読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

今年の漢字「金」

流行語大賞と並んで毎年発表されるが正直どうでもいい今年の漢字清水寺で発表された

毎年の事ながら去年はなんだっけ?とこれまた流行語大賞と同じく忘れてしまう

今年はだいたい想像がついた

やはりオリンピック

震災など災害も相次いだがマイナスよりプラスの方が選ばれやすいであろう

そして清水寺の発表の2時間前に靴下を履かない男、石田純一が「金」を見事に当てていたそうである

でも彼の場合は金メダルの金と言うよりは都知事選の騒動での違約金の「金(かね)」ではなかろうか

違約金の1200万円はフェラーリを売って払ったと噂されているが

まぁ日本でフェラーリなんか乗っていても仕方が無い

特に東京なんてアクセル踏める場所すらない

俺も若かりし頃はアメリカのスポーツカーでブイブイ言わせていたが

一般道ではただ単にアクセルに足を乗っけてるだけだった

アクセルを踏み込もう物ならお尻をフリフリどこへすっ飛んで行くか分からないじゃじゃ馬。本当にめんどくさい車だった

スポーツカーなんて少しアクセル踏めば加速Gにより体がシートに押し付けられて直ぐに時速100キロ出る

道交法的にそれ以上は出せない

そんな車よりアクセル全開で走れる軽トラの方が運転していて楽しいのだ

お金持ちの人達はサーキットの走行会に参加したりするみたいだが

正直あの集団はキチガイ

医者に弁護士に社長達

貧乏で善良な一般市民である俺にはとても付いて行けない世界だった

なので石田純一フェラーリなんて車は売却して正解だと思う

いつものように話はずれているが

今年の漢字は「金」

これはオリンピックの金メダルから来ていることは先ほど話したと思うが

銀や銅も世界2位と3位

すごい立派な成績である

しかし金との差は歴然なのだといわんばかりの今年の漢字「金」

結局は五輪と言えば金メダルのイメージになってしまうのである

なんかもう少し参加した選手全員に配慮したような漢字にしたほうが良かったような気もするが

どんな漢字が適当なのか全く思い浮かばないし

五輪のイメージだといろいろ揉めてる東京五輪を彷彿させてしまう

やっぱり難しいな

結局は「金」が一番妥当なのかもしれない

そして結局はなんだって良いのだ

今年の漢字なんて

俺なんか今年何があったのかすっかり忘れてしまっている

ツールドフランスの四賞ジャージですら忘れていたりする

春のクラッシックなんて誰が勝ったのかも忘れているし

ジロですら思い出せない

本当に年は取りたく無いもんだ

マジでジロは誰だっけ?

ニバリ?

調べてみたらやはりニバリ

そう言えば大逆転のジロだったな

凄く面白かったような気がする

そして3位はバルベルデ

これもすっかり忘れてた

バルベルデは本当に凄いな

予想で困った時はとりあえずバルベルデでなんとかなるし

俺的に今年の漢字は何だろう?

少しだけ考えてみたがやっぱり「植」かな

植物の植

今年から本格的に植物を育て始めた

ブログにも書いてるが俺のブログの中で1番人気のない園芸日記

そろそろ新しい園芸日記を書こうかと思いぼちぼち写真を撮り始めている

ちなみに2番目に不人気なジャンルはランチのレポート記事である

やはり見知らぬおっさんが何食べたかなんて

今年の漢字と同じぐらいどうでもいい事なんだろうな