわきまえたギリギリの外交を続けていた

しかしその一方でアメリカと戦争になり朝鮮が滅びるのなら世界を滅ぼしてやるとも言っていたそうだ

この考えが息子にも伝わっていたら・・・

ソウルと東京はどうなってしまうのか?

中国にまで挑発して来ていると夕方のニュースでもやっていたし

実際に中国の言う事は聞いてもらえないらしい

今朝、米中日の電話会談が行われたができれば平和的な解決をって感じの話し合いみたいだが北朝鮮が核を放棄しない限りは平和的な解決は無いであろう

今まで2回も騙されて来てるからだが

親子3代に渡ってアメリカを騙す国

もう誰も信用しないのだ

北朝鮮は「一撃で水葬する準備を整えた」と米国をけん制

「ぴくりとでもすれば先制打撃で無慈悲にたたきのめす」と警告した

しかしカール・ビンソンはのんびりと動いている

明日はいよいよXデーの第2候補日の4月25日

奇しくも尾崎豊の命日である

1992年4月25日

尾崎豊は死んだ

死因は不明であるが当時見た週刊誌の写真では尾崎の顔がボコボコに腫れ上がっていたのを俺は覚えている

あの時は何人ものファンが後追い自殺をしてしまった

そんなことを思い出す4月25日である

今月だったかな?

尾崎の息子が満を持してデビューした

1度聞いたら忘れられない曲

親父の歌とは違うが紛れも無く尾崎の曲

なんかそんな感じがした

そしてトモダチの息子を見るかのような感じで見てしまうのだ

大きくなったな・・・

頑張れよって

俺は生で尾崎を見ている

当時はまだ地方の市民会館などでコンサートをやってた頃である

口コミ口コミで広がって行った時代だ

俺が知ったのも中学の頃

トモダチが興奮しながら学校で俺に話して来た

「昨日ラジオですげえ歌きいたぞ!尾崎豊って言うんだけど、とにかくすげえんだよ」「かっこいいんだよ!!」って彼は興奮しまくりだった

そんな俺は尾崎紀世彦の物真似をしてやったのを覚えている

やがて誰かが「17歳の地図」をダビングして来た

俺たちはさっそく貸してもらいカセットにダビングした

そして毎日毎日何回も何回もリピートしては尾崎を聞いた

たぶん俺の人生であれほど夢中に誰かの歌を飽きもせずに聞き続けることはもう無いのだろうな

そしてセカンドアルバムの回帰線が出た

俺は初めてCDを買った

それが尾崎豊の回帰線だった

今度は俺がみんなにダビングしてやった

尾崎は10代最後となる3枚目のアルバム「壊れた扉から」を出して斉藤由貴と不倫をした

当時は斉藤由貴の方が有名だったのでワイドショーでは尾崎のことを「人気ロック歌手」と言っていた

その頃だな俺が尾崎のコンサートに行ったのは

名古屋と岐阜のチケットを入手した

4枚目のアルバムの街路樹ツアーだ

まずは岐阜市民会館で尾崎を見た

尾崎は最後にこういった「おまえらもう来なくて良いよ・・・」

名古屋公演は中止となり

しばらくして尾崎は覚醒剤で逮捕された

そんなことを思いだしてしまう4月25日だ

 

果たして明日、北朝鮮は核実験を行なうのだろうか?

そのときアメリカは動くのか?

日本への影響は?

 

とりあえず俺は尾崎の「核」聞く

 


尾崎豊『核 (CORE)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカルポーニ、練習中に事故死

ミケーレ・スカルポーニが死んだ

練習中の事故死という事だが・・・

先ほどふと今日のリエージュの情報を仕入れようと自転車関連のサイトを見てみたら、目を疑う記事が載っていた

今でもまだ信じられない

スカルポーニが死んだなんて

ジロ100回記念の今年のジロは怪我のアルに変わってエースとして走るはずだった

かつてジロを制した男が再びエースとしてジロを走るはずだったのに

既に彼はこの世にはいないのだ

 

