読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

ハンドル投げたサガン3勝目

ツール・ド・フランス第16ステージ

カンチェラーラの故郷スイスの首都ベルンへ向かうステージ

最後に石畳の登りがあるなど一癖あるスプリントステージ

今日も逃げが決まるかな?と思ったら

中継が始まると逃げは2名

しかもエティックスのトニーマルティンとアラフィリップの二人

逃げとしては強力な二人ではあるがさすがに今日は逃げを捕まえたいチームが多数なので厳しい

スプリンターだけでなくパンチャーにもチャンスがあるステージ

今日もかなりハイペースで進んでる所を見ると激しいアタック合戦の中抜け出した二人みたいだ

調べてみたらレース開始から1時間は平均49.5キロともの凄いハイスピードレース

そんな中で6分リードを奪って逃げているこの二人はやはり凄すぎる二人である

しかし弱虫ペダルの話をしてる間に徐々にタイム差は縮まって行く

弱虫ペダルはドラマ化されるみたいだがなんて無茶な事をと思ってると

残り32キロ地点で逃げの二人は吸収となった

そして再びレースが動いたのはルイコスタのアタック

メイン集団から10秒ほどの差を広げるも吸収される

メイン集団はBMCが中心となってペースアップ

旧市街に入ると60人ほどの集団に絞られた

残り2キロの石畳の登りに入るとファンマルクがアタック

ジャイアントに吸収

残り1キロフラムルージュを抜けてスプリント勝負になった

残り250メートルでバルベルデ

今年で引退の地元ゴールカンチェラーラの姿も

マイヨジョーヌもしっかり残っている中

サガンとクリストフのスプリント勝負に

下を向いて全力でもがくクリストフに対して少し遅れ気味な位置からハンドルを投げるサガン

結果リム差でハンドルを投げただけサガンがクリストフを差しきり3勝目となった

そして敢闘賞はなんと逃げたトニーマルティンとアラフィリップの二人

珍しい2人での受賞となった

総合の順位には変動無し

今日は休息日

明日からはついにアルプス

さてどうなる?

ついに動くかキンタナ?

モレンマとアダムイェーツはどこまで踏ん張れるか?

フルームは体調を維持出来るのか?

マイカの山岳賞逃げ

バルデ意地のフランス人ステージ優勝はあるのか?

リッチーポートはまたフルームのアシストみたいな動きになってしまうのか?

アルーは大丈夫か?ヴィノクロフは怒っていないか?

そして新城は逃げるのか?

 

明日の予想は明日書きます