読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

名駅「てつえもん」で親子天丼

花粉が飛んでいる

いよいよ檜だろうか?

朝からどうも調子が悪い

しかし俺は出かけなければいけない用事があるので街まで出た

朝食としてファミマで焼きそばパンを買う

コーミソース使用と書いてある

朝の番組で炭水化物の取りすぎに注意しろと言っていたが

そんなことは俺の知ったことでは無い

炭水化物と炭水化物のコラボ

新商品の焼きそばパンを俺は食べた

178円である

値段の割には不味い

スーパーで100円で売ってる焼きそばパンのほうがうまい

俺は朝からとても後悔した

もう2度と買わない

うちの近所にはもともとファミマが二件とサークルKココストアがあった

まずココストア

次にサークルKがファミマに攻め落とされて皆ファミマへと改宗したのだ

その為に俺の周りはファミマだらけ

病院も駅も俺が行く先々はファミマだらけ

流石に見るだけで不快になってくる

なので最近はファミマ以外を探すことにしてるが

どうしても必要に迫られてファミマに入る時があるのだが・・・

しかしなんであんなに不味いものを平気な顔して売れるのだろうか?

殿様商売もいい加減にしてほしい

昔はサークルKの多さにうんざりしてたが、まさか今度はファミマにうんざりする事になるとは思いもしなかったな

今となっては、とてもサークルKが恋しい

そしてココストアのばくだんおにぎりが恋しいのだ

 