スカルポーニはツアー・オブ・アルプスを総合4位で走り終えてチームのマッサージャーと一緒に車で450キロ離れた自宅まで帰って来た

そして一晩家族と過ごし、彼が死ぬ15時間前にはツアーオブアルプスのリーダージャージを着せた双子の息子とともに写した写真をインスタグラムに載せていた

まさかこの翌日に死んでしまうなんて・・・

翌日の4月22日にスカルポーニは自宅から軽い練習のために走り出した

午前8時5分

自宅の近くのインドゥストリア通りの交差点で事故は起きた

何回も何回も走り慣れた交差点であろう

下りを走行中のスカルポーニは57歳の男性が運転する大型のバンと正面衝突

周囲の人が直ぐに救急へ通報

数分後には救急車と救急ヘリが到着したが既にスカルポーニは・・・

即死だったそうだ

事故の原因は車の運転手の前方不注意

まったくスカルポーニに気づいていなかったという

 

現在所属のアスタナは「書くことをはばかる大きな悲劇が起こってしまった」とプレスリリースを発表した

GMヴィノクロフ大佐は

「大きなショックを受けている。我々チームのメンバー全員や彼の家族、友人、同僚たちが深い悲しみに包まれている。ミケーレ・スカルポーニは偉大なチャンピオンだった。多大なる損失であり、この苦しみを表現する言葉が見つからない。アスタナチームの代表として、ミケーレの家族と友人たちに哀悼の意を表したい」とチームを代表して追悼のコメントをした

 

いつもニコニコしていたスカルポーニ

優しそうなおじさんで大好きな選手だった

俺がスカルポーニを初めて見た時はアンドローニジョカトリだった

その後2011年にランプレへと移籍

その年のジロで総合2位に入るが総合優勝のコンタドールがドーピングで失格となりスカルポーニは2011年のジロチャンピオンとなった

彼はジロには11回出場、2010年、2012年、2013年には総合4位の成績を残している

クライマーの彼はリエージュ〜バストーニュ〜リエージュでも4回トップ10フィニッシュ(2003年の4位が最高位)

イル・ロンバルディアでは2010年に2位に入っている

アスタナに移籍してからはニバリの強力な山岳アシストとして大活躍

ニバリは2014年のツール・ド・フランスを制した

ニバリは「何を言えばいいのか、何をすればいいのか分からない。言葉が出てこないよミケーレ」とコメント

アルは「悲劇は終わらない。言葉が存在しない。安らかに眠ってほしい」とTwitterに書き込んだ

 

今日は朝からリエージュモード、ブログは園芸日記を書く予定だったのだが

なんか全てが吹っ飛んでしまった

こうやってブログを書いていてもまだ信じられない

もうあの山岳での力強い走りと彼の笑顔が見れないなんて

 

ミケーレ・スカルポーニ 享年37歳

安らかに眠って下さい

俺はあなたの笑顔を忘れない

 


Michele Scarponi, you are in our hearts...

 

 

 

 

 

日本政府「地面に伏せて頭を守って」とミサイル着弾時の対処法を公表

ついに日本政府が北朝鮮からのミサイル着弾時の行動を公表した

確かHPだと思ったが今見てみてもどこに書いてあるのか良くわからなかったが

とにかく「地面に伏せて頭を守る事」「できるだけ頑丈な建物や地下街に非難する」「できるだけ窓の無い部屋へ」と言うことらしいが

核ミサイルを想定した場合は建物でも鉄筋コンクリートのほうがいいだろう

頭を守るのは地震の時も同じだ

自宅や会社などにはヘルメットも装備しておいた方が良いかも知れない

出歩いてる時はカバンなどでも多少は頭を防護できる

ゼロハリバートンのカバンならなお良いだろう

そして内閣官房総務省消防庁は共催で都道府県の担当者およそ70人を集めた説明会を開催した

そしてミサイル着弾を想定した住民避難訓練の必要性も指摘されて実際に近い場面を想定した訓練の実施が各都道府県に要請されたと言う

費用は日本政府が負担

太っ腹である

つまり「金やるから必ず非難訓練しとけよ」ってこと

なんか嘘みたいな話だが本当に危機はそこまで迫って来ているのだ

しかし世間では至って普通な生活

今日あった人誰もミサイルの話なんかしない

みんなすっかり気持はGWみたいである

しかも韓国への飛行機は2割増だという

こんな状況でも韓国へ旅行しようなんて凄いな

家族は止めないのだろうか?

それだけ北朝鮮を舐めてるんだろうな

どうせ今回もミサイルなんか撃たないって

中国とロシアはそれぞれ北朝鮮との国境へ軍隊を配備している

これは難民流出を防ぐ為だと思われる

のんびりと航行しているアメリカの空母も数日内には日本海へやってくる予定だと言う

先日までバレーをやっていた北朝鮮の核開発施設でも動きがあったそうだ

ただその動きが核実験なのか実験中止に向けた動きなのかは不明

北朝鮮はアメリカに覗かれていることを知っていてあえて動いてる感があるだけにお互い裏の裏をかいた行動だろうな

アメリカの核開発を監視する偵察機が緊急発進している

さてアメリカはどう判断するのか?

