読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

園芸日記08

園芸日記08である

今回のお話は復活

真夏の俺のベランダはほとんど日陰が無い過酷な状況である

なんとか半日陰スペースを作り育てて来たがやはり一部の植物達は次第に弱って行き残念ながら息絶えた物も少なくは無い

そんな中でもブエルタスペースとして作った俺のベランダのオリーブ畑

9月まではなんの以上も無くすくすくと育っていたのだ

しかしこの秋の長雨と台風で俺はベランダの植物の世話をおろそかにしていた

要するに放置していても勝手に水が天から降ってくる状況だったからだ

そして10月になった

あいかわらず天気は悪い

そんな久しぶりに雨が上がった日に俺は久しぶりにベランダチェックをした

日々草は元気だが小さな青い花を咲かせるアズーロコンパクトはほぼ終末を迎えようとしていた。その他俺が箒プロジェクトとして鉢植えにしていたコキアは紅葉することなく枯れ死んでいた

水の与えすぎなのか?

原因は定かでは無い

俺のプロジェクトは来年へと持ち越される事になった

そして一番俺を驚愕させたのは例のオリーブである

俺のベランダには種類の違うオリーブが4鉢並べてある

二鉢は元気なのだが購入時に少し高かった残り半分の2鉢のオリーブがほとんど葉を落としていたのである

f:id:sababou:20161009155050j:plain

今から思えば先月に上の方の葉が落ちていた

俺はてっきり強風で落ちたか鳥がついばんだのでは?

と勝手に思い込んでろくに原因を調べもせずに雨の続く日々をダラダラと過ごしていたのである

そしてこのありさまだ

俺は直ぐに足りない脳みそをフル回転させて考えた

原因は何だ?

根詰まりか?

そう言えばコガネムシの死体をたまに見かけたぞ

もしかしてコガネムシに根を食われたのか?

俺は考えた

そして土の上や鉢の中に小さな丸い糞のようなものが落ちてる事に気がついた

なんだこれは?

糞みたいだが?

鳥か?

俺はとにかく今後の対策をどうするか自分一人だけの専門家会議を開いた

まずは根詰まりの場合

これはひとまわり大きい鉢に変えれば良い

しかし予算が無い

鉢と土を買う余裕が無い

このことについてはのちほど予算委員会で話し合わねばならないであろう

そしてコガネムシの場合である

土の中に勝手に住み着いたコガネムシの幼虫が俺に無断で根っこを勝手に食べてしまうのだ。もしこれが原因なら俺は心を鬼にしてコガネムシの幼虫を皆殺しにするしか無いのだ。俺は出来る事なら余計な殺生はしたくは無い

なので今までコガネムシを見つけても見てみないフリをしてきたのだ

害が出るまでは放置しようと

そしてついに害が出た

とりあえずこちらの対策は比較的低予算で出来る

俺は直ぐに馴染みのホムセンへ車を走らせた

スミチオンが効くと言う情報はネットで見かけた事があった

しかし俺はふと手に取ったオルトランの袋を見ているとコガネムシにも効くとかいてあるではないか!

オルトランは俺は以前ミニひまわりの時に購入済みである

とりあえず俺はスミチオンは買うのを辞めてオルトランを巻く事にしたのだ

これでいければ予算を使わずに済むぞ

俺はとりあえずオルトランを撒いておいた

効果があるのかどうかはまだ分からない

そして俺はじっくりとオリーブを観察してみた

すると小さな新しい新芽が出て来てるではないか!

新芽が出るという事は根はやられてはいない可能性が高い

根っこ関係でないとすると・・・

俺はやみくもにPCの電源を入れネットの大海をさまよった

すると例の小さな丸い糞みたいなものの写真を見つけた

俺は即座にそのブログにアクセスした

原因は特定された

あの糞は鳥ではなく虫の糞だったのだ

オリーブの葉を食べる小さな虫の

あんなデカイ糞をする虫がいるのかと俺はさらに驚いたのだが

そして上から順番に食べられるとも書いてある

確かに一ヶ月前は上の方の葉だけ消滅していた

俺はさっそく残された葉を一枚一枚丁寧にチェックした

すると手にヌルっと言う嫌な感触が

ついに見つけたぞこのやろう!

俺のオリーブの葉を勝手に食べやがって

本来なら警察につきだしてやるところだが

たぶん頭のおかしな人として俺が処理されそうなので辞めておくが

俺はそいつをつまみ上げて外の草むらに離してやった

俺は他の元気な鉢もチェックしたが結局発見した犯人は一人だけ

果たしてあいつの単独犯なのか逃走中の仲間がいるのかは分からない

俺が害虫駆除の為にベランダに離してあるアマガエルに食べられた可能性もある

このあたりはしばらく様子を見るしか無いであろう

すっかりハゲあがったオリーブの木

果たして再びフサフサになる日は来るのだろうか?

全ては俺のいい加減な世話のせいでもある

その他の植物達を死に追いやったのも俺の責任が大きい

ようやく夏が終り秋がやってくる

来週からは急激に冷え込むであろう

俺は再び本を広げ残された植物達の秋の過ごし方を調べている

サボテンや夏多肉はあと一週間程度で冬眠の準備を開始する

植え替えの期限も迫りつつある

そしてまだ瀕死状態の植物もいる

このお話はまた次回の園芸日記で

 

そして最後におそらくこれが最後の満開であろうランタナの写真を

f:id:sababou:20161009162120j:plain

本当は紫のランタナもあったのだが俺が刈り込みすぎて咲かなくなってしまった

この反省点も踏まえてまた来年である

そして予想以上にでかく成長したランタナ

来年はスーパーランタナ一株で充分だなと俺は暮れ行く秋の3連休の中日に一人ベランダで思うのであった