俺は用事を済ませて11時過ぎに昼飯を食べる為に名駅へと向かった

昨日名古屋市待望のレゴランドが開園した

本来なら観光客は名駅からあおなみ線でレゴトレインに乗りレゴランドへと向かう事になる

しかし名古屋駅はいつもに増して閑散としている

おそらく観光客も地元の人間も少ない

来週だかにゲートタワーがオープンする為に今はただ自宅にて身も心も充電しているのだと思う

昨日のレゴランドは、雨の影響もあってか随分とさみしい客の入りだったみたいだ

今日はがらっと代わって晴天

TVでもレゴランドレゴランド

スマホで情報を仕入れていると。どうやら番組の中継レポーターが「30分あれば回れますね」みたいな失言をしてしまったそうだ

きっと嘘の付けない人なんだろうな

まぁそんなことは俺には関係ない

俺はレゴランドの対象年齢(12歳まで)はとっくの昔に通り過ぎている

あいにく子作りする相手もいない

なので俺は昼飯を食べることにした

まだ花粉の症状が出てる為に手際良く食べられる物にしよう

途中で鼻水が出て来たり

口の中にごはんが入ってる状態でクシャミをするのを防ぐ為である

俺は名古屋駅のうまいもん通りへと向かった

ソフマップがあった場所である

ここに玉ひでがプロデュースする「五鐵」と同系列の店がある

「てつえもん」である

決して青く丸いものが「ぼくてつえもん」とか言う訳では無いが

「てつえもん」である

形態としては鳥料理のお徳バージョンと言ったところであろうか

JRタワーズに入居する「五鐵」より安い価格の鳥料理の店である

ランチだとほぼ1000円以下で食べられるのだ

玉ひでが絡んでるだけに人気なのは親子丼であろう

しかし俺は既に五鐵で軍鶏の親子丼を食べているので今回は「鶏天」にすることにした

鶏天は定食と丼がある

俺は半熟卵の天ぷらが添えられているという親子天丼に決めたのだ

俺はさっそくお姉さんに一人客だという事を告げた

店員のお姉さんはにっこり微笑みながら、俺をカウンターの一番端っこへと案内した

どうやらこの店も端から埋めて行くマニュアルみたいである

俺は一人、カウンターの一番端っこに腰掛けた

すかさずお茶とおしぼりが

店員のお兄さんと呼ぶには少々年を取りすぎてる店員さんにメニューを確認することなく食べたい物を告げた

「親子天丼と生ビール」

「ごはんの大盛りは無料ですが?」

「普通で結構です」

契約は成立した

「ビールは先にお持ちしてもよろしいでしょうか?」

「そうだな、今すぐ頼めるかな?」

やがて俺の前に生ビールが運ばれて来た

f:id:sababou:20170402143815j:plain

プレミアムモルツ

俺はさっそく一口飲んだ

「ん?なんか味が変わったぞ?」

「今までより味に深見が出たような気がする」

「そして苦みが無くなり、よりいっそう飲みやすくなったような」

ふと俺は横の壁を見た

そこには新プレミアムモルツ樽生と書いてある

どうやら改良品みたいだな

確かにこの味の方がいろんな料理に合わせやすくて飲み手も選ばないであろう

しかしビール単品ではやはり物足りなさ感が出てしまう気がするな

f:id:sababou:20170402144200j:plain

f:id:sababou:20170402145058j:plain

そして親子天丼の登場である

鶏の天ぷらと卵の天ぷらで親子天丼

果たしてこの鳥と卵が実の親子なのかまでは分からないが

とにかく親子の天丼である

考えてみればとても残酷な食べ物である

親も子もいっしょに食べてしまおうなんて

店頭の写真では鶏天と卵天のみのように見えてたが、どうやら野菜もふんだんに入っている

茄子にピーマンにさつまいも

天丼のタレは少なめだ

「味が薄い時は言ってください」と言われた

俺はまず茄子の天ぷらを食べた

揚げ立てなので美味い

そしてプレモルをぐびぐび

「ぷはぁ」

やはり天ぷらにはビールだな

次にピーマン、そしてさつまいも

しかし、さつまいもってのは天ぷらになるべくして生まれて来たような芋だな

俺は再びプレモルをグビグビした

すると下からようやく半熟卵の天ぷらが顔を出した

俺は躊躇することなく半熟卵を箸でカチ割った

f:id:sababou:20170402145107j:plain

中からは黄身がとろ〜りとは出て来ない

これは半熟ではなく熟しきっている

30代でなく40代ってとこか

俺は失望した

一番肝心な場面である

ここで半熟の黄身を鶏天と絡めてガツガツと行こうと思ったのに

既に卵が熟している・・・

俺は年相応に熟物は好きなのだが

いかんせん卵だけは別である

「やれやれ」

仕方が無いので本来なら半熟であろう卵の天ぷらを食べた

ゆで卵の天ぷらである

再び俺は失望した

30年ほど前のことだ

俺は千種にあるカウンター10席ほどの小さな天ぷら屋でたまご天丼なる物を食べた

それはもう絶品なドンブリであった

海苔にまかれた卵が天ぷらにしてあるのだが

それはもう絶妙な揚げ具合で、海苔の中からごはんの上に黄身がとろっとなって

後はもうただひたすら幸せな気持になるだけであった

正直俺はあの時のような感じを抱いていたのだ

全く同じではないとしても

せめて半熟とうたっているのだから黄身はとろっとして欲しかった

俺は気を取り直して鶏天を食べた

とても柔らかい胸肉だ

悪くは無い

そして特別良くも無い

いたって普通の鶏天である

880円の値段からすれば合格点ではあるが

これならまるは食堂の980円天丼のほうにいっちゃうだろうな

ごはんの量は普通盛りでも普通である

充分に腹は膨れる

ちなみにまるは食堂はごはんが非常に少ないので注意が必要だ

天丼のタレは確かに少なめだが

俺的には丁度いい

天丼のタレは甘いので少なめの方が、ごはんと絡めた時に丁度良い塩梅になるのだ

この辺りは好みだろうが

いわゆるツユダク系は俺は大嫌いなのだ

全体としては悪くは無い

時間がない時はさっと入ってさっと食べれて1000円以下

迷った時などまた利用しようかなとも思っている

でも今度は定食の方が良いかな

あとはカウンターが狭すぎる

隣に人が来たら身動き出来なくなるぐらい狭い

食べ終わって帰る時など真っすぐイスを後に引かないと脱出できないのだ

もし両隣がビッグバン・ベイダークラッシャー・バンバン・ビガロだったら?

俺は二人に挟まれて潰されていたかもしれない

あのカウンターの狭さだと正直混雑時は避けたくなる

 

ランチを終えた俺は一人高島屋のデパ地下へと向かった

一通り総菜屋を冷やかして

スイーツコーナーで試食を繰り返した

これでデザートは補給完了だ

すると俺は、とある和菓子販売のコーナーが目に止まった

仕切りに草餅が名代であることをアピールしている

もしかして?木之本の?

俺の予感は的中した

滋賀県長浜市木之本に本店を構える「菓匠 禄兵衛」だ

ここの草餅は絶品である

少なくとも俺が今まで食べたどの草餅よりもうまい

とても柔らかく上品で甘過ぎないあんこがたまらない一品だ

俺は迷う事無く購入した

そしてこれを書き上げたら食べるつもりである

 

www.rokube.co.jp