実際にバレーボールやってるだけだとしても、レシーブやサーブをアメリカが核実験の動きだと思えば空爆は始まるかもしれない

理由なんて後からなんとでもなるのだ、自由の国アメリカなら

中国は北朝鮮に言う事を聞いてもらえない

最後の頼みの綱はロシアのプーチン

静かに動向を見守ってる

いつどこで動けばロシアが世界的優位になるのか

アメリカに借りを作れるのかを考えている

ロシアは欧米諸国から経済制裁を受けている

その制裁を解除してもらいたいロシア的には北朝鮮を説得して平和的に騒動を鎮めたい

そしてアメリカなどに対してプーチンが「俺様のおかげで平和的に治まったのだから経済制裁を解除しろや」と堂々と言えるようになるのだ

ついこないだまでは鍵は中国だと思っていたが、今ではロシアが鍵を握っていると言っても良い

 

ロシアと北朝鮮は昔からお友達である

平和的な解決が出来るとしたらロシアだけであろう

そこに中国とアメリカと日本も参加

アメリカとロシアの仲を取り持つのが日本の役目だが、実際にこれらの国が一致団結して協力し合うのは無理なんだろうな

 

と書いていたら、また新しいニュースが

韓国政府消息筋の話だそうだが

北朝鮮が核実験場の近くに住む住人を非難させているそうだ

これが本当なら6回目の核実験は近い

果たしてそれまでに各自治体で行なうミサイル着弾時の避難訓練は行なわれるのだろうか?

今頃担当者は休日返上で頑張ってるんだろうな

 

俺も今日は二時まで仕事して来た

まだやらなければならない事があるが、疲れたので帰って来た

昨日の夜9時半にフリーダイヤルからスマホへ電話がかかってきた

当然の事ながら俺は既に眠っている

某インターネット関連会社の営業電話だ

俺は「こんな時間にかけてくるなんて非常識だろ!」と言ってやった

そしてあいつらはなんで俺の携帯番号を知っているのだろうか?

 

 

 

 

 

フレッシュ・ワロンヌ 2017

ユイの壁

最大勾配26%、まさに壁

そんなユイの壁が登場するサイクルロードレース

フレッシュ・ワロンヌ

春のアルデンヌクラシックとしてベルギーのワロン地域で開催される歴史の長いレースである

日本人の俺としてはいつも「新鮮な笑い」と変な直訳をしてしまいがちだが

フレッシュというのはフランス語で「矢」を意味するそうで、フレッシュワロンヌとは「ワロンを貫く1本の矢」と言う意味である

この意味が最後に分かる今回のレース

ただいまバルベルデが3連覇中なのだ

コースとしては距離の短い登りがちょこちょこ出て来て最後に壁が登場

前半はこれといった動きは無く逃げをコントロール化に置いてプロトンは、たんたんと進んで行く

コート・デレッフ(2100m/5%)

コート・ド・シュラーブ(1300m/8・1%)

ミュール・ド・ユイ(1300m/9・6%)という3つの上りがある29キロの周回コースに入ってから本気を出すレースである

ちなみに周回数は2週であるが周回前に1回ユイの壁は通過するのでユイの壁は3回登ることになる

今回はユイの壁直前にあるコート・ド・シュラーブがポイントとなりそうだ

そんなフレッシュワロンヌだがようやく俺は昨日全部見ることができた

レース当日は生放送にも関わらず放送開始10分後には寝てしまった

どうも花粉症の薬とアルコールは相性が悪いみたいで酔いが早いのだ

ジルベールホアキンが勝った頃は最初から最後まで寝ないで見れたのに

やはり歳は取りたく無いものである

しかしJスポーツなら録画も簡単で高画質、録画しとけば気軽にいつでも大画面で鑑賞出来る

それはもうダゾーンなんかとは比べ物にならないぐらい快適である

そんなフレッシュワロンヌ今年で81回目

レース開始時は気温6度という情報が

逃げは6名

プロトンは主にモビスタがコントロールしながら逃げを追走する

テレビカメラが新城を大きく写す

地元でも注目されているのだろうか?

