読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖棒亭日乗(下)

日常の記録写真と駄文  sababoutei@gmail.com

パンタノ初勝利へのSDH

ツール・ド・フランス第15ステージ

獲得標高4000メートルのギザギザステージ

レースはスタートから1級山岳へ向けて激しいアタック合戦でハイペースなまま1級山岳へ

山に入りようやく逃げ集団が形成し始める

山岳賞狙いのデヘントはこの時点で既に脱落

同じく山岳とステージ狙いのマイカとステージ狙いのザッカリンが二人で抜け出す

実力のある二人利害も一致していてベストな関係な二人が最初の1級山岳を超える

その後追走の28名が追いつく展開

その中にはニバリ、トムデュムラン、ピエールローラン、アラフィリップ、ヴィエルモーズ、パウエルスなど実力者集団での逃げとなった

一方集団も逃げに入ってるライヘンバッハが11分41秒遅れなのでそれほど大きなタイム差を広げずにスカイがコントロールしていた

逃げで動きがでたのが残り70キロ地点

ファンバーレがアタックするとトムデュムランが反応そのままぶっちぎる

その後ニバリ、ポッツォヴィーヴォ、パンタノらが追いつき先頭は13名となる

そして勝負どころの超級山岳へ入るとニバリやデュムランなど遅れ始めて再びマイカとザッカリンが先頭へ出る

この頃メイン集団はアスタナが超ハイペースで集団を引き始める

思わずアスタナに話しかけるフルーム

これは後のアルーのアタックへと繋がるのであるが不発で終わる

超級を超えるとマイカらにアラフィリップとパンタノが合流

この日下りで時速98.5キロの最高速を出したアラフィリップだったがチェーンが落ちるトラブルで先頭からは脱落

パンタノもかなり早いダウンヒルでマイカに追いついた

ザッカリンはジロでの大落車の影響か下りが遅くなっていた

結局先頭はマイカとパンタノ

追走にザッカリンとライヘンバッハとヴィエルモーズとなった

最後の1級山岳でマイカがしかけて山岳賞を確定させてダウンヒルに入る

あまりリスクを負わずに下ったマイカに対してステージ優勝に向けてガンガン下るパンタノのSDH

あまりの早さにカメラバイクも追いつけず映像が無かったのが残念ではあるが

実際下りは見てる方も怖い

やがてマイカの後ろのカメラバイクをぶち抜いてパンタノ登場

そのまま二人で残りの平坦7キロを走る

途中多少の牽制は入ったが後続に追いつかれる事無く二人でのスプリント勝負

既にステージ優勝経験済みで山岳賞もGETしたマイカに対して今年でチームが無くなるパンタノは初ステージ優勝に向けてマイカより勝ちたい気持が上回り

パンタノの勝利となった

これで就職活動も安泰であろう

そして何よりツールのステージ優勝

とてもキツイステージであったがパンタノにとって最高の1日となった

 

一方メイン集団は途中でアルー、バルベルデ、バルデなどのアタックがあるもスカイのポエルスが冷静に対処してアタックを潰しまくる鉄壁な守りを見せる

結局スカイのアシストを崩せずに総合系の上位集団は誰も動けないままゴールとなった

TJが順位を落としたが総合上位はそのまま順位は動かなかった

 

今年でチームが解散となるIAM

今まで勝てなかったグランツールだったが最終年にしてジロに続いてツールでもステージ優勝となった

後半も就活アタックでレースを面白くしてくれるであろう

 

 

で今日のステージ予想

今日はアルプス前のスプリントステージ

スプリンターチームはどうしても勝ちたいだろうが

アップダウンもある一筋縄では行かない平坦ステージでもある

今年のツールは厳しいステージが多いので

アルプスを前にしてすでにお疲れモードかもしれない

で今日も逃げが決まる可能性もあるということで期待を込めて

今日は新城で

新城の強さは最後の小集団スプリントになったときのスプリント力である

登りゴールでの逃げ切りは難しいが平坦ゴールなら最後まで残れれば充分勝つ力はあるはず

 

カミカゼアラシーロがもう一度見たい

チバリヨー新城

 

 

またおまえがチバリヨと言われそうだが