読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

地球から39光年離れた7個の惑星に生命が存在するかも?

昨日のNASAの緊急重大発表の内容が明らかになった

俺は昨日のブログで書いたように何にも期待せずに朝起きてスマホをチェックした

「39光年先、7惑星に生命?表面に水の可能性」との見出しを見つけた

ある程度予想はしていたが今回は俺の控えめな予想はうわまわってくれたかな

なんせ地球に似た環境の惑星の数が7個である

米国と欧州の国際チームが発表したそうだが

すべての惑星の表面には液体としての水が存在する可能性があり、一部には海もあるかもしれないと言うのだ

そしてこの論文は23日付の「ネイチャー」に掲載されるという

学術誌「ネイチャー」

前回はタコが宇宙人であるという研究結果が発表された本である

そして今回発見された惑星の中には海もあると言うではないか!

これはまさにタコの故郷

タコは遥か昔になんらかの方法で39光年離れた惑星から地球にやってきたのだ

まぁこれはあくまで俺の仮説ではあるが

さらにニュースを読み進めてみる

この恒星「トラピスト1」は、小さくて暗い「矮星(わいせい)」と
呼ばれるタイプに分類されるそうで木星よりも直径が約2割大きいだけで、
明るさは太陽の1000分の1以下だと言う

研究チームは昨年5月に 、この恒星を3個の惑星が回っていると発表していたそうで

今回は NASAスピッツァー宇宙望遠鏡などを使って 詳細に観測してみたら

「ん?あの星って宇宙人いそうじゃね?」

「おまえらも見て見ろよ」

「ちょ待てよ!」「うわっすげぇ7個もあるぞ」ってことになったのかもしれない

その場にキムタクがいたかどうかは分からないが

つまり、太陽のような自ら光を放つ恒星には「明るい奴」と「暗い奴」が存在するみたいだ

そしてその「暗い奴」の名前が「矮星(わいせい)」

そしてその「矮星(わいせい)」がいわゆる地球人曰く太陽みたいな役割でそのまわりを惑星がまわってると

前回は3個だけ見つけたけど今回よく観察してみたら7個あったと

そしてさらに表面には液体としての水がありそうだぞと

しかも「あれは海かもしれないな」と

そしてその海には「タコがいるのかも!」とこれは俺の仮説であるが

とにかく地球に似た星が7個あって、そこには水が存在するということ

そして水があれば何らかの生命体もいるであろうということで合ってるのかな?

俺は学が無いので間違ってるかもしれないが

まぁこんなところだろう

宇宙は大きいからな

そりゃどこかに地球人と同じく生命体が存在してもおかしくは無い

その証拠にタレントの小倉優子などはコリン星出身だしな

コリン星からイチゴの馬車でやってきた「りんごももか姫」と公言してたし

そのコリン星がどこにあるのかは知らないが

とにかく彼女は宇宙からやってきた宇宙人だと言うのは事実である

土偶なんて絶対に昔地球にやってきた宇宙人がモデルだと思うし

縄文時代の人々はたぶん宇宙人とともに国作りをしてたんだと思う

タコはその時の宇宙人の食料として輸入されたのかもしれない

天照大神は太陽なんだし

昔の人は宇宙と繋がっていたんだよ

イザナギイザナミも宇宙人だったのかもしれないな

島とか作っちゃうし

神様生みまくるし

それもウンコとかゲロからも神様生まれちゃうし

普通ならありえないもんな

 

でも絶対に地球より文明が発達した宇宙人はいるんだろうな

昔はスピルバーグがETを作ったのは、いつの日か宇宙人と対面した時に慌てないようにするためだと言われてたし

スターウォーズなんかでも様々な宇宙人が描かれてるし

あれはたぶん宇宙人本人が出演してると俺は睨んでいる

すでにアメリカは宇宙人と仲良くしてるんだと俺は思うのであった

 

そんな俺が好きなSF映画がこれ

銀河ヒッチハイク・ガイド

 


銀河ヒッチハイク・ガイド (吹き替え) - 予告編

 

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]

 

 

 

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

 

 こっちは小説版

小説はまだまだ続編もあるが

ある日突然宇宙船がやってきて地球のある場所に高速道路を作るという

そしてそのためには地球が邪魔ので地球を破壊すると・・・

そして奇跡的に一人だけ生き残った人物が、宇宙でのサバイバルを指南した「銀河ヒッチハイク・ガイド」を片手に広大な宇宙を巡ると言うお話である

 

 

しかし最近は運送屋さんのことを考えると通販で購入するのを控えてしまう

深刻な人手不足

配達時間指定という時間との戦い

運送屋さんがチャイムを鳴らしたので直ぐに一階まで降りて玄関のドアを開けるんだが、既にそこには運送屋さんの姿は無く走り去るトラックが・・・・

なんてこともたまにある

もう少し待っていてくれてもいいのに

時間がないんだろうな

そんなヤマト運輸労働組合が宅配便の荷受量を制限してほしいと要求したそうだ

もう限界なんだろうな

昔はボールペンの替芯1個ですら無料で配達して来た

あの頃は俺も何の罪悪感もなしに、ほいほいと低額商品をアマゾンで購入していた

しかし最近はどうも気が引けてしまうのだ

運送屋さんに申し訳が無いと

たとえば自転車のタイヤとチューブとリムテープを注文

俺としては別に慌てていないのでまとめて配送してくれれば良いのだが

アマゾンは一個一個別々に配送して来るのだ

なんかもう、こっちが悪いような気すらしてきてしまうのうであった

アマゾンは便利である

正直俺の欲しい物はリアル店舗には売ってない物が多い

そんな時にでもアマゾンにはあるのだ

ただみんながみんなネット通販してしまうのでリアル店舗がどんどん消滅して行く

やはりこれも避けなければならない

そして俺は今ある香炉灰が欲しいのだが

この香炉灰はふわふわで固まりにくく非常に長持ちするのだ

しかしアマゾン以外にどこで売っているのか分からない

運送屋さんに申し訳ないと思いつつもとりあえず3000円分だけ購入するしかない

そしてあんな大きな箱にも入れなくても良いのだ

 

明日はいよいよプレミアムフライデー

マスコミは必死にアピールしそうな予感

どうせサクラも用意してインタビューするんだろうな

俺は明日はたぶん半日で仕事終了

暇だからな

毎日がプレミアムフライデーなのだった