トレックの別府も先頭付近でアシストするのがチラチラ写る

新城も新チームになりさすがに今までのような一番後でヒラヒラとは走らせて貰えないみたいで、しっかりと前方でチームから与えられた仕事をこなしている

レース前半は何にも起こらない

ココで動いても無駄な力を使うだけである

動くのは周回コースに入ってから

そして周回コースに入ると逃げとプロトンの差は1分まで縮まった

残り45キロのコート・デレッフでBMCのデマルキがアタック

いよいよ各チームが本気を出し始めた

一旦デマルキはモビスタに捕らえられるが、次の坂、コート・ド・シュラーブで逃げ集団が吸収されると再びデマルキが仕掛けて独走の一人逃げに入る

今まで何回と無く見て来たデマルキの逃げ

ぐんぐん差を広げて行く

デマルキは2回目のユイの壁を20秒差の単独で超えると今度はクイックステップのユンゲルズスが飛び出した。ルクセンブグチャンピオンである

今回はジルベール、アラフィリップの両エースが欠場となったクイックステップ

ここで一か八かの作戦開始だ

残り25キロ地点でユンゲルスはデマルキに追いつき二人でゴールラインを目指す事に

このとき30秒差だ

しかし途中でデマルキは力尽きてユンゲルス単独の逃げになる

TTポジションを取り一人たんたんとペースを刻んで行く

メイン集団との差50秒で最後のコート・ド・シュラーブに入る

ユイの壁の直前にあるこの坂道

予想以上に破壊力があって面白い見所ポイント

メイン集団も活発になりマイカなどがアタックを仕掛けてペースアップ

先頭のユンゲルスとは30秒差まで縮まる

残り5・5キロ

シュラーブの頂上を超えたユンゲルスが下りに入る

逃げ切れるか微妙なタイム差

なんせ最後に待ち受けるのは壁である

メイン集団もアタック合戦になりどんどんペースアップ

ここで少しでもモビスタをバルベルデの足を削らないと勝ち目は無い

36歳のおっさんだと甘く見ていると痛い目に合うのだ

集団はハイペースのまま最後のユイの壁へ突入

一気にペースが落ちる先頭のユンゲルスを吸収して飲み込み吐き出す

距離は残り1キロほどだが、相手は壁である

ここでバルベルデが先頭に出ると他のライバル勢も必死にしがみつく

ウリッシ、クウィアトコウスキーだ

残り200メートル

意外なチームFDJの誰かが飛び出した

若干20歳「ダヴィ・ゴデュ」フランス人である

しかし36歳のおっさんでありながら毎年毎年しかも1年中絶好調なバルベルデがしっかりチェック

残り150メートルでいよいよバルベルデが本気の踏みを始めると、もう誰も彼にはついてこれない

後続との差をぐんぐん引き離しもうすぐ37歳にもなろうかというスペインのおっさんは余裕の矢を射るポーズ

まさに「ワロンを貫く一本の矢」となったバルベルデ前人未到の4連覇

そして自身通算5勝目となる2017年のフレッシュ・ワロンヌを制した

2位には不屈の男 Dマーティン(クイックステップ

3位にはディラン・トゥーンス(BMC)が入った

 

いったいバルベルデはどうなってるのか?

36歳にして今年も絶好調

結果的に俺の予想も当たったわけだが正直期待を込めての予想だった

さすがのバルベルデもそろそろヤバイんじゃないかと正直思っていた

しかし36歳になっても爆発的なパンチ力は健在だった

ホアキンがあれだけ衰えたのを見ていると

やはりこの男凄すぎる

春のクラシックからブエルタ、世界戦まで常に1年中絶好調で勝ちまくる

日曜日のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュも楽しみである

そしてリエージュの俺の予想もやはりバルベルデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地震発生時、調理中に直ぐに火を消すのはNG?

ミサイル危機が迫っている日本ではあるが

とりあえず今日俺がお不動さんで世界平和をお祈りして来たので当面は大丈夫であろう

だてに怖い顔をしてないからな不動明王

しかし地震はいつ起こるか分からない

流石に不動明王といえど自然まではコントロール出来ないかも知れない

山岳信仰との結びつきも強いし

地震ぐらい自分でなんとかせい!」「これも修行のうちじゃ」なんてことを言われるかも知れない

そこで地震が発生したらどうすればいいのか?

学校ではとりあえず机の下に潜りなさいと教わったが

側に机が無かったらどうすればいいのだろうか?

