読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

飛び出したサイモン・イェーツ

ブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージ

コースプロフィール上は2級山岳がひとつあるだけのコースだが

あきらかにでこぼこ

今日も獲得標高は相当な物だろう

そして今日も開始直後から激しいアタック合戦があった模様で新城も加わるも新城が入った逃げは決まらずにこの日も逃げに乗れなかった

そして最終的には11名の逃げ

2分51秒遅れのホセ・メンデスが逃げに入っていたためにアタプマのマイヨロホを守るべくBMCのアシスト陣がガンガン引いて2分差ぐらいでレースは進行して行く

そして2級山岳に入った所で何故か今度はオリカが出て来てガンガン引き始める

このとき実況の永田さんがオリカとモビスタを間違えたまま解説の土井ちゃんに話を降る。少し困った土井ちゃんが「オリカですね」と間違いを訂正してこと無き終える

今から思えばこの時のオリカの引きは最後の飛び出しのためだったのかと

とにかくオリカがペースアップして逃げとの差は1分ほどまで縮まる

すると逃げグループからはオマール・フライレが飛び出す。2015年のブエルタ山岳賞であるが未だに元祖登れるスプリンターのオスカル・フレイレと良く間違えてしまう

でフライレが2級山岳をゲット。今年も山岳賞を狙うべく動き出した

メイン集団では今度はティンコフが引き始めてからモビスタの引きに変わる

この辺り総合系のチームが厳しい展開に持って行ってエースを勝たせる為の動き

残り19キロ地点で先頭のフライレに追走のマティアスフランクやバークランツらが追いつく。そしてそのまま今年で消滅のIAMのエース、マティアス・フランクがカウンターでアタック。追走のゼイツとバークランツからあっという間に30秒のリードを奪う。

そしてメイン集団では落車が発生。デクレルクが腕から凄まじい出血

メイン集団もモビスタの鬼引きでガンガン差をつめて残り5キロ地点でダニエル・モレーのを発射。これにサイモン・イェーツも反応してモレーノを追い越して先頭のフランクも追い抜き独走態勢に。メイン集団からはLLサンチェスが飛び出すも振り切ってサイモン・イェーツがグランツール初勝利となった

ツールで山岳賞を獲得したアダムイェーツとは双子になる。どっちが兄なのか弟なのか定かでは無いが。兄弟揃って大活躍である

そしてマイヨロホはアタプマがキープした

この日もなかなか厳しいステージ

まだ本格的な争いは起きてはいないがブエルタ楽しみである

 

そして今日の第7ステージ

3級山岳が3つだったかな?最後は下ってゴールだったかな?

おそらく土曜日が勝負所になると思うので今日のステージは総合系はアシストも含めてお休みモードの可能性が高い。よって今日は逃げが決まるステージ

新城にも期待したいところだがブエルタの3級山岳はくせ者である

さてどうなる?

山岳賞狙いの選手もいっせいに動きそうな感じだし

今日の第7ステージはただいま絶好調のLLサンチェスにしとこうかな

下りもあるし

なので今日はアスタナのLLサンチェスです