読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

フランス人バルデ

ツール・ド・フランス第19ステージ

アルプスの峠が4つ組み込まれて最後は1級山岳登りゴール

スタートから逃げのアタック合戦

山岳のデヘントが動くと今日で山岳賞を決めてしまいたいマイカも動く

するまたまたパンタノも動く

なんとかフランス人勝利を目指してギャロパンやステージ取りたいルイコスタ

トニーマルティンはオリンピックの調整かな?登りゴールには向いてないし

後はマイケルマシューズとか20名の逃げ集団

メイン集団もサガンが睨みを利かせながら逃げを容認させるも7キロ地点で早くもアスタナが動く

しかしスカイ他からは完全に無視されるアスタナ軍団

エースのアルーも集団前方に上がるとようやく集団も動き出す

一旦は逃げと総合の二つの争いかと思われたがアスタナが引き続け徐々に逃げとの差を詰めて行く

逃げ集団の中では山岳争い

デヘントが1級2級と1位通過マイカがその後で2位通過

足を使わずにポイント差を最小限に抑える走り

逃げも12名に絞られた超級山岳をマイカが取ったことで明日を待たずに2年連続で山岳賞確定

後は完走するだけになった

来年はサガンと一緒にボーラへの移籍が噂されるマイカ

これで契約金もアップかな

メイン集団はあいかわらずアスタナがハイペースで引く

すると集団無いで落車発生

なんとトムデュムラン

かなり手が痛そうだがなんとか走りだすも泣きながらのリタイアとなった

おそらくオリンピックは絶望

悔し涙であろう

雨がパラパラ降り出した超級山岳の下りではルイコスタとローランがアタック

ようやく体調が回復したローラン

新チームでどうしても結果が欲しい所だが今度はローランが下りで落車

80キロ以上での落車で再び走りだすもローランの心はぽっきりと折れた

先頭はルイコスタ単独になる

メイン集団は濡れた路面で落車が相次ぐ

ライヘンバッハになんとリッチーポートに総合2位のモレンマも落車

そしてなんとマイヨジョーヌのフルームまでセンターラインですべって落車

チームカーはまだあがってこれないのでゲラントトーマスの自転車を借りて走り出すフルームなんとか最後の1級山岳で集団復帰

その頃メイン集団ではバルデがチームメイトとともにアタック残り7.5キロでルイコスタに追いつく

残り3キロでルイコスタを置き去りにして独走態勢に持ち込み

なんとか今年もフランス人のステージ優勝となった

 

メイン集団は慣れないバイクで走るフルームとの差を詰める絶好のチャンス到来

リッチー、キンタナ、Dマーティンがアタック

するとアダムイェーツが脱落

結局2位にはホアキン

バルベルデがステージ3位でフルームは9位となった

これにより総合もシャッフル

マイヨジョーヌはフルームが4分11秒差でキープ

2位にはいきなりバルデがジャンプアップした

3位キンタナ

4位アダムイェーツ

5位リッチーポート

6位アルー

7位バルベルデ

8位マインティーンズ

9位Dマーティン

10位にモレンマとなった

 

いきなり2位にバルデ

そしてモレンマは10位に転落

なんだかんだと表彰台か?キンタナ

最後の最後まで何がおこるかわからないツール

今日の20ステージもアルプスの山岳

天候も心配されるなか今日は下りゴール

またまた落車多発になる危険もある

今日は逃げる最後のチャンス

新城にも頑張ってもらいたい

総合は落車が無い限りフルームかな

ただ怪我の影響もありきわどい所まで差は詰められるかもしれない

3位に浮上したキンタナがどこまで今日攻撃出来るのか?

2位のバルデの今日の調子は?

雨だと再び大波乱がおこるかもしれない

今日の予想は全く想像出来ないが

ステージはキンタナで

総合優勝はフルーム

2位キンタナ

3位バルデ

 

どっちにしろ最後の下り勝負

落車が無い事を願ってます