読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

9月の3連休2日目

3連休の二日目である

今日の俺はボストンへと旅立つ為に朝5時に起床

と言っても毎日5時には起きるのだが

半分寝ぼけた状態でトイレへ直行した俺はガレージの屋根に叩き付ける雨音に愕然とした「土砂降りじゃないか・・・」

俺の中で急激にボストンへの思いが打ち砕かれていった

俺の心の中でもう一人の俺がつぶやく

リトルなんとかって奴だ

「どうせ明日も休みだし」

「なにもこんな日にボストンへいかなくても」

「僕たちの国芳わたしの国貞は12月11日までやってるしな」

「今日はもう辞めちゃいなよ」

「でもほとんど傘無しでボストンまで行けるぜ。傘が必要なのはバス停までの徒歩2分の距離だけだ」

「いやいやこの雨ですぜ旦那!その2分が命取りですって」

「出発までには小康状態になるかもしれんぞ」

「まぁその可能性は確かに否定は出来ませんが今日はもうごろごろしましょうぜ。一日なんにも考えずにダラダラごろごろ。これこそおっさんの休日の過ごし方ですって。あんまりアクティブな休日は体に毒ですぜ」

「そうか確かにおまえの言う通りかもしれんな。明日も休みだしどうせ台風が行くまでは休みだろう。開催期間も長いし焦ることは無いな」

「よし今日はボストンは中止だ!」

と俺は俺自身との討論の末ボストン行きを延期することにした

とりあえずは明日、明日になってから考えるとして

さて1日なにをしようか?

とりあえず俺は昨日録画した参勤交代の映画を見ることにした

酒蔵の息子が主役を務めてる映画である

俺はこの主役を演じてる役者の実家で製造した日本酒が試飲したくて京都物産展をうろうろしたが結局は試飲させてもらえなかったことを思い出した

しかしそんなことはこの映画とは関係ない

俺は無心にもどり映画を楽しむ事にした

ただいま続編が上映中のこの映画、休日になんにも考えずに鑑賞するにはぴったりの娯楽映画だった

続編もちょっと気になる。でも1800円と言う大金を払うのならシン・ゴジラかな

続編はTVで見よう

そして俺は次に昨日見る予定だった益子さんの自転車旅の番組を見た

人生を変えた7日旅

北海道をロードバイクで走る旅の後編である

昨日は昨日でブラタモリを見ていたので見れなかったのだ

バレー元日本代表の益子直美さんは現在プロロードレーサー兼自転車屋経営の山本雅道さんと結婚されて湘南で暮らしている

その益子さんが北海道を7日間の自転車旅である

サポートとして旦那さんも付いて来た

見ていてとても仲の良い夫婦である

やはり同じ趣味を共用できるのが良いのだろう

映像はもうザ北海道

どこまでも真っすぐな道

あぁ走りたい

一杯走っておいしいものを一杯食べたい

ラストは知床峠16キロの上り坂を益子さんは足を付かずに登りきった

さすが元アスリートである

腰、膝、足首などあらゆる場所を痛めてもうスポーツは出来ないと思っていたところで出会った自転車がとても好きなんだそうだ

やはり自転車は楽しい

乗ってた自転車はヨネックスのカーボンフレームに電動デュラエース

羨ましい

さすが自転車屋の女房

知床峠はむちゃくちゃ景色が良くてキレイだった

最後には小熊まで登場

やはり北海道

油断は出来ない

大変楽しく拝見させていただいた俺はその後昼食を召し上がり

TVタックルを見て豊洲問題を考えて

お昼寝をした

3時に目覚めた俺は森見氏の本を少し読み進めて永井荷風断腸亭日乗を少し読んだ

このブログのタイトルの元ネタでもある永井荷風の日記である

ちょうど吉原の日本堤が壊されたことが書いてあった

 

今日もダラダラごろごろ過ごした俺

このブログを書き終えてからは晩酌タイムである

今日の酒の肴は冷や奴とさつま揚げである

冷や奴は醤油、岩塩、一味トウガラシと3種類の味を楽しみながら一杯ヤル

さつま揚げは軽く焦げ目をつけてヤル

岩塩はおフランス産とヒマラヤ産のピンク岩塩の2種類

大豆の旨味が引き出されてうまい!

しかし合わせる酒が安酒なのが問題だが

安酒は茶碗で飲んだ方がうまいかもしれないな

長谷川平蔵も「これだこれだこれが一番美味いのだ!」と茶碗で日本酒を飲む

すると平蔵の奥方が「まぁ」とあきれ顔で平蔵を見つめる

そんな場面が浮かんでくる

そしてこれからの俺はその鬼平犯科帳SPを見ながらいっぱいやるのだ

今日俺がすやすやとお昼寝してたときに録画しといたやつだ

おそらく見たことはあると思う

しかし長谷川平蔵は永遠に俺を楽しませてくれる

永遠に