読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

「驚くべき」発表がNASAからあるらしい

日本時間で27日の午前3時からNASAが「驚くべき」発表をするそうだ

今の段階で分かる事は木星の衛星エウロパについてのことらしい

このエウロパ

俺はさっき存在を知ったばかりではあるが

どうやら氷で覆われた表面の下に海が存在するのではないかと専門家の間でもっぱらの噂だそうだ

そして海があるということは生命体の存在も?

と言う事を記事には書いてあった

果たしてどんな発表なのか?「驚くべき」とあるだけに気になるが我々素人は生命体と聞くとどうしても宇宙人などの存在を期待してしまう

しかし専門家と言われる人達はバクテリアなどの微生物が存在するだけでも

「驚くべき!」ことになるのだ

このあたり我々素人とは感覚がずれてるため実際の発表を聞いてもそんなに驚かない可能性はあるというかその可能性の方が高い

これが「実はエウロパにはカッパ形の宇宙人がいました」とかだったら俺は驚愕するであろう。しかし流石にそこまでの発表は無い

まぁあまり期待せずに置いた方がよさそうだが

宇宙と言えば真言宗天台宗密教である

秘密の仏教密教

これは宇宙の真理を説いた教えなのである

宇宙の真理それは大日如来なのだ

NASAの発見で木星大日如来が!!

とかだったら日本はとんでもない騒ぎになる

高野山比叡山に京都の各宗派の総本山が大騒ぎである

しかも運慶快慶の合作!!とかなるともう大変なんてもんじゃない

鎌倉時代にはすでに日本人が宇宙へ行ってたことになるのだ

でもよく考えてみると大日如来は太陽にいる可能性が高い

宇宙の真理と言ってもおそらく太陽系の中だけの話

その中心が太陽だから太陽こそが大日如来であり水星や木星明王や菩薩になるのかもしれない。まぁ不動明王如意輪観音も全ての仏は大日如来の分身なのだが

そう考えるとエロガッパとかいう衛星にも大日如来が存在してもおかしくはない

弘法大師こと空海なら宇宙船でひとっ飛びなんてことも出来そうな気がする

もしこの俺の考えが正しければ確かに「驚くべき」発表になるであろう

そして西方浄土や須弥山の正確な位置の解明にも繋がるかもしれない

ちなみに須弥山の頂上には帝釈天がいるそうだ

帝釈天と言えば寅さん

もしかして山頂にあると言われている「いろいろな世界」その中に車寅次郎は生きているのかもしれない。ほんの少しだけ煩悩が残る世界、有頂天に

そして須弥山の中腹には四天王が住んでいる

東を守る持国天

西を守る広目天

南を守る増長天

北を守る多聞天である

ちなみに多聞天が四天王としてではなくソロでの活動の時は毘沙門天となる

むかしむかし暴走族はこのような神様の名前をチーム名にしたものだが

本当に罰当たりな奴らなのだ

果たしてNASAの「驚くべき」発表がなんなのか?

27日午前3時に全てが分かる

全てが

 

おんあびらうんけんばざらだどばん

秘密の言葉

 

大日如来真言である