福岡大で防災士養成研修プログラムを担当する重松幹二教授、正本博士助教のアドバイスよると

 

とりあえず自分の頭を守る事を考える

これは机の下に潜るのと同じ事だな。ドリフで使われるような大きな金だらいもあると便利かも知れない

とにかく固い物で頭を覆えばとりあえずは大丈夫

その他想定される事に、家具などの転倒、ガラスが割れて破片で怪我をする、照明器具の落下

過去にはトイレの中にいた所、転倒した家具がトイレのドアを押さえてしまいトイレから出られなくなった事例もあるという

これはトイレ限った事ではないが、日頃から家具の置き場所も考えておいた方が良いのかも知れない

俺はとりあえず転倒防止として家具と壁、突っ張り棒で天井に固定などの対策をしてあるが、どの震度まで耐えられるかは分からない

とにかく本棚の本は全部落ちちゃうだろうな

そして逃げるのも忘れて入手困難な写真集などをかき集めてしまいそうだ

そして本棚が倒れた場合は確実に部屋のドアを塞いでしまう

ベランダからは出られるが、ベランダの周りにはガラス片が散乱

一応ベッドの横にはナイキのコルテッツが置いてあるが

ベランダに出たら出たで今度は植物達が目に入る

「おまえらも一緒に逃げるか?」となってしまうかもしれない

日頃から家の中で地震が起きたらどうなるのか?を想定して家具などの配置を考えておかないとな

 

そして俺が誤解していたことに調理中の場合に直ぐに火を消すということだ

もちろん瞬時に消せる状態なら消すに越したことは無いのだろうが

過去の事例で熱湯や油が飛び散って怪我をした人も多いという

なので調理中の場合に地震が発生したら「直ぐに逃げろ」と言う事らしい

結局火は自動で消えるそうだ

ガスメーター地震を感知して自動でガスが止まる仕組みになっているそうだ

なので無理はしないでとりあえず火元から離れる

そして揺れが治まったら元栓を締めて、さてどうする?と言う事みたいである

もこみち氏などはオリーブオイルの瓶が転倒してオイルが床にこぼれないように配慮しないと、オリーブオイルで転んでしまうかも知れないな

さすがに自分にまでオリーブオイルをかける必要は無い

 

次に乗り物の中の場合

車を運転中ならゆっくり道路左脇に停車してとりあえずラジオやテレビを付ける

この時に間違ってもNEW ORDERなんかかけてはダメだ

ノリノリになってバーナード・サムナーの変な踊りを踊ってしまうからである

ラジオなどで状況を確認したら緊急車両の通行の邪魔にならない場所へと移動して連絡先などのメモを残しておくと良い

車の鍵は付けたまま、ドアもロックはしない

電車やバスの場合はとにかく運転手さんなどの指示に従うしか方法は無い

とにかく冷静になる事、自分勝手な行動をしないことだろうな

 

地下街にいた場合

名古屋の繁華街にいた場合は地下に潜んでる可能性が高い

そんな時に地震が起きたら?

地下街では、ショーウインドーから離れて通路の中央で揺れが収まるのを待つそうだ 
そして停電しても誘導灯や非常灯が付き、非常口が60メートルごとに設置されているので 慌てて非常口に殺到しないで壁伝いに避難することだそうだ

とりあえずは通路の中央で待機して一旦例冷静になってから非難ってとこだな

逃げる前に総菜やスイーツを食べまくりたいなと思ってしまうが

もちろんそれは犯罪である

 

そして自宅から避難所へ避難する時には

ガス栓や水道栓を閉めておく

停電から復旧した時に起こりやすい通電火災を防ぐ為に電気のブレーカーを落とす

これらも慌ててると忘れちゃうだろうな

マンションなどは玄関から出られない場合などベランダなどに避難はしごがあるので常日頃からチェックをしておくことも重要だと言う

そしてマニュアルなんかにはとらわれずに状況にあった判断をすることが大事だとも言っている

ここでも大事なのは冷静になる事だな

 

最後に家族の間で防災会議を開いておく事

地震が起きた場合に離ればなれにならないように避難場所の確認

離ればなれになってしまった時の連絡方法

非常持ち出し袋の置き場所

備蓄品の置き場所などなど

今は携帯を所持してる人も多いがバッテリー切れで使えなくなる場合もある

やはり緊急の連絡先などは紙に書いて常日頃から持ち歩くのが良いと思う

そして子供には住所氏名電話番号など書いたものを携帯させておいた方が良いだろう

どこの誰かが分かるように

できればペットにも

植物には育て方も一緒に書いて残しておけば誰かが世話をしてくれるかもしれない

でも一番良いのは映画レオンのように地植えにしてやることだろうな

飼い主がいなくなったら、それが一番良いのだ

 

小学校の時の避難訓練でトモダチ数人でわざと避難せずに隠れていた事があったが、あの時はかなり怒られたな

子供の頃は大きな地震なんか経験していなかったので危機感が全く無かった

正直阪神大震災までは地震なんか、くるくる詐欺だと思っていた

しかし最近は本当に大きな地震が多い

日本中どこにいても地震の被害に遭う可能性は高い

そんな時にどうすればいいのか?

