読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

「鶏菜 てつすけ」で日替わりランチ

東海道線が停止した

電光掲示板に小さな字が流れているが俺の目には見えない

何が起こったのか状況が良くつかめないが

駅員さんが仕切りに名鉄へと誘導していてる

いわゆる振替輸送って奴だ

幸いにもJRと名鉄は平行して走っている区間での事故みたいだ

JRは名鉄と競合している区間は特別に安くしている

利用する側としてはありがたいことではあるが

正直やり方が汚いなと思う

JRの場合は名古屋駅を跨いで乗る場合など目的地まで通しで買うのではなく、まず名古屋までの切符を購入してから

一旦名古屋駅で改札を出て、名古屋から目的地までの切符を買い直した方が安くなったりするのだ

普段は名鉄が実現出来ない料金設定で競合区間の乗客を根こそぎ奪い取ろうとしているJR東海ではあるが、今日ばかりは名鉄のお世話にならなければならなかった

まぁお互い様とはいえ、いったいどの面を下げて頼むのだろうか?

俺はスマホでチェックした

事故は岡崎辺りで起きたみたいだ

踏切に車が突っ込んで来たそうで車は炎上

電車は脱線して車内の割れたガラスやへこんだドアの写真が投稿されていた

リアルタイムで事故の状況が分かる凄い時代だなと改めて実感した

「やれやれ」

これでは予定の時間までに目的地に辿り着けないではないか

流石に車内からは電話も出来ないし

まぁとりあえず俺は名鉄へと乗り込んだ

反対側のドア付近へ移動

どんどん乗客が押し寄せてくる

俺もどんどん壁際に体が押し付けられて行く

目の前にはドコモのポスター、きゃりーぱみゅぱみゅ

さらにぐいぐい押される

昔経験した東京の田園都市線ほどではないが結構辛い

さらに乗客が乗り込んでくる

俺はついにきゃりーぱみゅぱみゅとマスク越しではあるが接吻することとなった

俺はこれほど彼女の顔をじっくりと見たことが無かった

下唇がふっくらしている

俺が若い頃に大好きだった唇だ

「結構かわいいが色気が無いな」俺はひたすらきゃりーぱみゅぱみゅを眺めながら名古屋駅に着いた

名鉄から素早くJRへ移動して自動改札へ

「ピンポ〜ン」と切符が返還されてしまう

どうやら俺の切符は名古屋駅で購入した切符でないので自動改札が通れないのだ

俺は周りを見た

駅員さんと対面で通れる改札は行列ができている

仕方が無く俺は行列に並んだ

俺の前のサラリーマンは仕切りに悪態をついている

今更どうしようもないのに

怒りの心が湧いて来るのは修行が足らない証拠だ

即身成仏を目指している俺は怒らない

静かに自分の順番が来るのを待った

俺の後の女子大学生軍団がきゃっきゃしている

どうやら中京テレビが取材に着てるそうだ

そして取材されたような話をしてきゃっきゃしていたのだ

俺はテレビに映るのは好きでは無いので下を向いて顔を隠したのだった

やがて順番が回って来た

切符を見せるとあっさりと通過

俺は中央線へと飛び乗ったのだった

そして中央線は平穏そのものだった

事故なにそれ?状態

俺はいつもより1本遅い電車に乗って目的地へと向かったのだった

 

用事を済ませた俺はすっかり腹ぺこである

流石に朝の騒動で飯も食べていない

そして再び名駅に降り立った時には既に1時だった

さてどうする?

普段よりざわざわしている気がするが思ったほど混雑は無い

どこで食べる?

