読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

太陽が15日間連続で活動していないとNASAが発表

どうやら太陽が15日間連続で活動していないそうだ

さすがにGWにはまだ早いし、正月休みはとっくに過ぎている

しかも有給を足したとしても15日連続は休みすぎだと俺は思うのだ

太陽って代わりが効かない存在

決して金星や水星や土星辺りが「太陽が休んでる間は俺たちが代わってやるぜ」なんて申し出たとしても彼らでは太陽の変わりにはならないのである

宗教的にもかなりの問題となる

神道で言えば太陽は天照大神である

つまり最高の位に位置する神様が15日間も休んじゃってたのだ

これではいくら伊勢神宮でお参りしてもお願いごとが聞いてもらえないのでは?

それならせめて休業中の看板ぐらい出しといて欲しいと思う

家の神棚にも伊勢神宮のお札が入居しておられるだけに決して他人事ではないのだ

NASA曰く

お休みしてた期間は3月7日から22日まで

この期間に太陽黒点が一つも無かったそうだ

これはまさに完全休業

休日出勤の黒点はいなかったみたいである

太陽黒点は太陽活動の指標とみられているそうで、活動が極大化すると多くの黒点が出現して極小化すると激減するという

黒点の減少が太陽活動の終焉を意味するわけではないそうだが「氷河期」が着々と近づいている証拠だと科学者らは見ていると言うのだ

これまでも氷河期の噂はあった

何度もニュースを小耳に挟んでるが耳に挟んだ所で直ぐに落ちてしまうのだ

その為に内容は「記憶にございません」とあたかも証人喚問に出廷した人みたいな事を言わざる得ないのである

過去の情報を調べてみると、どうやら2021年頃にこのような活動停滞が起こると予想されてたらしいが今回大幅に早まることとなってしまった

いったい何が原因なのだろうか?

たんなる太陽の気まぐれなのだろうか?

それとも深刻な病気に・・・

さらに「Spaceweather.com」によると、今年に入ってからすでに27日もの「太陽黒点ゼロ日」があるとのことだ

つまり今年に入って太陽が27日間休んでる

人間なら正月休みもあったし妥当だと思うが、流石に太陽が27日間は休みすぎかもしれない
そして2016年は年間で32日、2015年は0だったそうで、確実に太陽活動が弱まっていることがはっきりと分かる のだ

このハイペースで行けば来年は更にお休みになるという事であろうか?

太陽には11年周期のサイクルがあるそうで、現在は2008年から始まった「サイクル24」と呼ばれる活動周期に入っているという 

2016年6月4日には4日間も完全に黒点が消失したことにより、太陽がここ100年間で「最もおとなしい時期」に突入

これは太陽活動が停滞期に近づいている証拠だとされ、数年の間にさらなる黒点の消失がみられると予想された

簡単に言えば「太陽の引きこもり」みたいなことであろうか

そして今回の15日間連続休業により、ついに「ミニ氷河期」か?と専門家の間ではザワザワしてるみたいなのだ

何度も言うがミニが許されるのはスカートだけである

まぁ氷河期の場合はミニでなくても困るが

結局は地球温暖化なんか、なんのその

太陽が本気出したら地球規模の対策なんか一瞬で吹っ飛んでしまうのだ

具体的に氷河期がもたらす被害として

とくに北半球を中心に大きな影響が出るそうで、ザーコバ教授さんがオーロラを観測するにはもってこいだと言うのだ

果たしてコレは被害なのか?

「太陽活動の停滞期には、太陽と惑星間の磁場が弱体化し、銀河宇宙線への防壁が弱まります。これにより、多くのエネルギー粒子が地球の大気に降り注ぎ、オーロラ現象となります」By ザーコバ教授 

学の無い俺には良く理解出来ないが、まぁオーロラがキレイに見えるのであろう

過去にも著しく太陽黒点が減少した時があるという

マウンダー極小期」と言うそうだが(1645年~1715年)に起きて北半球に甚大な被害をもたらしたことで知られていると書いてあるが、俺は知らない 

当時の資料によるとテムズ川やオランダの運河・河川では一冬の間完全に凍結する光景が頻繁に起こり、飢饉が頻繁に発生したという

1315年には150万人もの餓死者がでたそうだ

さらに疾病による死者も増加して、アイスランドの人口は半分に減少し、グリーンランドのヴァイキング植民地は全滅
日本においても東日本を中心にたびたび飢饉が発生したと伝えられている そうだが

日本でも被害があったんだな

そしてアイスランドグリーンランドの被害がかなり深刻である

これはヤバイな

オーロラがキレイとか「君の方がキレイだよ」とか口説いてる場合じゃないってことだ

そして研究者の中には「本格的な氷河期にも突入しちゃうかも?」と警告する人もいるそうで

サウサンプトン大学のシブレン・ドリファウト教授のことであるが

「5%の確立で海流循環がいきなり停止し、突如として「氷河期」が到来する可能性がある」と、驚きの発言

ラブストーリーは突然に」と言う曲があるが、なんと「氷河期」も5%の確率で突然にやってくる可能性があるというのだ

5%か

フルーツジュースの果汁5%は無いも同然だと言うことを思えば、たいした事無いのかも知れないな

 

宇宙のことなんか人間では分からないしコントロールも出来ない

その時が来たら来たで諦めて「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えるしか無いのかもしれない

さすがに極楽浄土は氷河期とか関係ないだろうし

みんなで成仏しちゃうのも悪くは無いな