とりあえずこんなブログでも多少は役に立つかも知れないので書いておいた

そういえば備蓄の食料も賞味期限切れで食べちゃってから補充していないのを思い出した

とりあえず缶詰などはいっぱい備蓄してあるが、コレは酒のツマミである

カンパンでも買っておくか

カンパンの良い所はパサパサしてるので食べ過ぎない所だな

非常食が美味すぎると全部食べちゃうしな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聖子ちゃんカット発祥の美容室が破産

聖子ちゃんカット

ご存知一世を風靡した松田聖子の髪型である

俺が小学校高学年の頃から中学にかけてぐらいだろうか?

どこもかしこも聖子ちゃんカットな時代であった

正直松田聖子に興味が無かった俺は当然のことながら聖子ちゃんカットにも興味が無かった

そんな聖子ちゃんカット発祥の店

HAIR DIMENSIONと関連するヘアーディメンションホールディングスが東京地裁から破産開始決定を受けたと発表した

負債額は調査中

俺は田舎者なのでこの店がどのくらい有名なのかが知らない

でもカリスマ美容師ブームの先駆けでもあったみたいだ

当時はかなり稼いでたんだろうな

40年以上の老舗だそうだが、ついに破産となったみたいだ

やはり長く続けるって難しいんだよな

カリスマとかやらなければ今でも続いていたような気もするが

地道にコツコツと一般的な値段で経営してれば、また違ったのかも知れない

なにやらカットだけで1万2万の世界みたいだし

技術職だけに技術料を取るのは構わないが需要があってこそだし

この不景気では流石にダメだったみたいだな

寿司屋だってちゃんと修行した人が握る回らない寿司屋より回転寿しの方が繁盛してる時代だし

寿司はネタだと思ってる人が多いが、いくらネタが良くても握り方が悪くては不味いだけなのだ

まぁ貧乏な俺は回らない江戸前の寿司は既に5年以上ご無沙汰であるが

最近ではすっかり関西系の店で助六だな

 

今日はフレッシュワロンヌ

水曜日なので忘れやすい

去年までならアムステルゴールドレースの放送があったので忘れなかったが

今年はヤバかった

先ほど思いだしたところだ

アルデンヌクラシックのフレッシュワロンヌ

激坂のユイの壁が有名であり最大の勝負ポイントだ

やはりパンチャー系が強い傾向

絶好調のジルベールが落車で欠場なのが残念だが

バルベルデ、クウィアトコウスキーは出場だ

そして日本からは別府、新城も出る

それぞれモレマ、ヨン・イザギーレのアシストになるだろうが

仮にエースとして走れたとしても流石にユイの壁攻略は難しいだろうな

勾配がキツすぎるのだ

ジルベール、アラフィリップもいない

当然ホアキンも引退でいない

そうなるとやはりバルベルデかクウィアトコウスキーの勝負になるのかな

サガンは出るのかな?

あとはクライマー系なエース達

バルデ、マイカ、ウラン、バルギル

展開次第でウリッシ、ルイコスタも面白い

さてさてどうなる?

相変わらず絶好調なバルベルデあるがクウィアトコウスキーのほうが強いかな

でもやっぱりバルベルデ

個人的に好きだから

なので俺の予想はバルベルデ

 

でもまた途中で寝ちゃうだろうな

明日休む為に今日は昼飯も食べずに頑張って来たが

老体にむち打ったために既にお疲れモードである

録画しといて半分は明日だな

今月は異常なほど忙しいのでなかなか録画した番組が見れない

船越英一郎の京都の極みもまだ途中だが

船越英一郎新福菜館 本店がお気に入りだったんだな

あの店は朝早くからやってるので昔はよく食べに行ってた

黒いラーメンと黒いチャーハン

そして隣の京都たかばし 本家第一旭の中華そばも美味い

京都たかばし 本家第一旭でラーメンを食べて新福菜館でやきめし

これが俺のお気に入りパターン

英一郎が食べてる所見てたら久しぶりに食べに行きたくなってきた

どんだけでも食べれた若い頃が懐かしいな

 