今の俺の体では到底大名古屋ビルヂングの3階まで辿り着くのは無理だ

我慢出来ない

ならば名駅

俺は鶏レバニラ炒め定食思い出して昔ソフマップがあった場所にできた飲食店街へと向かった

流石に1時過ぎてるのでガラガラである

お目当ての玉ひでプロデュースの店へ

しかしどんだけ見てもメニューに鶏レバニラが無い・・・

俺はがっくりと肩を落として次の候補地へ向かうことに

広小路口にある飲食店街だ

確かなんとかマルシェ

最近は横文字ばかりでおっさんには覚えられない

広小路口へついた俺はまずは中華料理のランチをチェック

なかなか上手そうだが1100円

迷ったが隣の店を覗いた

ダメだ既に腹が限界だ

俺は日替わりランチのメニューを確認

唐揚げとミニラーメンだ

もともと大名古屋でも鶏ラーメンを食べる予定だったので俺はこの店に決めたのだった

「鶏菜てつすけ」

この店も玉ひでがプロデュースする店である

形態は居酒屋

値段的にはおそらくここが一番安いと思う

玉ひでと言えば鬼平犯科帳の軍鶏鍋五鐵のモデルになったと言われる店

そして幼少の頃から谷崎潤一郎が通った店である

そんな「玉ひで」の名を冠する「てつすけ」

俺はいつものように右手一差指を高くあげて店に入ろうとしたら止められた

「少々おまちください」

俺はしばし待たされた

そしてようやく店内へと迎え入れられたのだった

俺の座る場所が指定される

カウンターの一番端だ

ランチ時なら隣同士密着して食べるような狭さだが既に午後1時を回った店内は比較的ガラガラである隣の席を一つ開けてどこかのおっさんが食べている

俺は荷物を降ろして上着を脱いで腰掛けにかけた

店員さんが注文をとりにやってきた

俺は日替わりランチと生ビールを注文した

ライスは大中小とあるみたいだ

もちろん大盛りは無料そしておかわり自由である

最近はこういった店が本当に増えた

しかし俺は既におっさんである

小学生時代は大食い早食いチャンピオンであった俺もすっかり落ちぶれた

20代前半の頃はおかわり自由の店で10杯おかわりしたこともあった

その店はディズニーのそばの高級ホテルに入っていた和食店で、ごはんと牛そぼろがおかわり自由だったのだ

そんな俺だが最近ではすっかり普通盛りになってしまった

まぁいい

足らなければおかわりすればいい

f:id:sababou:20170302183546j:plain

これが本日の日替わりランチだ

若鶏の唐揚げ チリソース

ミニ白湯ラーメン

ご飯

小鉢

香の物 880円

若鶏と書いてあるという言うことは地鶏では無くブロイラー

まぁこの価格帯なら仕方が無いであろう

やはり玉ひでの名を冠していながらも激安店の部類に入るんだろうな

ランチメニューからは地鶏の文字が見当たらなかった

f:id:sababou:20170302183925j:plain

そして生ビールである

プレミアムモルツ 税込み570円

流石に居酒屋だけあって生ビールには手は抜かないと言ったところか

値段も比較的お徳な値段である

嵐山吉兆に爪の垢を煎じて飲ませてやりたい

俺はビールを飲んだ

嗚呼、今日もビールが美味い!!

やっぱり酒は昼に飲むものであって午後3時なんて中途半端な時間に飲む物ではない

プレミアムフライデーなんてやめちまえ!!と言いたいところだが

辞めておく

そして矢沢になりきってプレモルを二口ほど飲んだところでランチが来た

f:id:sababou:20170302184501j:plain

やはり想像以上に飯が多い

普通盛りで正解だったぜベイベー

f:id:sababou:20170302184718j:plain

唐揚げのチリソース

唐揚げだけでは能がないのでチリソースかけてみましたってところだな

唐揚げは小振りなのが3個だ

野菜多めなのがおっさんには嬉しい

f:id:sababou:20170302184905j:plain

ミニサイズの白湯ラーメン

f:id:sababou:20170302185010j:plain

小鉢はきんぴらごぼうだ

香の物はつぼ漬け

 

できることならラーメンだけ最後にして欲しい所だが忙しいランチ時にそんな我がままな注文はできない

ラーメンが伸びてしまうことを恐れた俺はまずミニ白湯から食べた

「おお!意外と美味いぞ」「かなり濃厚なスープに麺はストレートの太麺」

この麺はなかなか俺好みだ

そして味はどこかで食べたような気がするとても懐かしい味

あのスガキヤのラーメンを少し豪華にしたような味がするのだ

かつお出汁が入ってるのだろうか?

和風とんこつみたいな味がするが鶏とは書いてないし

豚骨なのだろうか?それでいてスガキヤのように出汁が入ってるのだろうか?

まぁとにかくこれはコレで美味い

でも濃厚スープなんでおじさん的にはミニサイズが丁度いい感じである

次に若鶏の唐揚げチリソースである

揚げ立てサックサク

チリソースは甘すぎるかな?

でも悪くは無い

若鶏も合格点である

俺は再び矢沢になりきってプレモルを飲んだ

俺の頭の中に曲が流れる

「恋の列車はリバプール発」「ウイスキーコーク」「ゴールドラッシュ」「黒く塗りつぶせ」「時間よ止まれ」「長い旅」中学時代に良く聞いた曲達である

しかし流石に「長い旅」が流れると終わってしまう

仕方が無いのでアンコールで「止まらないはHa~Ha」「ルイジアンナ」「トラベリン・バス」まだ昼なのに「わきょろんない」である

俺は一息つくためにきんぴらごぼうを食べた

これはいたって普通、普通なきんぴらである

でもツマミには最高だぜ

日本酒が飲みたい気分である

だが我慢我慢

俺には金が無い

今日の所はプレミアムモルツだけにしといてやるぜ

ビールを飲み干した俺は最後の唐揚げをご飯の上に乗せてチリソースのかかったタマネギどももぶちまけた

ちょっとした唐揚げチリソース丼である

そしていつものように孤独のグルメのクライマックスシーンかのように平らげたのであった

 

今週の日曜日もまた町まで出る予定

そしたら予定通り万作の唐揚げとラーメン食べて来ようかな

あっちは1000円だ

できれば白飯を鶏飯にしたいもんである

 

そして今日俺はようやく池波正太郎の銀座日記を購入した

この本はラストに向かうに従ってだんだんと池波先生が弱って行くのが辛くて今まで読めなかったのだ

でもやはり読まなければならない、全てを見届けなければ

 

池波正太郎の銀座日記(全) (新潮文庫)

池波正太郎の銀座日記(全) (新潮文庫)