読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

名古屋観光「南極観測船ふじ」

南極観測船ふじ

俺の好きな名古屋での観光スポットの一つである

「船に乗り込み、南極の旅を疑似体験」

とても好奇心を刺激されるキャッチフレーズである

場所は名古屋港のガーデン埠頭にある

レゴランドが出来る金城埠頭とは結構離れているが水上バスで繋がっているのだ

しかし水上バスの料金は900円と少々お高い

途中にはワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」がある

ここは小さなお花畑

もう少し大きな規模にすればもっと観光客を呼び込めると思うのだが

植物好きはコレからの季節に南極観測船ふじと絡めて立ち寄るのもいいかもしれない

ちなみにガーデン埠頭とブルーボネット、金城埠頭とブルーボネットはそれぞれ600円で水上バスに乗れる

www.wfg-bluebonnet.com

俺は過去に1度だけ水上バスに乗りブルーボネットを訪れた

もうかれこれ20年ぐらい前になるであろうか?

はっきりしたことは忘れたが

とにかく「マクロレンズの正義」と言うものを自分の中で提案してマクロレンズばかり使用していた時である

今から思い返してもろくな物が撮れていなかった時代でもある

正直ブルーボネットは男一人では鑑賞しづらい場所であった

家族連れやカップルに女性同士が一般的だ

なのでおっさん単独での来園には、やや注意が必要とされる

 

さて主題の南極観測船ふじに戻るが

ガーデン埠頭へは地下鉄が繋がっている

降りる駅は終点「名古屋港」だ

終着駅ではあるが惑星メーテルみたいに騙されてネジにされることもない

いたって普通の駅である

土日での観光なら「ドニチエコきっぷ」がおすすめ

600円で地下鉄が1日乗り放題となるシステムである

そして各種割引も特典として付いて来るのだ

一日乗車券・ドニチエコきっぷ|名古屋市交通局

名古屋の地下鉄は料金が高いので注意が必要である

ここガーデン埠頭の一番のスポットはやはり名古屋港水族館であろう

なのでほとんどの人は水族館のついでとして南極観測船ふじを訪れる

俺も最初はそうだったが二回目からは水族館はスルーでの南極観測船ふじとなった

それは水族館は料金が高い

これは施設維持に経費がかかるから仕方が無いことなのだが

そのてん南極観測船ふじは入場料300円と大変リーズナブルなのである

確か昔は200円だったと思うが記憶は定かでは無い

体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」

行けば直ぐに分かる

港に大きなオレンジ色の船体が横たわっているからだ

このオレンジ色の船こそが1965年(昭和40年)から18年間という長い間、南極観測のための砕氷船として活躍

その役目を終えた後、1985年(昭和60年)からは「南極の博物館」としてガーデンふ頭に永久係留されているのである

そして300円を支払った者達は南極への思いを馳せながら船内へと侵入するのだ

f:id:sababou:20170326144617j:plain

f:id:sababou:20170326144605j:plain

f:id:sababou:20170326144343j:plain

第一甲板から入るとそこは食堂であった

過酷な南極での作業、楽しみは毎日の食事であろう

そんな隊員達の為に少しでも美味しい料理をと料理人は腕を振るうのだ

f:id:sababou:20170326144654j:plain

f:id:sababou:20170326144710j:plain

f:id:sababou:20170326144726j:plain

個室である

おそらくエリートな人であろう

f:id:sababou:20170326144806j:plain

f:id:sababou:20170326144814j:plain

f:id:sababou:20170326144824j:plain

f:id:sababou:20170326144957j:plain

どうやらここは医務室みたいだ

f:id:sababou:20170326145102j:plain

f:id:sababou:20170326145115j:plain

ここは床屋

「今日はどのように?」「渡瀬恒彦みたいにしてくれや!」

俺が子供の頃に南極物語と言う映画が大人気だった

主演の一人でもある渡瀬恒彦さんは先日極楽浄土へと旅立たれてしまった

そして高倉健さんも既に極楽浄土にいる

そしてそこにはタロとジロが・・・

子供の頃に雪が積もると俺たちは南極物語ごっこをした

みんなで地面に這いつくばり、高倉健になりきり「タロぉおおおおおジロぉおおおおお」と叫ぶだけの遊びだが、駆け寄って来た犬役の奴の頭をなでなでするのだ


映画予告編(003) 南極物語

今見ても涙が止まらなくなる映画である

そして夏目雅子がえらい美人なんだよなぁ

子供の頃には気づかなかったが

f:id:sababou:20170326150444j:plain

f:id:sababou:20170326150457j:plain

f:id:sababou:20170326150516j:plain

f:id:sababou:20170326150529j:plain

やはり植物は人の心を癒してくれるのであろう

そしてコーヒーはネスカフェ

f:id:sababou:20170326150722j:plain

f:id:sababou:20170326150738j:plain

f:id:sababou:20170326150758j:plain

3段ベッド

一般的な隊員はここで眠るのだ

f:id:sababou:20170326150850j:plain

f:id:sababou:20170326150920j:plain

f:id:sababou:20170326150931j:plain

机の上の人形は日本に残して来た娘さんの変わりなのだろうか?

f:id:sababou:20170326151035j:plain

f:id:sababou:20170326151101j:plain

おっと目が合ってしまった

f:id:sababou:20170326151151j:plain

ここからは01甲板にある旧格納庫を利用した南極の博物館だ

f:id:sababou:20170326151217j:plain

f:id:sababou:20170326151323j:plain

f:id:sababou:20170326151336j:plain

f:id:sababou:20170326151356j:plain

f:id:sababou:20170326151410j:plain

f:id:sababou:20170326151421j:plain

本物のヘリコプターも展示

f:id:sababou:20170326151458j:plain

f:id:sababou:20170326151513j:plain

f:id:sababou:20170326151535j:plain

f:id:sababou:20170326151548j:plain

ブリッジにも入れる

大変にワクワクする場所だ

そして我々は束の間の「海の男」となるのであった

f:id:sababou:20170326151714j:plain

f:id:sababou:20170326151734j:plain

f:id:sababou:20170326151753j:plain

f:id:sababou:20170326151803j:plain

時計はやはりセイコー

f:id:sababou:20170326151813j:plain

f:id:sababou:20170326151838j:plain

f:id:sababou:20170326151852j:plain

f:id:sababou:20170326151900j:plain

f:id:sababou:20170326151917j:plain

f:id:sababou:20170326151926j:plain

f:id:sababou:20170326151934j:plain

f:id:sababou:20170326151948j:plain

f:id:sababou:20170326151959j:plain

f:id:sababou:20170326152007j:plain

 

体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」

 

平成29年3月25日 南極観測船ふじはリニューアルオープンした