 

 

 

 

 

北朝鮮大使が戦争になれば日本が最初に被害を受けると警告

森本問題も沈静化しつつあり、ようやく世間でも北朝鮮問題の重大さが認識されるようになって来た

しかしまだまだ対岸の火事的に見てる人も多いと思う

韓国と北朝鮮が戦争になるだけ

アメリカと北朝鮮が戦争になるだけ

そんな風に軽く考えてる人も周りには沢山いる

事実として「日本にもミサイルが着弾する可能性はある」と世間話をしても頭のおかしな人としか認識されないのだ

「そんなことが起こる分けない」「日本は何もしてないし」

しかし実際に北朝鮮は日本も敵国として考えている

まずアメリカと同盟を結んでいる

そして米軍基地がある

おまけに朝鮮国連軍の後方司令部まである

そもそも朝鮮戦争と言うのは休戦中なだけで現在も続いているのだ

そして韓国、アメリカ、イギリスなどを中心とする朝鮮国連軍と北朝鮮、中国の戦いなのである

冷戦時代の当時とは周りの国の状況が変わって来ているが

ちなみに当時のソ連は物資の支援などで北朝鮮側に加担していた

その朝鮮国連軍の後方司令部が日本の横田にある

充分に北朝鮮が日本を攻撃する理由はあるのだ

そして元々仲が悪い

以前にもアメリカが北朝鮮に対して先制攻撃の兆候を見せたら日本の米軍基地を攻撃すると言っていたが

今度は北朝鮮で日本との交渉を担当する宋日昊ソン・イルホ)大使が「アメリカと戦争になれば日本が最初に被害を被る」と日本に対して牽制してきたのである

そして拉致問題の再調査を約束した「ストックホルム合意」も破棄されたと

「もうそんな拉致問題なんて北朝鮮では誰も気にしてないよ」みたいなことを言っていたそうだ

本当に約束を守れない国だな

今までだって2回も核を放棄するとか言ってコレだしな

専門家の間では、北朝鮮はもう絶対に核は手放さないとの見方が強い

今までの「核を捨てますよ」発言はお金目当ての交渉の為だったが

今回の核騒動はアメリカに核保有を認めさせた上で対等な立場で交渉する為だと言われている

絶対に引かない覚悟なのかもしれない

先日のニュースによると乱数放送による日本や韓国に潜伏する工作員に対して韓国、日本でテロを起こすように指令が出たとの見方もある

そんな中で日本政府は日本の領海に北朝鮮のミサイルが着弾した場合は自衛隊の防衛出動発令が可能となる「武力攻撃切迫事態」に認定する方向で検討に入った

安全保障関連法では、個別的自衛権の範囲内で自衛隊が出動できる状況を、緊迫度の段階に応じて、3段階に分けている
1 武力攻撃予測事態(予測事態)

2 武力攻撃切迫事態(切迫事態)

3 武力攻撃発生事態(発生事態) 

そして現在検討中のが2番の「武力攻撃切迫事態」なのだ

まず1番の予測事態では自衛隊による防御施設の構築などが可能となる

2番の切迫事態では防衛出動を発令して前線に自衛隊配備できる

そして最後の3番になると個別的自衛権が発動して自衛隊の攻撃が可能になり「戦争」となる

おそらくこれからも日本へ向けてポンポンミサイルは撃ってくるであろう

そしてそのミサイルが日本の領海に落ちた場合は、日本お得意の「遺憾の意」ではなく実際に自衛隊が前線へ移動しての戦闘準備に入るのかもしれない

北朝鮮と言う国が一切話し合いの出来ない国だけに、もはや戦争は避けられないのかも知れない

アメリカと北朝鮮に中国やロシアが仲介して、今回も一旦騒動が収まったとしても

また少ししたらミサイルポンポン、核実験ドカーンとなる可能性は充分にある

そしてアメリカは金正恩体制の崩壊までは望んでいないという

金正恩がトップでいる限りは全く話し合いなんてできないだろうし

いったいどうなるのか?

