読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

クールビズ見直し、室温28度は科学的根拠が無い

クールビズ

知らないうちに出来て誰が実践してるのか俺は知らないが

少なくとも俺の生活とは無縁の物である

そのクールビズだがどうやら今までは室温を28度に設定するルールがあったみたいだ

そしてその28度ルールについて政府が「科学的根拠が無い」と言い出して

この28度ルールを引き下げる事にしたそうだ

 

そもそもクールビズと言うのは2005年から開始されたみたいである

黒幕は環境省なのかな?

節電とか省エネとか地球温暖化対策とかなんだろうな

その時に「室温28度を推奨する」と言う目安が出来たみたいだ

そして何と、その温度設定について、当時クールビズの導入に環境省の課長として関わっていた盛山法務副大臣が「科学的知見で決めたのではなく、何となくスタートした」と指摘しましたというのだ!

 

「何となくスタートした・・・」

 

つまり適当に「28度ぐらいじゃね?」って環境省の中の誰かが発言して、その発言にたいして誰も反論出来る立場になかった可能性もあるな

そうやって28度ルールは決まったみたいだ

あの人達って適当に仕事してんだな

そして今回、偉い人が言い出したのだろう

「28度暑いわ」と

そんなんで今回の見直し発言「28度はかなり不快な温度で無理がある」となったと想像できる

 

今度は科学的根拠から設定されるのだろうか?

その科学的根拠が28度以上だったらどうするんだろう?

たぶんそのデータは無かった事にするんだろうな

俺的には28度は丁度いいかな

30度になると暑いなと感じて

35度を超えると暑過ぎて逆に気持良くなってくる

なんか生きてる気がして来るのだ

真夏の炎天下の中で水も飲まずに部活してた時の感覚が蘇ってくる

やはり夏は汗をかかないと体調を維持出来ない

28度以下の部屋で1日過ごすなんて考えただけでも腹を壊しそうである

そんな俺は既に冷暖房に頼らない生活をしている

夏でもエアコンは入れないし冬でも暖房はいれない

即身成仏するための修行だと思えば何でも無い

電気代や灯油代の節約にもなる

そして何よりも季節を感じられる事である

夏は暑くて当たり前

冬は寒くて当たり前

しかし真夏になると俺のPCは凄い熱を発する

過去に数台真夏にPCを壊してしまっている

その為に夏場は長時間PCを扱えないのが一番の問題かな

あとはそれほど大した問題は無い

ちなみに室温もせいぜい35度ぐらいまでしか上がらないのだ

外に出れば38度39度だし

それを考えれば35度は十分涼しいのだ

暑ければロードバイクで走れば良い

風を受ければ結構涼しくて気持がいいことをほとんどの人は知らないのだ

 

今回は28度から下げちゃうということだが

一度エアコン無しで仕事してみれば良いのに

そのかわり適切な水分補給は必要だ

一度に大量に飲むのではなく、こまめな水分補給

コーラなどのジュースはダメだ

水、お茶、スポーツドリンクだがスポーツドリンクの飲み過ぎもよくない

そしてスポーツドリンクにはアイソトニックとハイポトニックの2種類がある

ハイポトニックのほうが体への吸収が早い

水分補給に失敗して、完全に喉がからからになった時はハイポトニック一択である

体が夏の熱さに対応出来るようになればエアコンは必要なくなる

病人やお年寄り以外、エアコンは満員電車とか人が密集した場所ぐらいで充分だ

周りを見ていてもエアコンを入れないで生活してる人は年々増えている

水分補給のしかたを体に覚えさせて、大量の水分に耐えられる胃腸を作る

あとは汗が調整してくれるのだ

そうすれば真夏でも扇風機と風鈴のみで充分である

環境省内だけでも試してみてはどうだろうか?

 

とにかく夏は汗をかけってことだな

真夏に1日中外で仕事してる人はたくさんいるのだから

環境省の人だってできるはず

同じ人間なんだから