読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

仕事納めのはずなのに・・・

仕事納めのはずなのに・・・

これは本日急遽仕事になった俺の台詞ではなく

民進党の某党首で2重国籍の疑いがある人の台詞である

「明日は糸魚川に視察に行くことになりましたが、 素晴らしい仕事ぶりを発揮して、移動だけで1都5府県です 「こんな日程をありがとう」と最後に役員室の皆さんに 愛情を込めてお伝えをしたいと思います」と述べたそうである

どうやら糸魚川の火災の視察の予定が入った事に対しての皮肉を述べたそうだ

年末に突然焼け出された人達のお見舞いより自分の正月休みの方が大事なんだろうな

あのクラリオンおばさん

そして俺も本来なら昨日で仕事納め

しかし急に電話がかかって来て見積りをして来た

俺の予想では8割がた取れそうである

あとは初詣でお願いするだけ

小さな仕事でも来年の仕事の予定ができると精神的に楽になる

いつ終わるか分からない正月休みを過ごすのは正直ツライ

それならいっそのこと時給700円でも良いので働きたいと思う

とにかく休みは暇である

風がなければ自転車でブラブラする予定だが

子連れの知り合いに会わないように

ヘルメットとサングラスで正体が分からないようにしておかなければ大変なことになる

お年玉地獄

とても恐ろしい

必死に確保した俺の小遣いが数年に1度顔を合わせるか合わせないかの子供に持って行かれてしまうのである

俺がどれだけの苦労をしてその小遣いを確保したのか

決して理解される事無く持って行かれる

小さな小袋とともに

新年が明けたらうかつに近所をうろつくのは危険である

初詣は早朝に氏神様にこそこそお参り

その足でロードバイクでひとっぱしり

いつもの道の駅の自販機でコーヒーを買って誰もいない道の駅で一人過ごす

休みになると会話する相手がいないので独り言ばかりになる

完全に不審者である

4日5日は京都旅行の予定

現在のところコマメな手洗いとうがいはかかせない

ここに来ての体調不良は命取りになるからだ

喉を痛めては酒も料理もまずくなる

これでは旅に出る意味が無い

今回の旅の予定は毎日考えている

とりあえず絶対に行くポイントとしていくつか決めた

東寺の立体曼荼羅

東福寺重森三玲の庭

東山五条の利き酒処336(さんさろ)

この三つを軸にして予定を組む

後は時間があれば今宮神社のあぶり餅も食べたい

そうなると大徳寺の龍源院の小さな庭を見るのも良いかもしれない

正直336以外は既に何回も訪れている

東寺なんかは何回行った事か

しかし何回でも見たくなるそしてお参りしたくなる立体曼荼羅なのである

東山の336は新しく出来た店みたいだ

明治3年創業の京焼、清水焼の専門店「朝日堂」の直営店

酒器と酒と酒肴の店である

まさに俺の好きなものばかりである

酒は京都伏見のキンシ正宗

合わせる肴も京都の名店から取り寄せているそうである

しかも好みの器を選んで吞めるとか

もう最高である

ただ問題は果たして営業しているかどうか?

休みの可能性も否定出来ない

とりあえずは久しぶりの東山散歩と絡めて行ってみるつもりである

晩飯はダメもとで居酒屋割烹系の店をいくつか回る

もし全滅なら高島屋のたん熊でミニ懐石か弁当系

予算は5000円ほど

ただし前出の利き酒処336が休みの場合はそこで酒器の購入予算を晩飯に回せるかもしれない

その時はミニがミニでなくなる可能性が

正直スカートならミニのほうが俺は好きである

しかし懐石になるとミニよりフルサイズのほうが好ましいのだ

そして翌日の昼は某寿司屋で食べる予定

でも人気店なんで並ぶのを覚悟しなければ行けないが

ついでにここでお土産もGET

まぁでたとこ勝負だな

で、結局は突然中華とかが食べたくなったりするんだよな

その時の事も一応考えてはいるが

できればカウンターでひとりさみしくちびちび飲みたいもんである

頭の中では八代亜紀の「船唄」

その後で酔い覚ましにふらふらホテルまで歩きながら京都慕情だな

そういえば京都タワーの土産売り場が一新されるそうだ

個人的には昭和の香りがして好きだったんだが

やたら試食を勧めてくるおばちゃん達も一新されてしまうのであろうか?

それもなんか寂しいな

 

利き酒処336 | 清水焼 京焼の老舗 朝日堂