読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

船越英一郎が泣くとき

2時間ドラマの帝王、船越英一郎である

昔は船越英二の息子というイメージであったが最近ではすっかり2世タレントだってことを忘れるぐらいお茶の間にも浸透している

俺は2時間ドラマはほとんど見た事が無い

なのに何故か2時間ドラマにいつもでているイメージが強烈に残っているのだ

それは何故か?

たぶん親が2時間ドラマを見ている時にたまたまその部屋に入り

なんらかの拍子に俺の目に飛び込んで来た船越英一郎の姿が強烈に脳に記憶されてしまっているのだと思う

そして俺が2時間ドラマ以外で彼を見かけるのは「船越英一郎の京都の極み」だけである

この番組はBS日テレにて毎週日曜日の午後21時から放送される

京都に通い続けて30年、案内人船越英一郎が彼だからこそ知る京都の魅力を紹介する番組である

毎回彼は美味しそうなものばかり食べている

その船越英一郎が番組内で涙を流す時がたまにあるのだ

彼の食レポはだいたい3段階で評価される

食べてひと呼吸置いてからあまり感情がこもってない「おいしいですねぇ」と言う時は普通の反応である

いわゆる京都の名店ばかりなんで確かに美味しいのだろうが彼はあまりにも美味しい物を食べ過ぎてる為にこのくらいでは感動しない時の反応である

そして第2段階が食べてひと呼吸置いて笑うのだ

そのあとで「おいしいですねぇ」といつもの台詞が軽快な感じで出る

この時は「おっ!これっわ!」って感じで少し驚いた時の反応である

そしていよいよ彼の第3段階になる

最終段階まで行くと食べて直ぐには言葉は出て来ないのである

とりあえずよく味わう

そして泣く

そう彼が本当においしいと思ったときは泣くのだ

目をうるうるさせるのである

そして少し笑いながら「おいしぃ!」と言って収録の事なんか忘れたかのようにスタッフに話しかけてしまうのだ

「何これ?ねえちょっとこれ凄くおいしい!本当においしいよ!」と言った風に

そこからはもう無邪気な感じで「おいしいおいしい」の連発になってしまうのだが

そんな船越英一郎の京都の極み

本日の夜の放送の予告を見た

そしてその予告には確かに映っていたのだ

船越英一郎が泣く場面が!!

今日は壱銭洋食、高台寺、浜作となっている

いったいどの店で彼が泣くのか?

それは今の段階ではまだ分からない

俺の予想では浜作なんじゃないかと思うのだが

どっちにしろあと数時間で判明する

ただ俺が今言える事は

「今日、船越英一郎は番組の中で涙を流す」という事実である

彼が本当に美味しいと思った料理はなんなのか?

興味を持った方はお見逃し無く

今晩の21時BS日テレです

 

そして彼は真田広之と同級生だったことを今日初めて知った

 

www.bs4.jp