読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

俺は冷やし中華が食べたかったんだ

俺は冷やし中華が食べたかった

去年からそう思い続けているがなかなか冷やし中華がある店に巡り会えないでいた

俺が最後に冷やし中華を食べたのはお遍路していた時に知多半島にある店で食べたのが最後である

店の名前も場所も忘れたが地元の人に愛されるような店でとても美味かった

それ以来俺は2年ほど冷やし中華を食べてないのである

 

今日の俺は専属マッサーの所でマッサージを受けていつものように名駅へと向かった

今日はオリンピックを見なければ行けないのであまり時間がない

水泳の金メダルはマッサージを受けながら見ていた

名駅では号外が配られていたがほとんどの人はオリンピックには興味が無いみたいだ

そんな今日の俺

昨日のサイドカット事件でよりいっそうの緊縮財政を強いられる事になった俺は昼飯1000円以下と生ビール500円以下というルールを自分に課した

そしてできることなら冷やし中華が食べたい

しかし街中の店は以外と冷やし中華を出してる店が少ない

というかほとんど無いのである

スマホで検索してもなかなか出てこない

そんな俺に一件の店が目に止まった

 

京都あかさたな サンロード店である

 

子供の頃によく連れられて食べた店である

最近は店舗数が減って俺の地元に店は無くなってしまったが

京風ラーメンと言いながらも実は名古屋の会社なのである

京都と言えばラーメン激戦区

そして京都のラーメンはこんなにあっさりしていないのである

京都と言えば薄味

そのイメージで名古屋人が作ったようなラーメンなのだ

見た目がとても上品でいかにも女性に受けそうなラーメン

ここに夏限定の東山なんとか涼風麺みたいな感じで冷やし中華があるではないか

俺はビールの値段を確認して

ここでいいかと思い約35年ぶりぐらいに俺はあかさたなに入った

そして直ぐに俺は後悔した

寒い

エアコンが効きすぎているのである

これではビールも冷やし中華も食べる気がしない

しかし俺はラーメンは食べたく無いのである

俺はあくまで冷やし中華が食べたかったのだ

しかし既に俺はイスに腰掛けている

もう後戻りはできない状況に追いやられていたのだ

仕方が無く俺は生ビールと冷やし中華みたいな物を注文した

タレは胡麻と醤油ベースと2種類あって俺は胡麻を選択した

からしたっぷりつけて食べたいなぁ

なんて思いながら

しばし俺は待たされた

やがてビールが来た

ビールを飲む

店内はかなり寒い

これはおそらくラーメンを食べる人に配慮してエアコンを効かせているのだろうが

ラーメンは汗だくになって食べる物である

客に対してそんな配慮は迷惑なだけである

夏に汗をかかずに食べるラーメンなど美味しく無いのである

そして冷やし中華

ダメだ最近の店は

店にエアコンなんか要らない

窓は開け放して扇風機でも回しとけば良いんだ

それが夏は1番美味くビールも飲めるし冷やし中華も食べれる

そして俺の冷やし中華が来た

 

f:id:sababou:20160807150936j:plain

そこで店員が言った

「こちらはつけ麺になっておりますのでこちらのタレに麺を付けてお召し上がりください」と

「ん」

「つけ麺?」

俺の小さなしわの無いツルツルとした脳みそはしばし混乱した

「つけ麺?」

まだ現実が飲み込めていないようだ

そしてようやく俺は現実を知る事になる

これは冷やし中華ではなく冷やしつけ麺だという事を

俺は唖然とした

そして放心した

なんということだこの寒い中俺はひたすら我慢してビールを飲み冷やし中華を待ち続けて来たのにやってきたのはつけ麺だと?

俺は怒りに振るえ思わず店員に

「つけ麺などいらぬわぁ!!」

などと言えるはずも無く諦めてつけ麺を食べる事にした

俺はいっそのことタレを麺にかけてやろうかと思ったが

下に氷が敷き詰められていたので断腸の思いで断念した

俺はまずミニトマトを食べた

そして下から麺を持ち上げるようにしてグチャグチャと具材を混ぜ合わせて

タレに付けて食べた

味は悪くは無い

かなり細い縮れ麺もしっかりと腰もあり悪く無い

しかしいかんせん店内が寒すぎる

そしてこれは俺が求めていた冷やし中華では無いのである

俺はまたもや失敗した

失敗から学ぶ事は大きいとキッテルが言っていたとはいえ

彼も失敗ばかりのツールだった

そして今回の俺も失敗だった

ただこれがエアコンの効いていない店で食べたのなら少しは評価はあがるのだが

禁煙と喫煙席があるように

弱冷房と強冷房の席を作ってくれるとうれしいなと思う

そして出来る事なら炎天下で俺はビールを飲み冷やし中華が食べたいのである

夏は暑い

それは当たり前のことである

それを文明の力で無理矢理冷やそうとするのは俺は嫌いなのだ

汗をかきたい

汗だくで食べて飲みたい

そんな店で冷やし中華を食べたいなぁ

まず無理だろうけど

なので家で食べよう

具の無い麺だけの冷やし中華になるが

 

そして傷心の俺は名鉄百貨店大京都展へと向かった

ひととおり試食しながら店を冷やかした俺は佐々木蔵之介の実家が出店してるスペースを何回も何回もうろうろした

俺は佐々木蔵之介の実家の酒を試飲してみたかったのだ

しかし他に客はいないのに

試飲用の酒も用意してあるのに

いつまでたっても俺に「試飲してみますか?」の声はかからなかった

やはり買うつもりが無いと言う事を見透かされてたのかもしれない

 

このように今日はなにもかもうまくいかなかった日である

まぁこんな日もあるさ

そして今オリンピック中継を見てるのだがいったい何時からロードレースの録画放送は始まるのか?

俺はもしかしてNHKに騙されてるのか?

なにもかもうまく行かない日だけに

俺は不安だらけでこのブログを書くのであった