もうすぐGWだが

GWが始まってしまえば、そんなことはすっかり忘れて休日をエンジョイしてしまうであろう日本人

そして韓国へと旅行に行ってしまう日本人も出てくるであろう

俺のGWはとりあえずは未定である

 

神奈川県では鎌倉市の近代美術館に飾られていた棟方志功の版画がカラーコピーとすり替えられていたそうだし

こんな漫画や小説みたいなことが実際に起こるんだな

どのくらい精巧なのかカラーコピーを見てみたい

紙質とかで分かりそうな物だが

 

 

 

 

 

 

クロマグロが今月中にも日本の漁獲量の上限を超える

クロマグロ

いわゆる本マグロと言う奴だ

回転寿しでも本マグロ祭とか宣伝してるが、俺は回転寿しにはいかないので本当に本マグロなのかどうかは知らない

クロマグロはうまい

しかし近年あまり撮れなくなって来ている為に規制されている

太平洋クロマグロは国際合意で決められた30キロ未満の小型魚の漁獲量が、今月内にも上限を超えてしまうという

まだ4月なのに・・・

と思ったら1月始まりや4月始まりではなく

漁業者が多い沿岸漁業は7月~翌年6月までを1年の単位としているそうだ

そのため規制期間はあと2カ月以上

2ヶ月なら何とかなるかな?

俺なんかクロマグロは数年に1回しか食べないし

それも小さく小さく切られた奴を2〜3切れほど

料亭や割烹の刺盛りって何であんなに小さく切るんだろうか?

まさか「小さい方がオシャレでしょ?」とかだったら悔しいな

ちなみに超過分は次年度の漁獲枠が差し引かれるそうだ

今期食べ過ぎた分は来年減らされる

しかしおそらく来年も食べ過ぎるのでそのまた翌年減らされる

つまり繰り越し繰り越しで結局は変わらないのでは?

まぁどこかでストップがかかるのだろうが

4月14日時点で漁獲量は3994トンに達したそうだが

水産庁は漁業者に禁漁を強制できないそうで、ほかの魚と一緒に混獲されることもあるために上限超えは避けられない状況になっていると言う

結局は漁師さんに「上限超えちゃうからマグロ撮っちゃダメ」なんて言う権限は無いみたいだな

まぁ漁師さんも生活があるし

でも世界からは非難されまくる

困った問題である

と思ったら水産庁も動くみたいだ

水産庁は4月中に、クロマグロにも総漁獲可能量(TAC)制度を適用する政令改正を行い、罰則を強化する。18年以降は上限を超えて漁を続けた漁業者に3年以下の懲役、200万円以下の罰金を科すそうである

これは間違って撮れちゃったら慌てて放流なんだろうな

昨年も太平洋クロマグロを巡って三重県で割当量を超えて漁獲した違反、無許可操業や申告漏れなど様々な違法行為が行なわれていたそうだ

そうしないと欲しい人にも回らないのかもしれないな

外人の観光客も増えてるし

でもクロマグロなんか安いスーパーには売ってないしな

外で食べるにしても相当気合いを入れないと食べれない値段である

子供の頃は親戚が経営する市場内の仲卸で無料で食べ放題だったのだが

最近ではすっかりごぶさたである

周りに聞いてもみんな「本マグロなんか高くて食えねえ」と言ってるしな

そもそも高過ぎて売れないからスーパーも仕入れないのだ

果たして誰がどこで食べてるのか?

お金持ちもいるもんだな

 

今日は名古屋のゲートタワーがオープンしているはずだ

俺は先ほど仕事から帰って来たが

雨の為に出かける気はさらさら無い

まぁ金も無いし

景気が良かった頃みたいに本屋で10冊ぐらい大人買いしたいものである

レストラン街は魅力的だ

とりあえず「三代目たいめいけん」でオムライス食べてみたいなと淡い希望を抱いていたのだが、値段を見て俺の希望は完全に打ち砕かれた

た、たかい!!

数種類あるのだが一番高いタンポポビーフオムライスなんか2650円である

その他のオムライスも1950円

いくら特級卵使用と言っても何故こんなに高い?

オムライスって庶民的な食べ物だと思っていたのに

さすがにこの値段なら他の店でオムライス食べちゃうな

たいめいけんはレシピが公開されているので誰か作って俺に食わせて下さい

でも俺はあの卵がグチャグチャしたタイプはあまり好きじゃ無いんだよな

大衆食堂系のしっかり焼かれた卵のオムライスの方が好きだ

結局はチキンライスの上にオムレツを乗せてあるタイプだからあんなに高いんだろうけど、でもやっぱりオムライスの値段じゃないよなぁ

2000円が出せないわけじゃないが

並んで2000円出してオムライス

ちょっと考えてしまうのであった